ご予約はこちら お問い合わせ

下眼瞼たるみとり

加齢により目の下の皮膚が垂れ下がってしまったり、脂肪が沈着して目の下のふくらみが目立ったりしてしまうと、実年齢よりも老けた印象になってしまいます。
メイクでは隠しきれない目の下のたるみは、影を作ってクマのように見えたり目袋が目立ち、疲れた印象にみえたりしてしまいます。
この余分に垂れ下がってしまった皮膚を切開することによって、目元を引き締めることができ、すっきりとした若々しいハリのある目元を取り戻す事ができます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 目の下のふくらみが気になる
  • 疲れているような印象の目
  • 影くまが出来ている
  • 下まぶたがたるんで老けてみられる

この施術の3つの魅力

傷跡が目立ちにくい

目の周りの皮膚は薄く、体の中で最も傷の目立ちにくい部位の一つです。

一気に5歳若返る

伸びてしまった余分な皮膚を取り除くことで、ハリのある肌へと修正し、一気に5歳若返ることができます。

半永久的な効果

目の下のたるみをとることで、スッキリとした印象の顔になります。手術の効果は、半永久的なので安心して施術を受けていただけます。

特徴・効果

施術の流れ

カウンセリング

患者様のお悩みやご希望などをカウンセリングで伺い、施術方法についてご提案させていただきます。

マーキング

切開線(下まつ毛のすぐ下)、皮膚の剥離範囲にマーキングを行います。

麻酔

点眼麻酔、局所麻酔を行います。痛みが心配な方は、ご相談下さい。

切開、手術

下まつ毛のすぐ下を切開します。

■下眼瞼切開(皮弁法)の場合
たるみの原因となっている眼窩脂肪を切除した後、余剰皮膚を切除します。

■下眼瞼切開(筋皮弁法)の場合
たるみの原因となっている眼窩脂肪を切除します。次に、目輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出し、頬骨の骨膜に固定し、余剰皮膚を切除します。

■ハムラ(Hsmra)法の場合
眼窩隔膜より下方にはみ出してくる分だけ眼窩脂肪を切除します。目の下のくぼみを埋めるように眼窩隔膜と脂肪を移動します。眼窩隔膜を骨膜に固定します。次に、眼輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出し、頬骨の骨膜に固定し、余剰皮膚を切除します。

縫合

切開した皮膚を縫合します。

ダウンタイム
施術時間 約60分程度
麻酔 点眼麻酔、局所麻酔
腫れ 強い腫れは、約1~2週間程度(個人差あり)
傷跡 切開した傷跡は、手術後1ヵ月程で目立たなくなります。その間は、メイクで隠せる程度の傷跡です。
通院 1週間後に抜糸が必要です。
シャワー 当日より可能です。当日は目元を濡らさないようにしてください。
メイク アイメイクは、抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 抜糸翌日から使用可能です。

選ばれる理由

下まぶたの皮膚は薄く、たるみも生じやすくなります。下まぶたの膨らみは疲労顔に見えてしまい、影ができることで顔全体が不健康で疲れた印象に見えてしまいます。スッキリと健康的な表情になりたい方へおすすめの施術です。

大阪美容クリニックMENU
大阪美容クリニックページトップへ

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル5F
【徒歩2分のアクセス】
東西線地下鉄「北新地駅」/ 地下鉄四つ橋線「西梅田駅」

プライベートスキンクリニック梅田本院
プライベートスキンクリニック枚方院
大阪梅田PSメンズクリニック