下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)

下瞼脂肪取り(片方)99,000円(税込) 〜

下眼瞼脂肪取り(目の下の脂肪取り)ならプライベートスキンクリニック大阪院へ

下眼瞼脂肪取り(目の下の脂肪取り)では、目の下の脂肪が原因のたるみやクマ、ふくらみを脱脂によって改善する治療法です。下瞼の裏側(経結膜側)から脂肪を摘出するので、お顔の表面が傷つくことがありません。プライベートスキンクリニック大阪院では、男女共に効果を実感していただける人気の施術です。

カウンセリング・お問い合わせ

下眼瞼脂肪取りはこんなお悩みの解消に効果的!

  • 下瞼のふくらみが気になる
  • 下瞼の脂肪をとって目を大きくしたい
  • たるみの下がクマになって疲れてみえる
  • ダウンタイムを取りたくない

この施術の3つの魅力

魅力1ダウンタイムが少ない

皮膚の表面に傷ができないので、当日よりメイクや洗顔が可能です。

魅力2術後の抜糸が必要ない

下まぶたの裏側の小さな傷は3日程度で自然治癒しますので、抜糸の必要がありません。

魅力3傷跡が残らない

下瞼の裏側からの施術なので、お顔の表面に傷跡が残る心配はありません。

下眼瞼脂肪取りとは

下眼瞼脂肪取り(目の下の脂肪取り)とは、下まぶたに眼窩内脂肪が前にせり出してくることで起こります。この眼窩内脂肪を取り除く手術が下眼瞼脂肪取りです。手術は、下瞼の裏側(経結膜側)を1~1.5cm程切開し、脂肪を摘出しますので、お顔表面に傷跡が残る心配がありません。

目の下の脂肪が前に出る原因

目の下のたるみ脂肪が前に出る(目袋)はバギーアイ(Baggy eyelids)といいます。
この原因は、眼球の周囲にある脂肪(眼窩内脂肪)を包んでいる眼窩と、眼球を支持するLock woods靭帯が加齢とともに緩んでくることが原因で眼球が下垂し、結果として下まぶたの眼窩内脂肪は、3つのコンパートメントに分かれています。すっきりした下まぶたにする為に3か所とも脂肪の除去が必要な方、内側と中央だけ除去すればよい方など、術後の仕上がりをイメージし、術前にある程度目安をつけます。脂肪を取りすぎても自然な仕上がりにはなりませんし、もちろん取らな過ぎればふくらみが残ってしまいます。
経験をもとにできる限り患者様に満足頂けるような自然な仕上がりを目指します。

下まぶたにふくらみが出てくると、老けた印象や疲れた印象に見えたりします。この下まぶたの膨らみは目袋とも呼ばれます。 加齢とともに出現する方もいらっしゃいますし、若い方でも生まれつき下まぶたに脂肪が多い方もいらっしゃいます。こういった方の下まぶたの膨らみやクマをすっきりさせる手術が下瞼脂肪除去術です。 この手術は皮膚の表側(お顔の表面の皮膚)には傷をつけず、下瞼の裏側(経結膜側)から脂肪を摘出する手術です。

カウンセリング・お問い合わせ

下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)の流れ

カウンセリング

患者様のお悩みやご希望などをカウンセリングで伺い、施術方法についてご提案します。

デザイン

座った状態で、内側、中央、外側の3つに分かれている眼窩内脂肪の部位をマーキングします。

麻酔

下瞼の裏側に局所麻酔を行います。(極細針を使用するので、痛みは最小限です)

切開

下まぶたを翻転(ひっくりがえす)し、結膜側の瞼板下端で1~1.5cmの切開をします。

眼窩内脂肪の除去

結膜を切開した後、眼窩隔膜を丁寧に剥離していくと、眼窩内脂肪があふれ出てきます。この時に電気メスを用い、丁寧に止血・凝固していくことで、術後の内出血を防ぐことができます。予定の脂肪を切除したら、洗浄し終了です。

術後

切開した粘膜(下まぶたの裏側)は、糸で縫合すると眼球を刺激してしまうので、縫合しません。粘膜は3日程度で自然治癒します。

下瞼脂肪取りの症例(ビフォーアフター)

施術

下まぶたの内側から眼窩内脂肪を適量取り出します。

特徴

施術時間は両目で30分程です。下瞼の内側を切開するので顔に傷を作ることなく施術が可能です。

リスク(副作用)

腫れは個人差がありますが、1~2週間程出ます。腫れが強く出るリスクが上がるため、術後3日程度は運動や飲酒は避け、入浴もシャワー浴がおすすめです。

施術の値段:下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)165,000円

ダウンタイム

施術時間 約15分程度(片側)
麻酔 局所麻酔
腫れ 1~2週間程度(個人差あり)
傷跡 お顔の表面に傷は作りません
通院 特になし
シャワー 当日より可能です。当日は目元を濡らさないようにしてください。
メイク アイメイク以外は当日から可能です。アイメイクは翌日から可能です。
その他 腫れが心配な方は、当日サングラスやメガネ、帽子やマスクをご持参ください。
コンタクトレンズを着用されてご来院される場合、コンタクトレンズを施術前に外していただきますので、コンタクトレンズの保管容器及び保存液、眼鏡をご持参ください。
腫れが強く出るリスクが上がるため、術後3日程度は運動や飲酒は避け、入浴もシャワー浴がおすすめです。

下眼瞼脱脂のリスク回避について

過剰脱脂による凹み目・脱脂によるシワの悪化

脱脂にした分の皮膚が余る場合があります。お肌が馴染んで適応する場合は良いですが脱脂によりシワが悪化すると判断した場合、皮膚状態に応じて脱脂量の調整、又は、注入術を併用することをおすすめします。

スネコス注射
目尻のシワや青クマ改善に効果的!スネコス注射は非架橋ヒアルロン酸とアミノ酸が独自技術で配合されたお肌のハリやツヤをアップできる施術です。お肌を内側からふっくら持ち上げてくれるので、顔のしわの改善だけで...
ハイフ(HIFU)リフト
医療ハイフなら切らずに皮膚深部の引き上げ+シワの改善に効果的!医療用ハイフ(HIFU)はエステのハイフに比べて高い小顔・シワたるみ改善効果が期待できます。医療ハイフは医師が常駐・必ず国家資格を持つ医療...

過少脱脂による再発・取り残し

カウンセリング時にどれくらいの量を脱脂するのか見極め、適量の眼窩脂肪を減量することで上記のリスクを回避します。

術後複視

眼窩内に局所麻酔薬を注入して、隔膜を開放し眼窩脂肪を切開します。この際、下斜筋が麻痺して複視になる場合がありますが、麻痺による複視は術後数時間で回復します。

下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)の料金表

下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)[30分]
165,000円
99,000円

当院の価格はすべて税込表示となります。

このページを見ている人におすすめ

下眼瞼たるみ取り

目の下のたるみやクマを除去し、明るく若々しい目元に導きます。

眉毛下たるみ取り

目元の自然な印象は変えずに、上まぶたのたるみを改善する施術です。

切らない眼瞼下垂(埋没法)手術

メスによる切開が気になる方に、表面に傷が残らないためおすすめです。

カウンセリング・お問い合わせ

下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医