お肌が汚くなる原因や特徴は?

お肌が汚くなる原因や特徴は?

こんにちは!プライベートスキンクリニックです!
今回は、肌が汚いと感じるお悩みについてのご紹介です。

「肌が汚いのが気になる…」とお悩みの方、いらっしゃいませんか?
お肌の状態は、年齢的な要因だけではなく、普段のお手入れや生活習慣の違いによって大きく変化します。
日々しっかりお手入れしているつもりでも、もしかしたら習慣化しているNG行動が、汚い肌を作る原因となっているかもしれません!

そこで、本日は肌が汚いと感じる基準や肌が汚くなる原因、対策、治療法について解説していきます。
肌質を改善したい方、綺麗な肌に憧れる方必見です!

肌が汚いと感じる基準と特徴とは?綺麗な肌との違いを比較!

肌が汚いと感じる基準と特徴とは?綺麗な肌との違いを比較!

肌が汚いと感じるのは、何かしら肌トラブルが起きているからです。
「肌の凹凸が目立つ状態」だったり、「色むらが目立つ状態」であると、滑らかさがないため肌が汚いと感じる傾向があります。

以下のような状態の肌が、一般的に綺麗な肌と言われています。

  • 潤いが感じられる
  • ハリ、弾力がある
  • 血色がよい
  • ツヤがある
  • 透明感がある
  • キメが細かい
  • なめらか

健康的なイメージの肌質が想像できると思います。
この条件の逆が、いわゆる「汚い肌」となるわけです。

具体的には次に紹介するような肌トラブルが生じているケースがあげられます。

赤み、ニキビによる色ムラ

肌の赤みは、肌の炎症や炎症によって起きる毛細血管の拡張によるものです。
繰り返すニキビや肌荒れ、アレルギーなど、様々な炎症によって赤く目立つ状態となります。

シミ、そばかす、色素沈着による色ムラ

紫外線や肌の摩擦、ニキビ跡などによるシミやそばかす、色素沈着は、メラニン色素によるものです。
薄い褐色の色ムラがお肌のくすみを強調させます。

血色不良による色ムラ

疲れやストレス、体の冷えなどが原因で血行不良になると、毛細血管が青っぽく目立ち血色が悪くなるため、お顔全体がくすんで見えます。

汚れや角質の蓄積によるザラザラ感

汚れや古くなった角質が肌表面に蓄積すると、お顔の透明感が損なわれてくすみが強くなったり、ザラザラとした手触りとなります。

毛穴の開き

毛穴の開きやたるみ毛穴は、肌の凸凹が目立つため、肌が汚い印象を与えます。

ニキビ跡、クレーター

ニキビの炎症が真皮層まで及んでできるクレーターは、毛穴が大きく開き肌が凸凹状態になります。

毛穴の詰まりによるボコボコ感

毛穴の詰まりや黒ずみは、毛穴に余分な皮脂や角栓が詰まることで起こります。
毛穴が盛り上がった状態となりボコボコして目立ちます。小鼻や顎などにできやすい傾向があります。

髭剃りによるダメージ

男性の方は、髭剃りによるダメージによって肌が汚く見えるケースがあります。

  • 肌荒れ
  • 毛穴のブツブツ
  • 埋没毛
  • 青ヒゲ

青ヒゲは、ヒゲを剃った後でも毛穴の中に残っているヒゲが青っぽく見える状態であり、ヒゲが濃い人ほど目立ちやすくなります。

肌が汚くなるのはなぜ?

肌が汚くなるのは、日々のケア不足や生活習慣の乱れが原因としてあげられます。
自分にとって当たり前の習慣がNGなケースや、良くないとわかっていても、ついついやってしまう悪習慣の影響を受けている可能性もあります。

まずは、ご自身に当てはまるものがないか、チェックしましょう!

肌質に合わないスキンケア

肌質に合わない基礎化粧品を使用していると、肌の水分量や皮脂量のバランスを崩す可能性があります。
皮脂の過剰分泌や肌が乾燥している状態が続くとターンオーバーが乱れて、肌荒れや毛穴トラブルなどのあらゆる肌の不調が起きやすくなります。

洗顔で汚れが落としきれていない

肌に残っている汚れが少しずつ蓄積されて、肌トラブルやくすみの原因となります。

食生活の乱れ

食生活が乱れると、肌にとって必要な栄養素が不足したり、腸内環境が乱れて、肌荒れを起こしやすくなります。

ストレス過多

過度なストレスを受けたり、ストレス状態が長く続くと、自立神経のバランスが崩れて、肌荒れを起こしやすくなります。

睡眠不足

睡眠不足が続くと、肌の代謝に欠かせない成長ホルモンの分泌量が減少します。
また、自律神経が乱れるため皮脂分泌量が増えて、肌荒れを起こしやすくなります。

便秘

便秘が続くと、自律神経の働きに影響し、お肌の血行が悪くなります。
また、体内で増えた悪玉菌によって発生した有害物質が、体をめぐりニキビや肌荒れの原因となります。

生まれつき・遺伝による肌質

メラニンを作る量や皮脂の分泌量、バリア機能などの肌の基本的な機能は、遺伝すると言われています。
毛穴の目立ちやすさや日焼けのしやすさ、敏感肌、ニキビができやすい肌質は、もともと生まれ持ったものである可能性があります。

ただし、親の生活習慣の影響も受けるため、遺伝ではなくても、親と同じような肌トラブルが起きやすくなるケースもあります。

汚い肌を改善する対策や習慣は?

お肌はターンオーバーの度に生まれ変わります。
ターンオーバー周期は20代で4週間程度、年齢が上がると更に長くなります。

ですから、肌の状態を改善するには時間がかかりますし、スキンケアや食事、睡眠、運動と、日々の対策の積み重ねが大切なのです。

肌を綺麗にする食べ物・腸活

肌の健康を保つためには、栄養バランスの取れた食事と腸内環境の改善が大切です。

  • 野菜、タンパク質を欠かさない
  • 食物繊維の多い食品や発酵食品を積極的に摂る
  • 糖分を摂りすぎない
  • 脂肪は適度に摂る
  • 水分をしっかり摂る

肌の健康に必要な睡眠時間

肌の代謝を促す成長ホルモンは、入眠後1~2時間がピークとなります。
睡眠の質を高めて、入眠時に深い眠りにつくための対策をしましょう。

  • 入浴時間を調整する(就寝90分前まで)
  • 寝る前にカフェインを摂らない
  • 就寝前はブルーライトを避ける
  • 最適な高さの枕で寝る

また、最適な睡眠時間は人によって異なるため、一概に何時間とは言えません。
日中眠気を生じずに活動できる睡眠時間をご自身で確認したうえで、必要な睡眠時間を確保しましょう。

クレンジング・洗顔

メイクは必ず寝る前にはオフしましょう。

長時間メイクをした状態が続くと、肌に負担がかかり皮脂や水分のバランスが崩れて肌が荒れやすくなります。
クレンジングや洗顔時は優しく行い、洗いすぎないことも大切です。
洗顔料は、洗浄力が強すぎず肌に合ったものを選びましょう。

スキンケア・紫外線対策

化粧水や美容液、クリームを活用して、乾燥対策をしっかり行いましょう。
また、日々の紫外線対策も大切です。

運動を習慣化する

適度な運動は、体全体の代謝を促すため、肌の健康にとってもよい影響が得られます。
週に2~3回程度を目安に、取り入れてみましょう。

メイクでカバー

根本的な解決にはなりませんが、少しでも肌を綺麗に見せるためには、メイクの工夫もおすすめです。
肌質や肌トラブルに適さないメイクアイテムを使用していたり、メイクが濃すぎると、逆に肌の汚さが際立ってしまいます。
アイテム選び、メイクの方法についてもしっかりチェックしておきましょう。

  • メイク前の保湿をしっかりする
  • 肌のお悩みに特化した化粧下地を使用する
  • 質に合わせてファンデーションを選ぶ
  • 厚塗り感をださない

美容皮膚科での美肌治療

毎日、しっかりお手入れしていても肌の状態が改善しない方には、美肌治療をおすすめします。
肌質の改善、くすみや毛穴、ニキビなどさまざまな肌トラブルを治す治療法があります。

プラズマシャワー

プラズマシャワーは、プラズマを照射し薬剤を導入して皮膚の再生を促す美肌治療です。

プラズマ照射の働きで肌への浸透力を高めて、薬剤の効果を引き出します。
針を使わない治療ですので、施術中の痛みやダウンタイムがほぼありません。
また、肌のお悩みに合った薬剤を選択できます。

肌の代謝アップ、美白効果、シミ、ニキビ、ニキビ跡の改善など、導入薬剤によってさまざまな効果が得られます。

<当院で扱っている導入薬剤>

  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • トラネキサム酸
  • ボトックス
  • ヒト骨髄幹細胞培養液(サイトプロ)
  • 臍帯血由来幹細胞上清液(サイトカイン)

プラズマシャワー|大阪の美容皮膚科プライベートスキンクリニック

IPL治療

IPLという光を肌に照射して、シミやくすみ、毛穴の開きなどを改善する美肌治療です。
お顔だけではなく、首やデコルテ、背中の施術も可能です。

IPL光治療|大阪の美容皮膚科プライベートスキンクリニック

ダーマペン

微細な針で肌に穴を開けることで、自己治癒力を高める治療です。

傷を修復する力を刺激して、コラーゲンやエラスチンの産生を促進し美肌に導きます。
さらに肌悩み別の薬剤をたっぷり浸透させることで、肌悩みの改善効果にも期待できます。

<当院で扱っている薬剤>

  • ウーバーピール
  • CLRローション
  • レチナールアクティブ
  • グロッシースキン(RCPR)
  • SOSUM(ソサム)
  • FetoSCell(フェトエスセル)

上から順に、ニキビ、毛穴詰まり、シワやたるみ、アンチエイジング、ニキビ跡、顔の赤らみなどの改善効果に期待できます。

ダーマペン4|大阪の美容皮膚科プライベートスキンクリニック

ポテンツァ

微細な針を皮膚に刺して、ラジオ波を照射する治療です。

ラジオ波を照射することで真皮のコラーゲン産の生成を促し、美肌に効果的な薬液を同時に注入します。

期待できる美肌効果は

  • ニキビ跡の改善
  • ニキビの改善
  • 美肌再生
  • ハリやツヤの改善

ポテンツァ(POTENZA)|大阪プライベートスキンクリニック

水光注射

針を使って美容成分を肌に注入する治療です。肌のお悩みに合わせて導入薬剤が選択可能です。
使用する薬剤により、肌のハリ、弾力アップ等のエイジングケア、シミ、たるみの改善などお悩みに特化した効果が得られます。

<当院で扱っている導入薬剤>

  • フュージョン注射(F-XC+)
  • サイトケア532(シャネルプラス注射)
  • トラネキサム酸
  • ボトックス

水光注射|大阪の美容皮膚科プライベートスキンクリニック

こちらも合わせてご覧ください!

美肌治療|大阪の美容皮膚科プライベートスキンクリニック

まとめ

肌が汚いと感じる原因と対策、治療法についてご紹介しました。

肌を綺麗に保つためには、日々のケアが必要不可欠です。
ただし、肌の状態によっては、セルフケアのみでは改善が難しいケースもあります。
「肌が汚いのはどうしょうもない」と諦める前に、美容医療の活用も是非ご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
美肌治療をご検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

お肌が汚くなる原因や特徴は?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q. 肌が汚くなる原因はなんですか?

間違ったスキンケアや汚れの蓄積、生活習慣の乱れなどが原因と考えられます。

Q.肌が汚い状態を改善するにはどうすればいいですか?

洗顔、スキンケア、紫外線対策を正しい方法で行うことや、食生活、睡眠時間の見直しが大切です。

Q.肌が綺麗になるには、どのくらいかかりますか?

どのような肌トラブルがあるのか、また、対策によっても肌の状態が改善するまでの期間は人それぞれとなります。年齢を重ねるほど、肌のターンオーバーサイクルは長くなり、肌トラブルが回復するまでの時間もより長くなっていきます。

Q.肌がきれいになる食べ物は何ですか?

肌の健康を保つためには、肌を作る栄養素が多く含まれている食物や腸内環境を整える食物の摂取がおすすめです。タンパク質や野菜を意識した食生活を心がけましょう。また、食物繊維や発酵食品を積極的に摂ることで腸活につながります。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ