クレーター治療はダーマペンが最適なの?

監修医師

安形 省吾

医療法人優聖会理事長

医師詳細はこちら

安形省吾医師

クレーター治療はダーマペンが最適?

一度できてしまうと、なかなか治らないクレーター。スキンケアでの改善は非常に難しいため、お悩みの方も多いと思います。また、肌の凹みは目立ちやすく、メイクでも隠しきれずに、なんとかよい治療法はないかとお探しの方もいますよね。
クレーターが治りにくい理由は、肌の深い層までダメージが達しているからであり、治すためには専用の治療が必要なんです。

そんなクレーター治療に有効なダーマペンにご興味を持ち調べている方もいると思います。
本日は、クレーター治療について詳しく解説します。ダーマペンでのクレーター治療の実力や、ダーマペン以外の治療法の選択肢についても要チェックです!

クレーター治療にはダーマペン? 

クレーター治療にはダーマペン? 

ダーマペンは、肌の再生を促す治療であり、クレーターの改善に有効です。
「クレーター治療にはダーマペンが効く!」と耳にする方も多いと思いますし、その実力も確かなもので、施術を重ねることでクレーターが改善されたという方も多くいらっしゃいます。
ダーマペンが肌の深い層まで達しているクレーター治療に有効な理由は、マイクロニードルを使った治療だからです。

マイクロニードル療法とは?

マイクロニードル療法とは

マイクロニードル療法とは、極細針を使って肌に微細な穴をあける治療法で、針で作られた傷を自ら治そうとする創傷治癒力を高めて、肌を再生していきます。

クレーターができている部分は、真皮層や皮下組織まで炎症によるダメージが達しており、肌細胞が破壊された状態にあります。肌の深層部は、表皮のようにターンオーバーが行われないため、自然治癒は見込めないのです。残念なことに、放っておいては、いつまで経っても治りません。

そんな厄介なクレーターに有効なのが、マイクロニードル療法です。
マイクロニードルの傷を治す際に、コラーゲンやエラスチンが増生されて、破壊された組織の修復と再生が行われます。治療を継続し続けることで、深層部の肌細胞が活性化されて、凹みのないスムーズな肌に変化していきます。

コラーゲンやエラスチンを産生

マイクロニードルを使用した治療では、肌の機能回復力をアップする高濃度PRPやACRSの導入が可能であり、クレーターを治す力を高めてくれます。

マイクロニードル療法には、ダーマペンの他にポテンツァによる治療法もあります。ポテンツァは、ダーマペンの進化系とも呼ばれており、より重度のクレーター治療に効果的です。

クレーターはなぜできる?

クレーター状のニキビ跡

毛穴や毛穴周辺の皮膚に炎症が起こった際に、真皮層や皮下組織までダメージが進行すると、真皮の肌細胞が壊されてしまいます。さらに、破壊された部分の表皮を支える角質層が陥没してへこみができ、クレーターとなります。
ニキビによる炎症が原因のケースが多く、炎症の強いニキビを放っておいたり、ムリにニキビを潰した場合に、症状が進んでクレーターとなる可能性があります。

その他、接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎による炎症によっても、クレーターができるケースがあります。

クレーターの種類について

クレーターは皮膚が凹んだ状態となります。その形状によって大きく3つの種類に分けられます。

【ボックスカー型】
垂直に凹んでいるクレーターです。境界がはっきりしているのが特徴的で、四角形や円形、楕円形と形や大きさはさまざまです。

【アイスピック型】
肌の奥まで深い穴が開いているクレーターです。アイスピックで刺したような穴であるためこのような名称が付いています。直径2mm以下が目安となり、見た目は小さめですが、皮膚の深い部分までダメージが及んでいるため、治療が難しいタイプのクレーターです。

【ローリング型】
直径4~5mm以上の全体的に大きいタイプのクレーターです。いびつな形をしており、境界がはっきりしていないのが特徴的で、境界部分が滑らかにくぼんでいます。

クレーターに最適な美容施術

クレーターに最適な美容施術

クレーターを改善するにはいくつかの治療法がありますが、最適な施術としておすすめするのは「ダーマペン」と「ポテンツァ」です。
いずれも、マイクロニードルを使った治療法であり、肌に無数の穴をあけて傷を修復する創傷治癒力を高めます。ニードルで開けた穴から薬剤の導入が可能であり、再生医療で活用されているPRPもしくはACRSの導入がクレーター治療に効果的です。

PRP皮膚再生(多血小板血漿)療法

PRP(Platelet Rich Plasma)は、多血小板血漿のことで、自己血より抽出した血小板を濃縮したものを注入して、体内で成長因子やサイトカインを活性化させて、組織の修復を促す働きがあります。
血小板が持つ「傷を修復させる」「血を止める」働きを活用した再生治療です。

ACRS療法(自己血サイトカインリッチ注射)

一方、ACRSは、自己血サイトカインリッチ血清という成分で、ご自身の血液を試験管で37度下に置いて「抗炎症性サイトカイン」と「成長因子」を増やします。有効成分を増やしてから肌に注入することで、安定した効果が発揮され、肌本来の力を高めて元気にしてくれる再生治療です。抗炎症作用や活性酸素の発生を抑える働きにより、肌組織の修復を促します。

いずれも成分も、肌の修復・再生を促す働きがあり、マイクロニードル療法の効果を高める働きがあります。また、、ACRSに多くに含まれる「FGF」という成長因子は、コラーゲン、ヒアルロン酸を生成する作用があり、より高い効果が得られます。真皮層まで達しているクレーターを徐々に改善していきます。

PRPとACRSは、ご自身の血液から作製するため、アレルギーが生じるリスクが軽減されています。

ヴァンパイアフェイシャル(ダーマペン×PRP)

プライベートスキンクリニック ヴァンパイアフェイシャル

ヴァンパイアフェイシャルは、ダーマペン4とPRPの組み合わせ治療です。マイクロニードルであけた微細な穴を使って、ご自身の血液から抽出した高濃度PRPを浸透させます。真皮層までPRPが浸透し、凸凹としたクレーターを改善します。クレーターの改善には、5~10回以上の施術を重ねる必要があります。

ポテンツァ(PRP)

プライベートスキンクリニック ポテンツァ

ポテンツァとPRPの組み合わせ治療です。
ポテンツァは、マイクロニードルによる創傷治療作用と高周波RF(ラジオ波)の機能を併せ持つ施術です。マイクロニードルによって作られた微細な穴から、RF照射を行ったのち、高濃度PRPを浸透させます。

ダーマペンとの大きな違いは、ドラックデリバリーシステムと、高周波RFの照射ができることです。針先から照射される高周波RFによって、真皮層に熱エネルギーを与えて真皮細胞を活性化させます。ドラックデリバリーは、マイクロニードルを抜くと同時に空気の力で薬剤を注入する仕組みで、多くの有効成分を均一に、そして確実に真皮層まで届けることが可能です。製剤導入とRF照射の相乗効果で、肌がもつ創傷治癒力を高めて、クレーターのくぼみを修復していきます。
クレーター治療では、5~10回程度の施術が目安となります。

ヴァンパイアフェイシャルNEO(ダーマペン×ACRS)

ヴァンパイアフェイシャルNEOは、ダーマペン4とACRSの組み合わせ治療です。
サイトカインや成長因子を豊富に含む成分を注入して、凹んだ皮膚をふっくら再生し、クレーターを改善します。

ポテンツァ(ACRS)

ポテンツァとACRSの組み合わせ治療です。
ダーマペンの進化版と呼ばれる「ポテンツァ」と、次世代PRPとも呼ばれる「ACRS」の組み合わせによって、より効果的な皮膚の修復&再生が可能です。重度のクレーターにもおすすめの治療です。ポテンツァのRF照射による止血作用と、体にとって不要な成分が除去されているACRSの使用によって、施術後の赤みや腫れが生じにくくダウンタイムが軽減されているのも特徴的です。

まとめ

クレーター治療はダーマペンがいい?

クレーターの改善に有効な美容治療についてご紹介しました。
クレーター治療には、マイクロニードルを使ったダーマペンやポテンツァがおすすめです。いずれの治療法も、PRPやACRSの導入が選択できて、肌深層のダメージを少しずつ改善してくれます。

ポテンツァによるACRS導入では、重度のクレーターにも効果的ですので、よい治療法が見つからずにお悩みの方は是非ご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。

クレーターでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

クレーター治療はダーマペンが最適なの?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.ダーマペンはクレーター治療に効きますか?

ダーマペンはクレーター治療に有効です。創傷治癒力を高めて、クレーターの改善が可能です。PRPやACRSの導入で、皮膚の再生力がより高まります。

Q.ダーマペン以外でクレーター治療に効果的な施術はありますか?

ダーマペンと同じくマイクロニードルを使った「ポテンツァ」もクレーター治療に効果的です。ポテンツァ特有の、高周波RFの照射や、ドラックデリバリーシステムによって、ダーマペンよりも、さらに高い治療効果が得られます。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
日本形成外科学会
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ