7・8月おすすめ!PRP皮膚再生療法

※上記は2022/7/1~8/31までです。
※その他のおすすめメニューはこちら

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿)は自己由来成分で肌の若返りを行う再生医療

PRP(多血小板血漿)には、加齢に伴うお肌のハリや艶、目元のクマや凹み、ほうれい線などのしわやたるみを改善し、ふっくらとした若々しいお肌を取り戻すための成長因子が豊富に含まれています。
厚生労働省認可済みのプライベートスキンクリニック大阪院のPRP皮膚再生療法は、しこりのリスクを最小限にするため、FGFなどの異物を一切混入していない純粋なPRP液を形成外科専門医による熟練の技術で丁寧に注射します。

PRP(多血小板血漿)皮膚再生療法とは?

PRP(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿)皮膚再生療法とは、皮膚を再生させる能力を持つ血液中の血小板成分を、専用のキットを用いて分離した後に皮膚に注射することで、真皮の線維芽細胞の働きを活性化し、若々しい・ふっくらとした美肌を再生する治療です。
PRP液は、ご自身の血液から作られていますので、アレルギーのリスクが非常に低い治療法です。

PRP皮膚再生療法は自己の血液から分離した血小板成分を注射する治療

PRP皮膚再生療法の効果

血小板は、血液を凝固させることで出血を止める効果がある物質として知られていました。しかし近年、この血液に含まれる血小板には、皮膚や血管の再生や新生を促すためのさまざまなサイトカインが含まれていることが分かりました。
血小板成分を多く含むPRPをしわや凹みなどが気になる部位に注入することで、皮膚を若々しくふっくらと保つために必要な線維芽細胞やコラーゲン繊維、エラスチンの産生を促進し、ハリのあるお肌に導いてくれる効果が期待できるのです。
具体的には、しわやたるみの改善、目の下のクマや目元の凹みの改善、クレーターなどのお肌の凹凸や毛穴の開きの改善効果が期待できます。

PRP皮膚再生療法は線維芽細胞を活性化させ、ふっくらとしたお肌に導く治療

ビフォーアフター

PRP皮膚再生(多血小板血漿)療法の症例

施術 採取したご自身の血液から分離した血小板成分を豊富に含むPRPを注射する治療
特徴 血小板成分に含まれるサイトカインや成長因子によってハリのあるふっくらとしたお肌に導く治療
リスク(副作用) 内出血(1~2週間程度)、腫れ・赤み(1~7日程度)、しこり
料金 1本 88,000円~
注意事項 治療の効果には個人差があります。

形成外科部長 加藤健太郎

このモニター様は、ニキビ跡のお肌の凹凸やクレーター肌の改善希望でご来院いただきました。
さまざまな美容治療を試されましたがなかなか効果がなく、手打ち(ナパージュ法)でPRPを注入したいとのご希望でした。
今回は、ダーマペンによるPRPの塗布(ヴァンパイアフェイシャル)をお顔全体に施術した後に、特に凹凸が気になると訴えがあった頬や眉間・額を中心にPRPを丁寧に手打ち注射(ナパージュ法)しました。
上記ビフォーアフターの画像は、施術前と5回施術後の比較写真になりますが、頬が全体的にふっくらとし、凹凸や毛穴が目立ちくくなっていることがお分かりいただけるかと思います。
また、肌質自体も改善したことによって、滑らかで美しいお肌を取り戻していただけました。
ご本人様にもお写真を確認いただきましたが、効果は実感していたものの、想像以上でびっくりしましたとの嬉しいお言葉を頂戴し、非常に嬉しく思っています。

プライベートスキンクリニック 形成外科部長 加藤 健太郎

PRP療法はこんな方におすすめ

  • 異物を使わずにお肌のハリ感を出したい
  • 目元のしわやたるみを切らずに改善したい
  • 目元のクマをふっくらと改善したい
  • ほうれい線やゴルゴ線を改善したい

当院のPRP療法の特徴

他の成分を入れず、PRPのみを注射

当院は、PRPにコラーゲンやFGF(成長因子・フィブラスト)を混入させず、ご自身の血液から分離した成分のみを注射します。
PRPに成長因子を混ぜることで、PRPの定着率を上げる効果が期待できるのですが、施術後のしこりを形成するリスクも上がってしまいます。
PRP施術後のしこりについては、改善させることが難しい副作用のため、当院では安全性を第一に考え純粋なPRPのみを注射しています。

遠心分離後のPRP液

形成外科専門医による丁寧かつ正確な施術

PRPの注射は、一見すると誰にでもできる簡単な施術に見えるのですが、実は医師の技量によって結果・効果は大きく異なる施術なのです。
PRPをどの部位に・どの層に・どの程度の量を注入するのが効果的なのかを正確に見極める知識と経験、丁寧に注射をする技量が求められます。
プライベートスキンクリニックは、形成外科の専門医の資格を持つ知識・経験・技量を兼ね備えた医師のみが在籍するクリニックですので、安心して施術に望んでいただけます。

プライベートスキンクリニック院長・形成外科専門医・安形省吾

厚生労働省認可医療機関

プライベートスキンクリニック大阪院は、厚生労働省より下記の通りPRP療法を行うための治療計画の認可を受けた医療機関です。

PRP療法実施に伴う再生医療等提供計画書

カウンセリング・お問い合わせ

PRP皮膚再生(多血小板血漿)療法の施術の流れ

カウンセリング

施術を受ける前に、担当医師によるカウンセリングでPRP治療の効果や副作用などについて丁寧にご説明します。ご心配なことや気になる部位など、お気軽にご相談ください。

クレンジング

パウダールームにてお化粧・日焼け止めが残らないよう、しっかりと洗顔してください。

施術

PRPを注射する前に十分冷却し、(場合によっては表面麻酔のクリームを使用します)ゆっくりと注入すべき部位・層に注入します。

アフターケア

施術後は、お肌を冷やします。これにより内出血や腫れを最小限に抑えていきます。施術後は針穴を避けていただければお化粧も可能です。

ダウンタイム

施術時間 15分程度
腫れ・傷跡 内出血や赤み、腫れ・しこりが生じることがあります。
洗顔・シャワー・入浴 当日より可能です。

よくあるご質問

PRP皮膚再生(多血小板血漿)療法について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.PRP療法の効果はいつから現れますか?

お肌に注射したPRPは、さまざまなサイトカインや成長因子を放出します。
これらの働きによって、徐々にコラーゲンやエラスチンの産生が促されていきます。
そのため、注射直後には効果が実感できないかもしれませんが、施術後おおよそ3週間程度経過するとお肌のハリなどの効果を実感していただける方が多いです。

Q.PRPを注射するとしこりができると聞いたのですが大丈夫でしょうか?

真皮に注入したPRPは皮膚の再生や新生を促進するサイトカインや成長因子を放出します。このサイトカインや成長因子が過剰に放出されることで「しこり」ができてしまうことがあるのです。
当院では、除去が難しいPRP注射後のしこりができるリスクを最小限に抑えるため、成長因子などの異物を混ぜない純粋なPRP液を注射しています。

Q.PRP注射はほうれい線にも効果がありますか?

はい。ほうれい線の溝の部分にPRPを注射することで、皮膚を内側からふっくらと持ち上げ、ほうれい線を薄くしていく効果が期待できます。

PRP皮膚再生(多血小板血漿)療法の料金表

PRP(多血小板血漿)療法
1本
88,000円
2本
165,000円
3本
231,000円
4本目以降 1本
71,500円
表面麻酔
麻酔クリーム 1回
3,300円
高浸透麻酔クリーム 1回
4,400円

当院の価格はすべて税込表示となります。



カウンセリング・お問い合わせ

このページを見ている人におすすめ

再生医療のサイトカイン点滴(ベビースキン点滴)で若々しいお肌に

サイトカイン点滴

サイトカイン点滴で赤ちゃんのようなみずみずしくふっくらとしたお肌に!

高濃度エクソソーム点滴で身体の内側から再生

高濃度エクソソーム点滴

話題の再生医療点滴!身体の内側から若々しく、みずみずしいお肌に!

最新の美肌再生療法!ヴァンパイアフェイシャル

ヴァンパイアフェイシャル

PRP療法とダーマペン4を掛け合わせた、美肌再生治療です。

施術名 施術詳細 料金
お肌や身体の細胞の再生・新生に大切な物質である高濃度エクソソームを直接点滴で体内に取り込むことで、ハリやツヤのあるふっくらとしたお肌だけでなく、身体全体を健康的に・若々しく導いてくれます。
再生医療 アンチエイジング 点滴

料金表を見る

サイトカイン点滴は、幹細胞上清液に含まれる豊富なサイトカインの働きによってみずみずしくハリのあるふっくらとしたお肌を再生してくれることから、ベビースキン点滴とも呼ばれています。
再生医療 アンチエイジング 点滴

料金表を見る

NMN点滴は、ハーバード大学医学部の研究で、若返り効果(アンチエイジング効果)が発見された最新のアンチエイジング点滴療法です。
ハリ・ツヤ 疲労回復 免疫力アップ 点滴

料金表を見る

ヴァンパイアフェイシャルは、採取したご自身の血小板を凝縮し、皮膚再生能力が高いPRPをダーマペンを用いてお肌に浸透させます。クレーター・アンチエイジングに効果的です。
にきび・毛穴改善 しわ・たるみ取り マシン

料金表を見る

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ