トラネキサム酸はどんな効果があるの?

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニック院長安形です。今回は、トラネキサム酸の効果についてのご紹介です。トラネキサム酸といえば美白成分!
とすぐに頭に浮かぶ方も増えてきているのではないでしょうか?最近はトラネキサム酸が配合されている化粧品もあり、実際に使用されている方もいらっしゃると思います。

トラネキサム酸は、内服・外用のいずれもがシミに効くと注目されている美白成分です。皮膚科での治療に使用されている他、市販薬、化粧品と幅広く活用されており、シミやくすみ対策のスタンダードとも言える存在となりつつあります。そこで、今回はトラネキサム酸の効果やトラネキサム酸を使った美白治療について詳しく解説していきます。シミや肝斑を改善したい方、トラネキサム酸の実力が気になっている方は、是非チェックしてくださいね!

トラネキサム酸の効果とは?

トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。もともとは医療の現場で炎症を抑えたり止血剤などとして幅広く使われてきた医薬品で、一部の風邪薬や口内炎の薬にも配合されています。2002年に厚生労働省から美白効果が認められたことから、現在は、シミの治療薬としても使用されています。

シミ・肝斑の改善、美白効果

わたしたちの肌は紫外線や物理的な刺激により、メラノサイトと呼ばれる細胞が活性化してメラニンを生成します。トラネキサム酸は、肌が刺激を受けた際に生じる”シミ生成に関わるシグナル”をブロックすることで、メラノサイトの活性を防ぎ、メラニンの生成を抑えてシミを予防します。

シミ(老人性色素斑)やそばかす、肝斑、炎症後色素沈着などに効果があります。また、抗炎症作用により肌荒れやニキビ跡の改善効果も期待できます。特に、肝斑に対する有効性が確認されており、肝斑の改善薬として活用されています。

美容クリニックでのトラネキサム酸治療

当院ではトラネキサム酸を使用した美白治療を複数ご提供しています。内服薬、点滴、お肌へ薬剤を導入するスキンケアがあり、内服薬はシミ・肝斑改善を目的としたレーザー治療との併用も可能です。

美白内服薬 シナール・トラネキサム酸

シナール トラネキサム酸

シナール・トラネキサム酸は、美白効果のある内服薬です。

  • 明るい肌を手に入れたい
  • シミや肝斑を改善したい

というお悩みをお持ちの方におすすめです。

シナールはアスコルビン酸(ビタミンC)を主成分とし、ビタミンCの吸収率をあげるパントテン酸カルシウムも配合されている複合型のビタミン剤です。シナール単体でもシミの改善や美白効果、肌のハリアップなどの効果が期待できます。肝斑・シミに有効なトラネキサム酸とシナールを合わせて服用することで、より効果的な美白効果が期待できます。

美白内服薬の詳細はこちらから

美白点滴(トラネキサム酸)

トラネキサム酸点滴をしている女性

美白治療として、トラネキサム酸配合の美白点滴も効果的です。美白点滴には、以下の成分が配合されており、シミ、肝斑、くすみの改善の他、日焼けによる肌ダメージや体の疲労回復にも有効です。

  • トラネキサム酸
  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • ビタメジン(ビタミンB1、B6、B12)

週に1、2回の頻度で、1~2か月間継続していただくとお肌への効果が実感できます。

体の内側から美白へ!美白点滴の詳細はこちらから

レーザートーニングとトラネキサム酸の併用治療

レーザートーニングは肝斑、シミ、そばかす、ニキビ跡などに有効なレーザー治療です。微弱なパワーのレーザーを使うことで、レーザー治療が難しいと言われていた肝斑に対しても治療が可能となっています。

レーザートーニングはシナール・トラネキサム酸内服薬との併用治療で、さらなる効果が期待できます。刺激に弱い肝斑は、治療に時間がかかり再発もしやすいため、メラニン生成をブロックできるトラネキサム酸の活用は、肝斑の出現を抑えるのにとても有効です。また、レーザートーニング以外では、BBL光治療などでもトラネキサム酸内服薬の併用をおすすめしています。

肝斑・シミに効果的なレーザートーニング!トラネキサム酸の併用効果

プラズマシャワー(トラネキサム酸シャワー)

プラズマの刺激作用を用いて、肌の奥まで薬剤を浸透させるプラズマシャワーでも、トラネキサム酸を使用した治療が可能です。外用薬の使用となり、肝斑や老人性色素斑、そばかす、炎症後色素沈着に有効です。

美肌へプラズマシャワー

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸内服薬の主な副作用としては、皮膚のかゆみ、発疹、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、胸やけなどがあります。副作用が生じるリスクは低い成分ではありますが、体調に異変が起きた際はすぐに服用を中止して医師に相談しましょう。

トラネキサム酸で白髪?

トラネキサム酸を服用すると白髪が増えるという噂を耳にすることがありますが、白髪の増加に関して医学的な根拠はありません。シミ対策としてトラネキサム酸を使用する年代の方は、丁度白髪が増えやすい年齢に達しているため、このような噂がでた可能性が考えられます。

トランサミン(トラネキサム酸)に市販薬はある?効能は同じ?

医療機関で使用されているトラネキサム酸配合の処方薬は「トランサミン」という名称で、ジェネリック医薬品もいくつかでています。また、トラネキサム酸は第1類医薬品として、市販もされています。市販薬の効能としては、処方薬のトランサミンと同様に肝斑の改善効果が謳われています。

美白治療としてのトラネキサム酸内服薬の量

処方薬と市販薬の違いは、1日に摂取できる最大量の違いです。

  • 処方薬:上限2000mg/ 下限750mg
  • 市販薬:上限750mg

量の違いからもわかるように、医師の診察のうえで処方される処方薬の方が高い効果が期待できます。

まとめ

トラネキサム酸の効果やトラネキサム酸を使った美白治療についてご紹介しました。シミやくすみの改善にはトラネキサム酸による治療が効果的です。特に肝斑治療では、レーザートーニングとトラネキサム酸内服薬の併用治療が有効となります。シミや肝斑、くすみが気になっている方は是非ご検討くださいね!

肝斑は、ご自身で見分けるのが難しく、肝斑と一般的なシミ(老人性色素斑)が混在している方も多くいらっしゃいます。大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、シミの判別、患者様のお肌の状態を確認したうえで、一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。シミ・肝斑でお悩みの方、トラネキサム酸による美白治療をご検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

よくあるご質問

トラネキサム酸はどんな効果があるの?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.トラネキサム酸にはどのような美容効果がありますか?

トラネキサム酸は、シミの元となるメラニンの生成を抑える作用があるため、シミやくすみの予防・改善効果が期待できます。特に肝斑への有効性が確認されており、肝斑改善薬として認められています。

Q.トラネキサム酸の内服のみで肝斑は改善しますか?

トラネキサム酸の内服のみでも肝斑の改善効果は期待できますが、当院ではより効果的なシナール(ビタミンC)と組み合わせて処方しています。
また、レーザートーニングによる肝斑治療とシナール・トラネキサム酸の内服薬を組み合わせることで、効果の高い肝斑治療が行えます。

Q.トラネキサム酸の内服薬はどのくらいの期間で効果が現れますか?

シナールとトランサミン(トラネキサム酸)を1日3回服用していただいた場合、1か月後程度から効果を感じ始めます。
※効き目には個人差があります。

Q.トラネキサム酸内服薬に副作用はありますか?

トランサミン(トラネキサム酸)は安全性が高く副作用はほとんどでない薬ではありますが、副作用として、皮膚のかゆみ、発疹、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、胸やけなどの症状が現れるケースがあります。

Q.トラネキサム酸に市販薬はありますか?

トラネキサム酸を配合した飲み薬は市販されています。市販薬は、処方薬よりもトラネキサム酸の配合量が少なくなっています。