若いのにほうれい線が目立つ・・原因と治療法を解説

皆さんこんにちは。大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニック院長の安形です。

今回は、若いのに目立つほうれい線の原因と治療法についてのご紹介です。

老け見えの原因の一つである「ほうれい線」。
30代以降のお悩みというイメージが強いのですが、10代後半や20代でもほうれい線が気になる。。という方も増えています。
芸能人でも10代・20代なのに、笑うとほうれい線が際立つ方もいらっしゃいますよね。

「若いのにできるほうれい線」と「加齢でできるほうれい線」は、いったい何が違うのでしょうか?
原因と治療法について詳しくご説明していきます!

若いのに、ほうれい線が気になる。。。とお悩みの方はぜひご覧ください!

なぜ目立つ?若いのにできるほうれい線の原因とは?

40代に入るとより深刻なお悩みとなるほうれい線は、頬のたるみや口まわりの乾燥によるもの。いわゆる肌の老化現象が主な原因と言われています。
一方、若いのにほうれい線が気になるという方は、肌老化以外に別の原因がある可能性が考えられます。

骨格・顔の構造

骨格や脂肪のつき方、筋肉の厚さなどのバランスにより、もともとほうれい線が目立ちやすい顔の構造をしている方もいらっしゃいます。
頬の厚さや口まわりのくぼみが起因しているため、たるみがない若い年代であってもほうれい線が目立ちやすくなります。

筋肉の強さ

口まわりの筋肉の力が強いと、表情を作るたびに肌にダメージが加わり、若くてもほうれい線ができやすくなります。

スマホの長時間使用

スマートフォンの長時間使用は、

  • うつむき姿勢による血流の悪化
  • ブルーライトによる肌老化

により、シワやたるみが増える原因となります。

スマートフォンを見るのが習慣化している人は非常に多いですので、使用時間はもちろんですが、画面を見るときの姿勢やブルーライト対策も必要です。

表情グセや歯並び、悪い姿勢

表情のクセや歯並びの影響で、ほうれい線が目立ちやすい人もいます。
また、スマホのうつむき姿勢と同様に、頬づえや猫背などの悪い姿勢が少しずつ積み重なることも、若いのにほうれい線が刻まれる原因となっている可能性があります。

紫外線の影響

紫外線による肌ダメージは少しずつ蓄積されていきます。
幼少期から学生時代に紫外線対策をあまりせずに屋外での部活動などをよくしていたという方は、紫外線の影響の可能性があります。

ダイエット

無理なダイエットは、肌に必要なタンパク質やコラーゲンなどの栄養素が不足する原因となります。
肌のハリや弾力を失い、シワができやすくなってしまいます。

また、短期間の急激なダイエットは、皮下の脂肪が一気にボリュームダウンすることから、皮膚のたるみがでてほうれい線が目立ちやすくなることもあります。

そのため、痩せたり太ったりを繰り返す人は、シワやたるみが多くなると言われています。

肌の乾燥

肌の乾燥は、シワや溝ができる原因となります。常に冷暖房の効いた部屋で過ごしている人は注意が必要です。

若いのに目立つほうれい線を消す治療法とは?

ほうれい線の代表的な治療法をご紹介します。
若くして目立つほうれい線は、原因によって適した治療が異なりますので、クリニックでよく相談してくださいね!

ヒアルロン酸注入

ほうれい線の凹みに対しヒアルロン酸を注入することで、ほうれい線を改善する方法です。
凹んだ部分をふっくらボリュームアップし、ほうれい線を目立ちにくくすることができます。

ヒアルロン酸によるほうれい線治療はこちら

ハイフ

ハイフは、超音波を使って肌の奥層(SMAS筋膜)に熱ダメージを与えコラーゲンの再生を促す治療法です。
肌が引き締まることで頬のたるみが改善し、ほうれい線に効果的です。

ハイフによるほうれい線治療はこちら

糸によるリフトアップ(スレッドリフト)

医療用の溶ける糸を使って、たるんだ頬を引っ張り上げることでほうれい線を目立ちにくくできる治療法です。
ほうれい線の他、フェイスラインもスッキリし小顔効果も期待できます。

溶ける糸によるほうれい線治療はこちら

フェイスリフト

皮膚を切開し、皮膚やSMAS筋膜を引き上げる治療法です。
しっかりとフェイスラインを引き上げることができ、ほうれい線にも効果的です。
耳の前やこめかみの髪が生えている部分あたりを小さい範囲で切開するので、傷跡は目立ちません。

フェイスリフトによるほうれい線治療はこちら

若いのにできるほうれい線を目立たなくするコツ

「ほうれい線が消える」というマッサージやエクササイズ動画をよく見かけませんか?
毎日続けてほうれい線が薄くなったいう人もいると思います。
でも、顔立ちが原因でほうれい線が目立つという方には、マッサージでは効果が感じにくいかもしれません。

そんな方は、メイクの工夫で目立たなくすることができますので、お試ししてみてくださいね。

メイクでカバー

ほうれい線のカバーには、コンシーラーの活用がおすすめです。
ペンタイプのコンシーラーでほうれい線を埋めてから、ファンデーションを塗ることで、自然にカバーできます。

まとめ

若いのにほうれい線が目立つ原因と治療法をご紹介しました。
若いのにできるほうれい線は、加齢による肌老化とはまた別の理由があります。何歳であっても紫外線や乾燥は、肌へのダメージの原因となりますので、しっかり対策が必要です。

大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
ほうれい線でお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医