気になる頬のたるみは改善できる?

監修医師

安形 省吾

医療法人優聖会理事長

医師詳細はこちら

安形省吾医師

気になる頬のたるみは改善できる?

こんにちは!プライベートスキンクリニックです!
今回は、頬のたるみの改善方法についてのご紹介です。

「最近、頬がたるんできて気になる」と悩まれていませんか?当院には、たくさんの患者様が、頬のたるみのご相談に来院してくださっています。

頬は、顔の印象に大きな影響を与える部位です。頬がたるむことで疲れて見える、老けて見られるなどの印象を与えてしまうことも。

頬は、加齢とともに引き下がってしまい、自然と引き上がることはありません。

頬のたるみの改善には、日々のケアや予防、治療をしていくことが大切です。

そこで、今回は、頬のたるみの原因と改善方法について解説します。

頬のたるみで悩んでいる方は、参考にしてみてください

頬のたるみの原因は?

悩む女性

頬のたるみの原因は大きく分けて4つあり、それぞれの原因が複合的に重なって起きてしまうことが多いです。

頬のたるみの原因を知ることで、必要な改善策について理解することができますので是非参考にしてみてください。

皮膚(真皮の減少)

皮膚の内側にある真皮は、コラーゲンやヒアルロン酸で構成され、肌のハリや潤い、弾力を保つために非常に重要な役割を担っています。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸は加齢とともに減少していってしまいます。

例えば20代の時に真皮の状態(真皮層の厚みや機能)が100%の状態だとすると、60~70代では約20%になると言われています。

真皮内のコラーゲンが減少することで、肌を内側から持ち上げて支える力が弱くなるため頬のたるみの原因になるのです。

皮下脂肪

真皮よりもさらに下にある皮下組織は、皮下脂肪で構成されています。

加齢によって新陳代謝が鈍り、代謝が落ちることで皮下脂肪がつきやすくなってしまいます。

皮下脂肪が増加すると、重力に負けて脂肪の重みを皮膚や筋肉が支えきれずに脂肪が垂れ下がり、頬のたるみの原因となるのです。

筋力低下・支持靭帯のゆるみ

人間の顔の表情筋は、目や口を動かす筋肉など全部で30種類以上の筋肉があり、これらの筋肉は相互に作用し、複雑な表情を作り出しています。

しかし、表情筋は加齢とともに衰えがみられ、顔の筋力が低下することで皮膚や皮下脂肪を支えることができずに頬のたるみの原因となります。

また、顔の骨と皮膚、皮下脂肪を繋ぐ働きをもつ支持靭帯も過齢とともにゆるみがでてしまいます。

支持靭帯がゆるむことで、頬を支えることができずに、頬のたるみの原因となるのです。

骨の変化(骨吸収)

加齢とともに顔の形を形成する骨自体も変化をしていきます。

特に30歳前後以降は、骨吸収・萎縮が骨の生成スピードを上回ってしまい、骨格が変わることで顔のバランスが崩れてしまうのです。

また、骨吸収(骨やせ)により、顔の筋肉を支える支持靭帯がゆるんでしまうことで、頬のたるみの原因になります。

頬のたるみを改善する方法

美顔器で顔をマッサージする

続いてご家庭でも出来る頬のたるみを改善する方法をご紹介します。頬のたるみは、日頃のケアが非常に大切です。

家庭でできる簡単なトレーニング法とフェイシャルマッサージをご紹介いたしますので参考にしてみてください。

頬の筋肉を鍛えるトレーニング方法

表情筋の筋力低下は、頬のたるみの原因となるため、表情筋の筋力トレーニングは頬のたるみ改善に有効です。

特に、頬を持ち上げる働きを持つ「大頬骨筋」を鍛えることが効果的です。

具体的なトレーニング方法の一例をご紹介します。

① 目と口を大きく広げて口角を上げて笑う
② 10秒間その状態をキープ
③ 元の顔に戻し、空気を口の中に入れて上下左右に空気を移動させる
④ 15秒間口の中で空気の移動を行う
⑤ ①から④を3セット繰り返す

道具の必要がなく、すぐに取り組めるトレーニングですので参考にしてみてください。

フェイシャルマッサージの効果とやり方

フェイシャルマッサージは、顔の筋肉をほぐし、リラクゼーション効果や血行を促進する効果があります。

血行を促進することにより、肌のハリやツヤをアップさせ、頬のたるみやむくみの改善が期待できます。

頬のたるみを改善するフェイシャルマッサージのやり方の一例をご紹介します。

① クレンジングで顔の汚れやメイクを落とす
② 化粧水やフェイシャルマッサージ用のクリームやオイルを顔に塗る
③ 指全体で頬を持ち上げるように大きく円を描く(10回)
④ 人差し指、中指、薬指の指の腹を使って口角からこめかみに向かって引き上げる(10回)
⑤ ③と④を3セット繰り返す
⑥ 保湿クリームで仕上げをする

マッサージは、力を入れすぎないようにゆっくりと圧をかけて行います。力を入れて擦ってしまうと、炎症を起こしてシミの原因になることもあるので注意をしてください。

美容施術で頬のたるみを改善するには?

美容施術で頬のたるみを改善するには?

当院で行っている頬のたるみ治療についてご紹介いたします。
頬のたるみは、個人差があるためその方にあった治療を行う必要があります。

当院では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案しておりますので、気になる治療などあれば遠慮なくお問い合わせください。

医療ハイフ(HIFU)

医療ハイフ(HIFU)は、真皮よりさらに深いSMAS(表情筋筋膜)まで届く波長の超音波を照射することで、肌の引き締め、たるみの改善が期待できる治療です。

医療ハイフ(HIFU)は、この様な方におすすめです。

・切らずに頬のたるみを改善したい
・ほうれい線を改善して若々しい自分を取り戻したい
・顎やフェイスラインのもたつきを改善して小顔になりたい
・ダウンタイムが無いリフトアップ施術を受けたい

メスで切らずに、超音波を当てて治療を行います。痛みが少なく効果を実感できるので人気の治療です。

近年、ハイフはエステでも受けれるようになっていますが、出力が異なっておりますので医師の常駐する医療機関で医療ハイフを受けることをおすすめします。

医療ハイフの場合は、国家資格従事者が行うため、「高出力」かつ「高い効果」を出すことが可能です。一方、エステのハイフは、出力を制限された機種しか使えないので効果を実感しづらく、施術のトラブルも多いため、国民生活センターも注意を呼びかけています。

効果的、安全に治療を受けるためにも医療ハイフ(HIFU)がおすすめです。

糸リフト

糸リフトアップ(スレッドリフト)は、突起の付いた特殊な医療用吸収糸で、お顔のたるみを強力に引き上げる治療になります。

治療の直後より高いリフトアップ効果や小顔効果があり、効果が長期間持続することで人気の治療になっています。

糸リフトはこのような方におすすめです。

・頬や顎のたるみが気になる
・フェイスラインがたるんで大きく見える
・ほうれい線やマリオネットラインが気になる
・将来のたるみを予防したい

当院の糸(スレッド)は柔軟性と伸縮性を兼ね備えているので、豊かな表情にも柔軟に対応し、自然にリフトアップすることが可能です。

気になる頬のたるみを引き上げ、若々しい印象の顔に導いてくれる施術です。

バッカルファット除去術

バッカルファットとは、頬の脂肪の塊のことです。若いうちはこめかみから頬骨にかけて比較的高い位置を保てますが、加齢と共に下垂し、頬がたるむことでブルドック顔やほうれい線、マリオネットラインの原因になります。

バッカルファット除去術は、頬の脂肪の塊を適量、除去することで輪郭を整え、ほうれい線、ほほのたるみを改善・予防をする施術です。

バッカルファット除去術はこの様な方におすすめです。

・頬のたるみが出てきた
・頬横・口元のお肉が気になる
・ブルドック顔を改善したい
・一度で小顔・頬のたるみを予防したい

バッカルファットは除去するとそれ以降に増えることはありません。施術に対し、即効性や長期持続性を重視される方に人気の治療になります。

 

カベリン(カベルライン)

カベリンはカベルラインとも呼ばれ、腫れや痛みなどのダウンタイムが非常に少ない脂肪溶解注射です。

部分痩せが難しいフェイスライン・頬・顎はもちろん、二の腕やお腹などのボディの部分痩せにもおすすめの治療です。

カベリン(カベルライン)はこの様な方におおすすめです。

・頬のたるみの改善や小顔注射が気になる
・ダウンタイムを少なくしたい
・頬の脂肪を切らずに減らしたい

カベリンは2年にわたる臨床試験によって、脂肪溶解効果と安全性が証明されている製剤で、主成分であるデオキシコール酸はFDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる)の認可を受けています。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、頬のたるみ治療についてご紹介しました。

頬がたるんでいると「老けて見られる」「疲れて見える」などの印象を相手に与えかねません。頬は、加齢とともにたるみが進行し、自然に改善することはないためケアや治療が必要になります。

頬のたるみは、個人差があるため患者様一人ひとりと向き合って治療を行う必要があります。

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。

頬のたるみでお悩みの方は、経験豊富な医師在住の当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

気になる頬のたるみは改善できる?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.頬たるみを改善するために、どのようなエクササイズが効果的ですか?

頬を持ち上げる筋肉の「大頬骨筋」を鍛えることを意識してみてください。大きく口を開けて口角を上げるエクササイズや口角を指で持ち上げるフェイシャルマッサージが効果的です。

Q.食生活や生活習慣の改善で頬たるみを改善することはできますか?

食生活や生活習慣は、頬のたるみを改善する上で非常に大切な働きを持っています。

糖質の多い食べ物を摂取すると糖化が起こり、肌弾力が低下することからたるみの原因になります。また、紫外線対策、禁煙、ストレスを溜めないことは、肌老化を防ぐために重要です。ビタミンCやビタミンEを多く含む食物を摂取して肌老化を防ぎましょう。

Q.頬たるみを改善する美容外科手術や治療はありますか?

当院では、頬のたるみを改善する治療として、医療ハイフ、糸リフト、脂肪除去術、脂肪溶解注射(カベリン)を用意しております。患者様のたるみの状況、ライフスタイル、ご希望を踏まえた上で最適な治療を提案できればと考えていますのでお気軽にご相談ください。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
日本形成外科学会
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ