グラマラスライン(たれ目)形成(片)120,000円(税別) 〜

グラマラスライン形成とは、たれ目形成とも言い、下のまぶたの外側を下に下げて、広げる手術になります。日本人を含めた東アジア人は、いわゆる釣り目の人が多いと言われています。グラマラスライン形成 大阪でお探しの方は当院へご相談下さい。

グラマラスライン形成(垂れ目形成)とは

グラマラスライン形成とは、たれ目形成とも言い、下のまぶたの外側を下に下げて、広げる手術になります。日本人を含めた東アジア人は、いわゆる釣り目の人が多いと言われています。 目尻の釣りあがった釣り目の人はどうしても目がきつい印象を持たれやすいです。下のまぶたの目尻側のラインを下げて、人工的にたれ目を形成し、大きく優しい印象の目にするという治療がグラマラスライン形成手術になります。 プライベートスキンクリニックでは、皮膚側から切開を行い、余分な皮膚も切開をするという術式で行っています。

こんなお悩みありませんか?

  • 釣り目できつい印象を持たれやすい
  • 優しいたれ目にしたい
  • 効果が半永久的な治療を希望している
  • ぱっちりと大きな目にしたい

グラマラスライン形成(たれ目形成)が人気の理由

理由①優しい癒し系の表情になる

たれ目にすることで顔の印象が優しくなります。

理由②効果が半永久的

手術による「グラマラスライン形成(たれ目形成)」は半永久的な効果が期待できます。

理由③目が大きく、パッチリに

グラマラスライン形成(たれ目形成)手術で下まぶたの黒目の外側を下に広げる事で、目が大きくパッチリとした印象になります。

グラマラスライン形成(たれ目形成)の特徴・効果

グラマラスライン形成の施術の流れ

グラマラスライン形成の流れ 1カウンセリング

カウンセリングで患者様のご要望や不安なことについてゆっくりと聞きながら、下まぶたの外側をどのくらい下げるかを患者様と相談しながらデザインをし、施術の方法についてご説明させていただきます。カウンセリング後、自宅でゆっくりご検討していただくこともできます。

グラマラスライン形成の流れ 2局所麻酔

グラマラスライン形成(たれ目形成)手術は、手術中に目を開けて頂き、下まぶたの下がり具合を確認しながら行いますので、局部麻酔で行います。

グラマラスライン形成の流れ 3手術
皮膚の切開をし、内部組織を縫合します。

皮膚を切開した後、眼輪筋を切開し、瞼板(軟骨のような固い板のような組織)まで到達させます。
その後、眼窩隔膜も切開し、CPF(Capsulopalpebral fascia)という膜を露出させます。CPFに吸収糸をかけ、瞼板に縫合し、固定します。吸収糸は数か月程度で吸収されていきますが、固定したCPFと瞼板は癒着をするため、もとに戻りません。また、吸収糸を使用するため、異物が後に残ることもありません。

下がり具合を確認し、余分な皮膚を切除する。

目を開けて頂き、下がり具合が適切かどうかを確認します。適切であれば余分な皮膚を切除します。

切除した個所を丁寧に縫合します。

最後に縫合する皮膚については基本的には溶けないナイロン糸を使い、丁寧に縫合をしていきます。術後およそ1週間程度で経過診察もかねて抜糸にご来院頂きます。

グラマラスライン形成術後の注意事項・アフターケア

施術時間 局所麻酔
腫れ 約1週間(個人差あり)
通院 1週間後に抜糸があります。
シャワー 当日より可能です。当日は出来る限り目元をぬらさないように気を付けて下さい。濡れてしまった場合は丁寧にふき取って下さい。
メイク 抜糸後より可能です。
洗顔 目元は、施術後24時間以降可能です。1週間程度は、目を擦らないように注意してください。
入浴 翌日より可能です。
コンタクトレンズ コンタクトレンズは1週間ほど使用できません。
術後薬 抗生物質、痛み止めなどをお出ししております。
その他 術後3日程度は入浴や運動、飲酒は避けて頂く方が無難です。(血流が良くなると出血や腫れの原因となる事があります。)
まつ毛のエクステについては抜糸の翌日以降より可能です。
腫れが心配な方は、当日サングラスやメガネ、帽子やマスクを持参してください。
コンタクトレンズを着用されてご来院される場合、コンタクトレンズを施術前に外して頂きますので、コンタクトレンズの保管容器及び保存液、眼鏡をご持参下さい。
腫れが強く出るリスクが上がるため、術後3日程度は運動や飲酒は避けて頂き、入浴もシャワー浴にして頂く方が無難です。

グラマラスライン形成(たれ目形成)手術のリスクについて

グラマラスライン形成(たれ目形成)手術は、瞼の下の皮膚を切開し、縫合する手術になります。そのため、術後の内出血のリスクがあります。そのリスクを低下させるために、術後内出血を特におこしやすい術後3日くらいに関しては熱いお風呂で体を温めたり、運動を行ったり、過度の飲酒は避けて頂くことをお願いしています。それらによって体内の血流が良くなることで、内出血のリスクが上昇してしまうからです。ですので、術後3日程度に関しては、逆に患部を冷やしていただくことも効果的です。例えばアイスノンやビニール袋に入れた氷をタオルでくるみ、目元に押し付けることなく優しく冷やして頂くと、腫れや内出血が起こりにくくなります。
内出血が起こった場合でも、通常1~2週間程度で引いてくることがほとんどです。縫合した部分はいわゆる傷跡になっていますので、汚れた手で触れたりなどすると感染を起こす可能性があります。傷跡は治る過程でかゆみを生じることが多いですが、気になるからと触れることは避けてください。

美容整形手術 交通費キャッシュバックキャンペーン

料金表

グラマラスライン(たれ目)形成[50分]
200,000円
120,000円

グラマラスライン形成(垂れ目形成)なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

鼻の整形3,000件以上、二重形成5,000件以上、注入治療5,000件以上の確かな施術実績

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業