ガウディスキンとゼオスキンの違いを比較!どちらの方が効果がある?

ドクターズコスメで「ゼオスキンヘルス」がSNSなどで多く取り上げられて来ましたが、最近では「ガウディスキン」の名前もよく耳にするようになりました。ガウディスキンもゼオスキンも高濃度ビタミンAを主体としたスキンケアシリーズですが、どちらが自分の肌に合っているのか迷うなどのお声もいただきます。今回は、ガウディスキンとゼオスキンを比較しご紹介いたします。

ガウディスキンとゼオスキンについて

ガウディスキンとゼオスキンの違いとは、誰に向けて作られたスキンケアなのかがコンセプトとして大きく違います。ゼオスキンが欧米人の強い肌質に合わせて作られていたのに対して、日本人に合うスキンケアシリーズとして開発されたのがガウディスキンなのです。

  ガウディスキン ゼオスキン
化粧水 ・トラネキサム酸等がビタミンA反応と炎症を抑える
・塗布直後の痛みが軽度
・保湿作用が強いが、次に塗布するものの吸収を妨げない
・グリコール酸が角質を溶かしてA反応を促進する
・塗布後の刺激が強い
・保湿作用が弱い
HQ製剤 ・界面活性剤の種類や、量を配慮している
・グリコール酸濃度が日本人に適した濃度
・1回の塗布量は日本人に合わせた7割程度
・強い界面活性剤によりA反応と似た反応が出る
・グリコール酸の濃度が高い
・酸化変しやすい製品
A反応の特徴 ・抑えたビタミンA反応 ・ビタミンA反応に加え、違うアイテムの反応がある
その他 ・HQ製剤は1種類使用で臨床的な効果に差はなし
容器も含めてすべてが日本製
・感作物質など、成分の混合が多い

ガウディスキン GAUDISKINとは?

ガウディスキンとは、ゼオスキンヘルスを熟知した医師が開発した日本人の肌質に合わせて作られた医療機関専売のドクターズコスメです。

プライベートスキンクリニック公式オンラインショップ

プライベートスキンクリニック公式オンラインショップ

ガウディスキンは日本人の肌向け

ガウディスキンとゼオスキンについて

ガウディスキンは、日本人のお肌に合わせて作られた製品に対して、ゼオスキンヘルスは欧米人の肌質に合わせて作られた製品です。日本人のお肌は欧米人と比べて、下記の特徴があります。

  • 角質が欧米人よりも薄い
  • バリア機能が弱い
  • 水分がでていきやすく乾燥しやすい
  • 真皮、皮下が厚い
  • 皮脂腺が発達して皮脂が多い
  • 日本人の半数が何らかのアレルギーを持っている

ガウディスキンの製品の配合

ガウディスキンは日本人肌向けに開発された

ガウディスキンは、すべての製品で日本人の肌質に適した製品の配合をしています。特にビタミンA製品であるデュアルレチノプラス(デュアルレチノライト)に関してはダブルレチノール配合美容クリームなので、守りのパルミチン酸レチノールと攻めのピュアレチノールを併用することでバランスの良く、ビタミンA反応が少なくなるような処方で開発されています。

アイテム数の違い

ガウディスキンの製品は、アイテム数が少なく分かりやすいコンセプトとなっており、一式でも揃えやすい品数です。

セラピューティックの違い

ガウディスキン、ゼオスキンともにセラピューティックコースがございます。セラピューティックとは、ビタミンA誘導体、処方薬である「トレチノイン」を使用することでお肌のターンオーバーを促し、新しいお肌を再生させ、短期的に肌質改善を行う治療プログラムです。ガウディスキンのセラピューティックはゼオスキンのセラピューティックよりも使用アイテムが少なく、反応がマイルドなのに肌質改善が可能です。

ゼオスキンは、日本人と皮膚構造が違う欧米人(角質が厚い、浸透しにくい)に向けて開発され製品の為、日本人には不必要にビタミンA反応が強くでる場合があります。ゼオスキンでも強い反応を求める場合は、混ぜるハイドロキノンの量がゼオスキンよりも少ないため、トレチノインは20mmくらいまでは使用可能ですし(増減する際はクリニックにご相談ください)、混ぜるハイドロキノンの量を1プッシュに減らしてトレチノインの量をさらに増やすことも可能です。また、化粧水を反応の出やすいゼオスキンの製品に変更するなども可能です。

セラピューティックの使用アイテムの違い

ガウディスキンとゼオスキンはアイテムが違う

ガウディスキンとゼオスキンの双方にセラピューティックコースはございますが、ガウディスキンの方がトレチノイン反応(ビタミンA反応)がマイルドです。セラピューティックの使用アイテムも変わってきます。

ガウディスキン

  1. スムースクレンズ
  2. インナーモイストTAローション
  3. HQクリア
  4. トレチノイン(処方薬)

ゼオスキン

  1. クレンザー
  2. バランセートナー
  3. ミラミン
  4. ミラミックス
  5. トレチノイン(処方薬)
ZO SKIN HEALTH(ゼオスキンヘルス )
ZO SKIN HEALTH(ゼオスキンヘルス )
シミやくすみを改善して美白・透明感のある肌へ!ゼオスキンヘルスは、ビタミンAやハイドロキノンを用いてお肌のターンオーバーを促進させ、シミ・たるみ・ニキビ・ニキビ跡などのお肌のトラブルを改善し、健やかな...

セラピューティックの期間の違い

セラピューティックの期間が違う

ゼオスキンのセラピューティックは12~18週間ですが、ガウディスキンのセラピューティックは、レーザー治療を併用することにより7週前後で終了します。過度なお肌の矯正が不要なために楽に治療ができ、肝斑、脂漏性色素斑などもガウディスキンのセラピューティック中に治療するため、セラピューティック完了後には目標とするお肌に限りなく近づくことが可能です。

ゼオスキンヘルス使い方・手順
ゼオスキンヘルス使い方・手順
ゼオスキン・セラピューティックコースの効果的な使い方と順番を画像付きでわかりやすく解説!ミラミン、ミラミックス、スキンブライセラム、wテクスチャーリペア、ナイトリペアなど各アイテムの塗り方やコース終了...
これってゼオスキンで失敗?疑問にお答えします
これってゼオスキンで失敗?疑問にお答えします
ゼオスキンの使用でどんな失敗があるの?ニキビや赤み、痒みがでるのには理由があります。せっかくキレイになった肌が後退するなら、使い方の見直しが必要かも!日焼け対策や掻かないなど失敗しないためのポイントも...

ガウディスキン アイテム

洗顔・クレンジング「スムースクレンズ」

ガウディスキン スムースクレンズ

摩擦を少なくし、敏感肌の方にも使用できる低刺激でマイルドな洗浄成分を適切な組み合わせで配合したアミノ酸系弱酸性洗顔料です。肌にとって余分な皮脂や汚れだけを落とし必要な潤いを残します。突っ張りにくく、しっとりとした滑らかな洗い上がりです。

高浸透美白化粧水「インナーモイストTAローション」

ガウディスキン インナーモイストTAローション

美白、高保湿、シミ・くすみ制御効果のある高浸透性美白・保湿化粧水(医薬部外品)です。
天然保湿因子「ヒト型セラミド」をたっぷり配合されているので保湿効果が高く、美白有効成分「トラネキサム酸」の配合により、メラニンの生成を抑え、シミくすみの予防改善効果のある化粧水です。

ハイドロキノン4%配合「HQクリア」

ガウディスキン HQクリア

日本人の肌に合わせた4%ハイドロキノンでメラニンの産生を抑制する作用があり、トレチノイン・ハイドロキノン療法などの強い治療時に効果を出しながらも安全かつ使用しやすいように設計されています。

攻めと守りのレチノール「ディアルレチノプラス」

ガウディスキン デュアルレチノプラス

2種類のレチノールで構成されており、守りも攻めもするレチノール製品です。効果を出す攻めの「ピュアレチノール」とお肌を守る「パルミチン酸レチノール」がそれぞれ高濃度に配合されています。ビタミンA反応である赤み・痒みの症状が少なくなるような設計になっています。

デュアルレチノライト

ガウディスキン デュアルレチノライト

デュアルレチノライトはレチノールの配合量がディアルレチノプラスの半分です。ビタミンA反応が少なるような処方で、浸透システムや質感なども日本人の肌質と合うように開発されています。

エクラリバイブ

エクラリライブ

美容クリームの主役級となる主要成分を1本に濃縮し、相乗効果を最大限に発揮できる濃度で処方した高機能製品です。ハリ、くすみ、毛穴、抗老化などの多方面へアプローチし、お肌のコンディションを向上させます。

まとめ

ガウディスキンとゼオスキンの違いについてご紹介いたしました。どちらもビタミンAスキンケアですが大きな違いとして、ガウディスキンは日本人の肌質に向けて開発され、ゼオスキンは欧米人の肌質に向けて開発されたスキンケアシリーズでした。もちろん、ご自身の肌質に合わせてご使用頂けますので、カウセリング時にご相談ください。皆様のご来院心よりお待ちしております。

よくあるご質問

ガウディスキンとゼオスキンの違いを比較!どちらの方が効果がある?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.ガウディスキンとゼオスキンの違いは何ですか?

どちらもビタミンAを主体としたスキンケアですが、ゼオスキンが欧米人の強い肌質に合わせて作られていたのに対して、ガウディスキンは日本人に合うスキンケアシリーズとして開発された違いがあります。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ