PRPの効果や持続期間について解説!

監修医師

井畑 峰紀

医療法人優聖会最高顧問

医師詳細はこちら

井畑 峰紀医師

PRPの効果

こんにちは!プライベートスキンクリニックです!今回は、シワやたるみ、クマ、ニキビ跡など肌トラブルを内側から改善するために効果的なPRPについて解説します。

PRPの効果、持続期間、PRPを使った当院の治療までご説明しますので、PRPが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

PRPとは

プライベートスキンクリニック PRP皮膚再生療法

PRPとは(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿)の頭文字をとった略語です。

私たちの血液中に含まれる血小板には、組織にダメージが加わると、傷口の修復を促進したり、組織の修復力を高める働きがあります。その特性を生かすために採血で採取した血小板成分を専用のキットで濃縮して活性化したものをPRP(多血小板血漿)と呼びます。

PRPは、私たちの体内に元々備わっている自然治癒力を生かした再生医療として医療の現場で注目されています。当院では、異物を一切混入させず、患者様の血液からお取りした純粋なPRP液を使用した治療を行っていますのでご安心ください。

PRP皮膚再生治療の効果

PRP皮膚再生治療の効果

PRPの肌を修復、修復力を高める働きは、美容医療の分野でも高い効果を発揮しています。

PRP皮膚再生治療による期待できる効果について解説いたします。

顔のシワの改善

血小板には、皮膚や血管の再生や新生を促すための、線維芽細胞やコラーゲン繊維、エラスチンが含まれています。

血小板成分を多く含むPRPは、ヒアルロン酸の生成が増加し、皮膚を若々しく、ふっくらと保つためシワの改善にも効果的です。シワの気になる部分にPRPを注入することで、肌にハリ感を出し、シワを改善できます。

目の下のクマ

目の下のクマ

目の下のクマは、それぞれ原因の違う黒クマ、青クマ、茶クマに分かれます。

PRPでは、目の下の皮膚が薄く、血管が青く透けて見えることからできる青クマの治療に特に効果的です。

PRPの皮膚に厚みをもたせる効果を生かして、青クマの改善が期待できます。また、肌細胞そのものを若々しくすることで、たるみなど老化によって起こる黒クマの改善にも効果を発揮します。

ニキビ跡(クレーター)

血小板には、成長因子を放出し、組織の再生、傷を治す力があります。

そのため、血小板が濃縮されたPRPを真皮に導入・注入することで、コラーゲンやエラスチンの産生や毛細血管の新生などが起こります。

肌の再生を促すことで、ニキビ跡やクレーターに効果を発揮しますので気になる方はご相談ください。

PRP皮膚再生療法の施術例

PRP皮膚再生(多血小板血漿)療法の症例

施術 採取したご自身の血液から分離した血小板成分を豊富に含むPRPを注射する治療
特徴 血小板成分に含まれるサイトカインや成長因子によってハリのあるふっくらとしたお肌に導く治療
リスク(副作用) 内出血(1~2週間程度)、腫れ・赤み(1~7日程度)、しこり
注意事項 治療の結果には個人差があります。

効果の持続期間

PRPは、個人差やお悩みにもよりますが、半永久的に効果が持続すると言われています。

PRPは、さまざまなサイトカインや成長因子を放出します。これらの働きによって、徐々にコラーゲンやエラスチンの産生が促されていくため、注射直後には効果が実感できないかもしれません。施術後おおよそ3週間程度経過するとお肌のハリなどの効果を実感していただける方が多いです。

また、一般的に複数回治療を重ねることでより効果を時間していただけます。

PRP皮膚再生治療法にダウンタイムや副作用はある?

PRP皮膚再生治療法にダウンタイムや副作用はある?

プライベートスキンクリニック大阪院のPRP皮膚再生療法は厚生労働省の認可を取得しています。しこりのリスクを最小限にするため、FGFなどの異物を一切混入していない純粋なPRP液を使用しています。そのため、アレルギーや副作用の心配がほとんどありません。

ダウンタイムは、注入部に内出血や赤み、腫れ・しこりが生じることがあります。日常生活で特に制限はありません。洗顔や入浴など当日からしていただいても構いません。

気になる点がありましたら、気軽にお問い合わせください。

PRPの施術方法

当院でのPRPを用いた美容医療についてご説明します。

それぞれダウンタイムや注意点を紹介していますので、治療を検討中の方は、参考にしてみてください。

ドクターによる手打ち(ナパージュ法)

ナパージュ法とは、気になる部位に注射針を用いてPRPを直接注入する方法です。PRPの注射は、一見すると誰にでもできる簡単な施術に見えるのですが、実は医師の技量によって結果・効果は大きく異なる施術なのです。

PRPをどの部位に・どの層に・どの程度の量を注入するのが効果的なのかを正確に見極める知識と経験、丁寧に注射をする技量が求められます。当院は、形成外科の専門医の資格を持つ知識・経験・技量を兼ね備えた医師が在籍するクリニックですので、安心して施術に望んでいただけます。

注入は、15分程度で終了し、施術後に内出血や赤み、腫れやしこりが生じることもあります。針穴を避けていただければ、当日の化粧の可能で、洗顔や入浴は当日から可能です。

当院では。患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。気になる方は気軽にお問い合わせください。

水光注射

水光注射は、複数の極細針で有効成分を注入できる美容施術です。

有効成分をお肌全体にくまなく注入することで、お肌自体のポテンシャルが上がり、若々しい、活き活きとした肌へと改善してくれます!

ポテンツァ

ポテンツァ プライベートスキンクリニック

ポテンツァは、皮膚に刺した微細な針(マイクロニードル)から高周波RF(ラジオ波)を照射する治療法です。

真皮のコラーゲン産生を促すとともに、針の先端からPRPを同時に注入することで、ニキビ跡やニキビの改善、美肌再生、ハリやツヤの改善に効果的な美容治療です。

ドラッグデリバリー機能を持ったポンピングチップという特殊なチップを使用することで美しいお肌作りに欠かせない成分を真皮層へダイレクトに導入できます。

ポテンツァで使用する極細針(マイクロニードル)は、マイクロ単位の非常に細い針を用いるため、針の刺入による痛みが軽減されています。また、針を刺入する速度や、照射する高周波の強さを患者様ごとに調整ができますので、痛みが心配な方にもおすすめの施術です。

ダウンタイムとして、針によるかさぶた・腫れ・赤み・皮むけが2〜5日程度起こることがあります。シャワーは当日から可能ですが、当日は施術部位に強い刺激を与えることは控え、入浴は翌日から可能となります。

施術後は、お肌のバリア機能が一時的に低下した状態となりますので、ダウンタイム期間は日焼け止めを使用するなどし、日焼け予防の徹底を心がけてください。

ダーマペン(ヴァンパイアフェイシャル)

プライベートスキンクリニック ヴァンパイアフェイシャル

ヴァンパイアフェイシャルは、ダーマペン4という専用の機械を使用し、極細の針により微細な孔をお肌に開け、PRP液をお肌に導入する施術です。

ダーマペンは、お肌に微細な穴を無数に開け、その傷を修復させようとするお肌の自己再生能力を高めるという効果があります。ダーマペンで無数に開けた穴からPRPを注入することで、真皮に成長因子を放出し、コラーゲンやエラスチンの産生を効率よく促すことができます。

針を刺す部位に針穴ができるため、術後の内出血・発赤・腫脹のリスクがあります。リスクを低下させるために、治療後約3日間は、長湯や、激しい運動、過度の飲酒は控えてください。

内出血が起こった場合でも、数日程度で引いてくることがほとんどです。施術をした箇所は極々小さいですが傷跡になっていますので、施術当日は汚れた手で触れたりなどすると感染を起こす可能性があります。また、傷跡は治る過程で痒みを生じることがありますが、過度に触れる・擦ることは1週間程度は避けてください。

麻酔クリームを使用することで痛みの軽減も可能です。痛みが気になる方はご相談ください。

まとめ

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。

当院のPRP皮膚再生療法は、厚生労働省認可済みです。異物を一切混入していない純粋なPRP液を使用しているため、アレルギーや副作用がほとんどみられません。

PRP療法についてお考えの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

PRPの効果や持続期間について解説!について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.PRP皮膚再生療法の効果とは何ですか?

顔のシワや目の下のクマ、ニキビ跡に対して、肌の内側から改善する効果が期待できます。

Q.PRP皮膚再生療法の副作用やリスクはありますか?

針を刺した部分や、注入をした部位に赤み、腫れ、圧痛、痒痛、かゆみ、内出血を生じることがあります。また、稀に注入した部位にしこりを生じる可能性があります。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

医療法人優聖会最高顧問 井畑 峰紀

医療法人優聖会最高顧問 井畑 峰紀

糸リフトやフィラー注入によるしわ・たるみ治療や、にきび治療などの美肌治療を中心とした美容医療に携わる、確かな実績を持つ医師。

略歴
平成15年
大阪医科大学 形成外科教室:入局
平成21年
大阪医科大学 助教(准):就任
美容クリニック非常勤勤務:歴任
平成24年
医学博士学位取得
日本形成外科学会 専門医認定
平成25年
某美容クリニック:院長就任
令和5年
プライベートスキンクリニック 最高顧問:就任
現在に至る。

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ