涙袋形成(ヒアルロン酸)

大阪で涙袋形成(ヒアルロン酸)なら梅田の美容外科【プライベートスキンクリニック】

スターフィルディープ19,800円(税別) 〜

涙袋形成(ヒアルロン酸)なら大阪駅すぐの当院へ

涙袋とは下のまぶたに沿ったふくらみのことです。涙袋があると目がぱっちり大きく見え、愛らしい印象の目に見えることが多いです。涙袋形成はヒアルロン酸の注入で形成し、施術時間も10分程度と短いため、女性に最近人気の施術です、涙袋形成 大阪でお探しの方は、当院へお気軽にご相談ください。

涙袋形成術とは

涙袋形成施術前に局所麻酔もしくはテープ麻酔や麻酔クリームを塗布します。きちんと麻酔が効いていることを確認したのちに、極細の針でヒアルロン酸を涙袋に形成したい箇所に注入します。当院で使用するヒアルロン酸は、リドカインという麻酔の成分が含まれていますので、注入の際に痛みを感じることはほとんどありません。個人差はありますが、片目につきおおよそ0.1~0.2cc程度注入する場合が多いです。施術時間は10分程度と短い時間ですので、お仕事や学校帰りにも気軽に受けて頂ける施術の一つです。

涙袋形成術はこんなお悩みの方におすすめ!

  • 目を大きく見せたい
  • 立体感のある顔になりたい
  • 目元をぱっちりさせたい
  • 優しい癒し系の目にしたい

涙袋形成術の4つの魅力

涙袋形成術の魅力①短い施術時間で愛されぷっくり涙袋が形成できる美容整形!

施術自体はヒアルロン酸を注入するだけなので、施術時間は10分程度です。

涙袋形成術の魅力②メスを使わないので、ダウンタイムが少ない美容整形!

メスを使い切開をする施術ではありませんので、術後の制限などのダウンタイムが少なく、涙袋形成術を行なっても日常生活を送っていただくことができます。

涙袋形成術の魅力③目が大きく・優しく見える美容整形!

施術自体はヒアルロン酸を注入するだけなので、施術時間は10分程度です。

涙袋形成術の魅力④後日、元に戻したくなった場合、元に戻すことが出来る美容整形!

万が一、注入後元に戻したくなった場合、ヒアルロン酸を分解する酵素(ヒアルロニダーゼ)を注入部位に注入することで、元に戻すことが出来るので安心です。

メリット

  • 切らないヒアルロン酸の注入のみの施術なので、ダウンタイムが少ない
  • 施術時間が短いので、忙しい方でも施術を受けやすい
  • ぷっくり涙袋があると優しい印象に見られることが期待できる

デメリット

  • まぶたの下の皮膚は薄いため、腫れ、内出血が起きやすい(10日前後、メイク・コンシーラーで隠せる程度です)
  • ヒアルロン酸がなじむまでは、でこぼこした感じが出ることがある
  • もともと涙袋や目の形に左右差がある方は左右差が出ることがある

涙袋形成術の概要と術後注意事項

施術時間 約5分程度
麻酔 局所麻酔もしくは表面麻酔
腫れ ごくわずか(個人差あり)
通院 必要なし
シャワー 当日より可能
メイク 注入部位以外は当日より可能
洗顔 当日より可能(当日は目元をごしごし擦ることはやめて下さい)
入浴 当日より可能(当日はぬるめのお湯で短時間にして下さい)
その他 1週間程度は、涙袋形成をした部位を強く擦ったり、マッサージをしないようにして下さい。腫れが出たり、ヒアルロン酸が周囲に移動する可能性があります。
施術当日は、激しい運動や、多量のアルコールの摂取は控えてください。腫れや内出血の原因となる可能性があります。

施術の流れ

施術の流れ
カウンセリング

ドクターによるカウンセリングで、患者様のご希望やご不安な点をしっかりと伺います。ひとことで涙袋形成といっても、どのくらいぷっくりさせたいのかや、どのあたりをぷっくりさせたいのかなど、ご希望は患者様ひとりひとり違います。ですので、当院では、カウンセリングの時間をきっちりと取らせて頂いています。ご不安な点等がありましたら、何なりとカウンセリング時にお申し付けください。

施術の流れ
局所麻酔

極細の針を使い、少量ずつ局所麻酔を注入していきます。目元への注入なので怖いかとは思いますが、緊張して力が入りすぎると内出血のリスクとなりますので、リラックスしてください。

施術の流れ
ヒアルロン酸注入

麻酔がしっかりと効いていることが確認出来たら、こちらも極細の針で少量ずつヒアルロン酸を注入していきます。注入後、涙袋の形がきちんとできるように涙袋の下のきわを圧迫します。

施術の流れ
確認

希望通りの形になっているか、膨らみの加減はどうかなど、患者様に仕上がりの確認を鏡を使って行って頂きます。

施術の流れ
アフターケア

施術後は、しばらくの時間施術箇所を冷却します。これは施術後の腫れや内出血が起こるリスクを低下させるために行います。 施術後は、メイクも可能ですが、念のため注入部位は避けて頂いたほうが無難です。

よくあるご質問

涙袋形成(ヒアルロン酸)について患者様からよく頂くご質問を紹介させていただきます。

Q.涙袋形成に興味があるのですが、痛みが心配です。

ヒアルロン酸を針で注入をする際にちくっとする痛みがあります。できる限り痛みが少ないように極々細い針を使用したり、施術前にクーリングを致します。ご不安な方は麻酔テープなどのオプション麻酔もご用意しております。施術後に関しても、傷自体は細い針の穴だけですので、すぐに閉じてしまいますし、違和感程度は感じることがあるかもしれませんが、痛みを感じるほどでは無いことがほとんどです。

Q.釣り目を改善し、優しい印象の目にするには他にどんな施術がありますか?

切らない・メスを使わない施術で同時にされる方が多い施術としては、二重埋没法があります。涙袋形成はどちらかというと目の下側を大きく見せる効果があるのに対し、二重形成は目の上側を大きく見せる効果があるので、同時に施術することで、目全体が大きくぱっちりとした印象になる事が出来ます。

涙袋形成のリスクについて

涙袋形成術は、下まぶたにそった膨らみにヒアルロン酸を注入する施術になります。皮膚に注射をするため、血管に針が当たってしまった場合などに術後の内出血のリスクがあります。出来る限り内出血を起こさないように鋭意努力はしておりますが、一定程度の確率で起こりえることはご理解ください。また、施術後内出血を特におこしやすい施術当日に関しては熱いお風呂で体を温めたり、運動を行ったり、過度の飲酒は避けて頂くことをお願いしています。それらによって体内の血流が良くなることで、内出血のリスクが上昇してしまうからです。ですので、施術当日程度に関しては、逆に患部を冷やしていただくことも効果的です。例えばアイスノンやビニール袋に入れた氷をタオルでくるみ、目元に押し付けることなく優しく冷やして頂くと、腫れや内出血が起こりにくくなります。
内出血が起こった場合でも、通常1~2週間程度で引いてくることがほとんどです。また、内出血に関してもコンシーラー等で隠すことが出来る場所にはなります。ただし、起きないに越したことはないですので、施術当日に関しては上記のことは控えて頂く方が無難ではあります。

料金表

涙袋形成※
スターフィルディープ 1本[10分]
19,800円
ジュビダームビスタ ボリフトXC
50,000円
ヒアルロニダーゼ[10分]
【当院施術】1本(1ml)
15,000円
【他院施術】1本(1ml)
30,000円
※涙袋・鼻・唇・顎のヒアルロン酸に関しては、1か所につき、別途手技料4,000円が必要です。
※残った分のヒアルロン酸(1本使いきらなかった)については、半年間は手技料4,000円(1か所につき)にて施術できます。

安形医師による涙袋形成施術のポイント解説

涙袋は、笑顔になったときに大概の方に出てくる目の下にあるボリュームです。ここをヒアルロン酸を注入することでボリュームを出していきます。ご希望のラインを伺った際、細ければ目の際に注入を行っていきます。その時は内出血のリスクが上がってしまうので、注意が必要です。また、外側に少し多めに注入することで、少しタレ目になったように見せることも可能です。少量ずつ注入していき、鏡をご覧いただきながらご希望の形や大きさになるように施術を行っていきます。できる限りご希望に沿うように致しますので、理想の涙袋について遠慮なく仰っていただければと思います。

涙袋形成(ヒアルロン酸)なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
日本形成外科学会
専門医
顎顔面外科学会
正会員
創傷外科学会
正会員
アラガン社
VST(ボトックスビスタ)認定医
アラガン社
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
大阪美容クリニックページトップへ
ご予約はこちら