レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いは?

レーザートーニングとフォトフェイシャルはどちらもシミの治療に人気のメニューです。
今回は、この二つの治療の違いについて分かりやすく解説します☆

レーザートーニングとは

レーザートーニングは、低出力のレーザーを繰り返し照射することで、シミの元となるメラニン色素を徐々に破壊していく治療です。
シミ取りレーザーとの違いについてもよく質問があるのですが、シミ取りレーザーは高出力のレーザーをシミに照射することで、
短期間にシミをなくすことを目的としたレーザー治療です。

一見するとシミ取りレーザーの方が良いように思えるのですが、どちらにもメリットデメリットがあるのです。

シミ取りレーザーのメリット・デメリット

シミ取りレーザーのメリットは、少ない回数でシミを破壊できる点にありますが、ダウンタイムが長い点や、
ダウンタイム中は照射部位に医療用テープを貼り、紫外線から照射部位を守る必要がある点、肝斑が疑われる場合、その部位には照射ができない点がデメリットです。

レーザートーニングのメリットは、低出力のレーザーを使用するため、肝斑を刺激することなく徐々にシミを破壊することです。
また、ダウンタイムがほぼ無いため、日常生活に影響を及ぼさない点も人気の理由です。

一方、レーザートーニングのデメリットは、出力が弱いレーザーを用いるため、効果を実感できるまでにある程度の回数が必要という点です。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャル®は、M22というマシンを使ったIPL(光)治療のことで、商標登録をされています。
広い波長の光を照射することで、お肌のシミやくすみを徐々に改善したり、お肌のトーンを上げることができる治療です。
また、光によってお肌の細胞が活性化することで、コラーゲンの産生を促し、キメのあるお肌に導いてくれます。
では、フォトフェイシャルとレーザートーニングの違いはなんでしょう?

レーザートーニングとフォトフェイシャルの違い

治療方法の違い

レーザートーニングとの大きな違いは、レーザーによる治療か光による治療かという点です。
レーザーは単一の波長で(当院のレーザートーニングは1064nmという波長で照射します)メラニン色素(黒色)をターゲットとして照射をするのに対し、
フォトフェイシャルは幅が広い波長(500~1200nm)を照射することで、メラニン色素(黒色)以外にもヘモグロビン(赤色)にも効果を発揮するため、
赤ら顔の改善にも効果的です。ただし、シミの中でも肝斑に対しては刺激を与えることによって憎悪する可能性があるため、
肝斑の疑いが所見される場合には、レーザートーニングがファーストチョイスになるかと思います。

効果の違い

レーザートーニングは、単一の波長でお肌の深い層にまで効果があるのに対し、フォトフェイシャルはお肌の浅い層に効果を発揮するという違いがあります。
効果の違いのイメージとしては、シミ・くすみ・そばかす・肝斑に集中的に効果を発揮するレーザートーニングと、
シミ・くすみ・そばかす・赤ら顔・お肌のキメなど幅広く美肌効果を発揮するフォトフェイシャルの違いといったイメージです。

ダウンタイムの違い

レーザートーニング、フォトフェイシャルともにダウンタイムはほぼ無い治療ですので、
どちらも治療直後からメイクなどをしていただけます。

費用の違い

レーザートーニング、フォトフェイシャルともにおおよそ1回の治療で15,000円~30,000円程度の設定のクリニックがほとんどです。
初回のお試し価格や、複数回のコース価格を用意しているクリニックもあります。
どちらの治療も回数を重ねるごとに効果を実感できる治療ですので、コースを検討される方も多いです。

まとめ

今回は、レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いについてご紹介いたしました。
実は、フォトフェイシャル®とはM22という光治療マシンを使用した治療の名称で、商標登録をされている治療です。
当院では、BBLsやフォーマαというマシンを使ったIPL(光)治療を行っていますので、フォトフェイシャルという名称は使用していませんが、
幅広い波長の光をフォト(写真)のように照射することができるマシンです。
IPL(光)治療やレーザートーニングの治療を検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください☆

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ