大人ニキビが全然治らないのはなぜ?

監修医師

井畑 峰紀

医療法人優聖会最高顧問

医師詳細はこちら

井畑 峰紀医師

大人ニキビが全然治らないのはなぜ?

「大人ニキビが全然治らない…」とお悩みではありませんか?
ポツンとできたニキビが徐々に悪化して治るまでに時間がかかったり、一時的にニキビが改善しても同じような位置に再発したりと、ツライ思いをされている方も多いと思います。
ニキビができるメカニズムは、思春期ニキビと大人ニキビで基本的に同じですが、大人ニキビは頬や口のまわり、いわゆるUゾーンにできやすいのが特徴的で、思春期を過ぎても引き続き大人ニキビで悩まれる方もいますし、大人になってからニキビができやすくなるケースもあります。
大人ニキビが治りにくいと言われる理由は、人によって要因がさまざまであり、解消するのが難しいからです。

そこで、本日は大人ニキビが治らない原因と再発を防ぐ対策、有効な美容治療について解説していきます。
しつこい大人ニキビでお悩みの方、必見です。

大人ニキビが全然治らない原因は?

大人ニキビが全然治らない原因は?

思春期を過ぎてからできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれています。思春期ニキビも大人ニキビも、ニキビができる原因は、毛穴の詰まりによるアクネ菌等の増殖です。
では、なぜ大人ニキビは治りにくいのでしょうか?それは、ニキビができる原因が一つではないからです。
思春期ニキビは、成長期に多く分泌される成長ホルモンや性ホルモンの影響が強く、皮脂の分泌量が増えるため、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。
一方、大人ニキビの要因はさまざまであり、ホルモンバランスの乱れや疲れ、生活習慣など日々の生活スタイルが大きく影響しているケースも少なくありません。対策していても全然症状が治まらないのであれば、複数の要因が重なっている可能性があります。

皮脂の過剰分泌

毛穴詰まりの主な原因は、皮脂の過剰分泌です。過剰な皮脂は、皮膚に残った汚れや古い角質と混ざりあって固い角栓となり、毛穴づまりを起こしやすくします。
また、肌の乾燥状態が続くと水分不足を補うために、余計に皮脂が分泌されてしまいます。肌の乾燥は、バリア機能の低下と皮脂の分泌を促すため、大人ニキビの原因となります。

毛穴の詰まり

毛穴がつまると、本来毛穴から排出される汗や皮脂が毛穴の中に溜まってしまうため、ニキビの原因となるアクネ菌等が繁殖して炎症を起こしニキビが生じます。皮脂の過剰分泌や、肌のターンオーバーの乱れ、皮膚に残った汚れが毛穴をつまらせる原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れも大人ニキビの原因の一つです。男性ホルモンや黄体ホルモンは、皮脂の分泌を促す働きがあります。
黄体ホルモンは生理前になると分泌量が増えるホルモンです。
また、女性の方でも交感神経が優位になると、男性ホルモンが増えやすくなります。交感神経が優位な状態では、肌の血流量が落ちるためターンオーバーが乱れて肌のキメも粗くなり、角質の厚みと皮脂量の増加でニキビができやすくなります。疲労や緊張、睡眠不足、不規則な生活、ストレスなどで交感神経が優位になります。

ストレス

ストレスは自律神経の乱れを生じさせ、交感神経を優位にして男性ホルモンの分泌量を増やします。ストレスがかかった状態が続くと、皮脂量が増えて、ニキビができやすい肌状態に傾きます。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも、大人ニキビの原因となります。睡眠不足や慢性疲労は交感神経を優位にする理由の一つであり、皮脂の分泌を促します。糖質や脂質に偏ったバランスの悪い食生活は、タンパク質やビタミン不足になりやすく、肌の健康を損なうため、肌荒れやニキビを悪化させる原因となります。

大人ニキビの再発を防ぐには?

大人ニキビの再発を防ぐには?

できやすい大人ニキビの再発を防ぐには、肌ケアや生活習慣の工夫と見直しが必要です。ニキビのできにくい肌環境を作るために、ご自身で始めやすいことから少しずつ挑戦してみましょう。

適切なスキンケア

肌の乾燥や外部の刺激から肌を守り、ニキビを増やさないためには、適切なスキンケアが必須です。
クレンジングや洗顔は、力を入れずに優しく行います。
洗顔後は、しっかりと保湿しましょう。大人ニキビは、肌の乾燥によって起こりやすいため、お顔全体をしっかりと潤すケアが必要です。
紫外線は皮脂を酸化させるだけでなく、肌の乾燥やターンオーバーの乱れを引き起こしてニキビを悪化させます。毎日のUVケアも忘れずに行いましょう。

食生活の改善

食事は体の内側からのニキビケアとして、とても重要です。肌の代謝や皮脂量にも影響を及ぼしますので、食生活の偏りを感じている方は、改善していきましょう。たくさんの種類の食材をバランスよく摂取しましょう。
・皮膚の材料となるタンパク質
・肌の代謝と皮脂量をコントロールするビタミンB2、B6
・血行を促進し抗酸化作用のあるビタミンE

生活習慣の見直し

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌量を減少させて、肌の回復力を低下させます。質のよい睡眠と適切な睡眠時間の確保が大切です。ぐっすりと眠るための工夫を心がけましょう。
大人ニキビの大きな原因となるストレスを発散する方法を考えてみましょう。自由に使える時間が少ない方こそ、ストレスの解消方法をきちんと把握しておくことが大切です。運動や外出、趣味、友人と過ごすなど、ご自身にとって楽しいと思える時間を作りましょう。

大人ニキビのケアで気をつけるべきこと

大人ニキビのケアで気をつけるべきこと

日常的なニキビケアはもちろん大切ですし、ニキビの悪化や再発防止に役立ちます。ただし、大人ニキビは根本となる原因が一つではない方も多く、治りにくいのが特徴的です。
ニキビケアをしていても症状が悪化したり、治るまでに時間がかかるのであれば、皮膚科での治療がおすすめです。

皮膚科に行くタイミングがわからず、迷われる方もいると思いますが、治りにくいと感じたら、ニキビ跡ができるリスクを減らすためにも、早めに医療機関での治療を検討しましょう。美容皮膚科では、ニキビの治療と予防、ニキビ跡の治療も可能です。特に、皮膚科のお薬を使用していても再発しやすい方は、美容クリニックでのニキビ治療がおすすめです。

大人のニキビに適切な美容医療

大人のニキビに適切な美容医療

多忙な毎日を送っている方にとっては、生活習慣の見直しは、わかっていてもハードルが高いかもしれません。また、ご自身でできる対策をしていても、大人ニキビが全然治らない方は、美容医療をご活用ください!
ニキビの治りが悪くお悩みの方には、イソトレチノイン(ニキビ内服薬)による治療がおすすめです。他のニキビ治療を併用して、肌の状態を整えていくことも可能です。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

イソトレチノインは、ビタミンA誘導体であり、海外では認可薬とされている国も多く、重症ニキビや再発を繰り返すニキビの治療に広く使用されている内服薬です。残念ながら日本では、現時点において保険適用外となりますが、医師の診察・指示に基づき処方が可能です。
イソトレチノインは、体の内側から、難治性のニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑える治療薬であり、ニキビの改善にとても高い効果が期待できます。

  • 皮脂線を萎縮させて皮脂の分泌量を減少させる
  • 皮脂腺細胞や表皮細胞を正常化して、角化異常による皮膚の厚みを改善し毛穴づまりを起きにくくする
  • 抗炎症作用により免疫反応を正常化して、ニキビの炎症と悪化を防ぐ

約6か月間を目安に継続服用していただきます。お薬をやめた後も皮脂腺の正常化によって毛穴がつまりにくい肌質となるため、お薬による改善効果が長期間継続される方が多いです。
保険診療での抗生剤や塗り薬、また、他のニキビ治療で改善がみられないようなニキビにおすすめの治療薬であり、重症ニキビの方、軽度から中等症のニキビでも再発を繰り返す方に適用しています。

イソトレチノイン内服中は、ピーリングやポテンツァ、レーザー治療など、他の治療との併用が可能です。体の内側から皮脂のコントロールをしながら、肌に直接アプローチするニキビ治療も進められます。

ケミカルピーリング

酸性の薬剤を使って、肌の表面にある古くなった角質を除去する施術です。毛穴をふさいでしまう皮脂や老廃物、厚くなった角質が取り除かれるため、毛穴の詰まりが解消します。
定期的に行うことでターンオーバーが整い、ニキビの改善と同時に、新たな毛穴詰まりが起きにくい肌状態に変化していきます。
ニキビの改善効果を感じやすい治療法ですので、多くの方が活用されています。
ピーリング剤は複数の種類があり、クリニックによって扱っているものが異なります。ピーリングの強さや浸透する深さがそれぞれの薬剤で異なります。

ポテンツァ アクネモード

ポテンツァは、マイクロニードルRFを使って肌がもつ創傷治癒力を高める治療であり、症状に適したチップに切り替えて、さまざまな肌のお悩みを改善します。
ニキビ治療用のチップを使ったアクネモードでは、ニキビに直接ラジオ波RFを流して、ニキビ一つ一つの皮脂腺を破壊していきます。皮脂量が減少するため、ニキビの改善と予防の両方が可能な治療です。

フォーマα IPL治療

IPL(インテンス・パルス・ライト)という光エネルギーを照射する光美肌治療です。幅広い波長を含む光の照射によって、さまざまな肌のお悩みの改善効果が期待できます。ニキビ治療では、アクネ菌の殺菌や、拡張した毛細血管に働きかけてニキビの炎症や赤みを改善します。
1回あたりの施術効果はマイルドですが、ダウンタイムがほとんどないため、日常生活への支障なく施術を受けられます。

ケアシス-S エレクトロポーション

ケアシスは、特殊な電気パルスを肌に与え、細胞膜に電気的な穴を開けて、美容成分を真皮層まで導入する施術です。イオン導入や超音波導入に比べ、多くの有効成分が真皮層まで届きます。使用する薬剤によって、さまざまな肌の改善効果が得られます。
ニキビ治療では、肌の炎症を抑えたり、皮脂の分泌量を減少させる効果が期待できます。

まとめ

大人ニキビが全然治らない原因と対策、治療法についてご紹介しました。
大人ニキビは、さまざまな要因が重なって悪化している可能性があります。再発するニキビや重症ニキビの場合、内服薬「イソトレチノイン」による治療がおすすめです。
治りにくさを感じたら、美容皮膚科での治療をご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
治らない大人ニキビでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

大人ニキビが全然治らないのはなぜ?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.大人ニキビの主な原因は何ですか?

ホルモンバランスの乱れや食生活の影響、ストレス、睡眠不足、肌の乾燥など、さまざまな要因が重なっているケースもあります。大人ニキビは治りにくく、治ってもすぐに再発しやすい方もいます。

Q.食生活や生活習慣が大人ニキビにどのように影響するか?

睡眠不足や慢性疲労、ストレスは、皮脂の分泌量を増やすため、毛穴詰まりが起きやすい肌状態になります。また、糖質や脂質過多なバランスの悪い食生活は、肌を整えるために必要なビタミンやミネラルを多く消費するため、ターンオーバーの乱れが生じて、ニキビができやすくなります。

Q.市販のニキビケア製品で効果的なものはありますか?

ニキビ用の市販薬は、殺菌剤や抗炎症薬、抗生物質等が配合されており、ニキビの進行度に応じて、適切な薬を選択するのが効果的です。市販のニキビケア用の化粧水や美容液には、殺菌成分が含まれているものがあります。大人ニキビの場合、肌の乾燥が強い状態では、殺菌成分が刺激となる可能性があるので注意が必要です。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

医療法人優聖会最高顧問 井畑 峰紀

医療法人優聖会最高顧問 井畑 峰紀

糸リフトやフィラー注入によるしわ・たるみ治療や、にきび治療などの美肌治療を中心とした美容医療に携わる、確かな実績を持つ医師。

略歴
平成15年
大阪医科大学 形成外科教室:入局
平成21年
大阪医科大学 助教(准):就任
美容クリニック非常勤勤務:歴任
平成24年
医学博士学位取得
日本形成外科学会 専門医認定
平成25年
某美容クリニック:院長就任
令和5年
プライベートスキンクリニック 最高顧問:就任
現在に至る。

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ