ゼオスキンで失敗しないためのコツをお教えします!

ゼオスキン失敗したくないですよね。実は、ゼオスキンでの失敗は日常生活に潜んでいます。

この記事では次の点を解説いたします。

  • 日常で気を付けるだけでゼオスキンで失敗しない方法
  • ゼオスキンを使って肌がキレイになった後にすべきこと

最後まで読み切ると、ゼオスキンでの失敗を避けれて美肌へ近づけます!

ゼオスキンで失敗しないために日常で気をつけること

傷跡をつけてしまう

ゼオスキンを使用すると皮むけ、赤みが出て皮膚がかゆくなることあります。それには、ゼオスキンの代表的な成分のビタミンAが関係しています。

効果の高いアクティブビタミンAは肌のターンオーバーを促す役割がありますが、その反面使い始めた時に赤みや皮剥け、かゆみなどを引き起こす「反応」が起こります。※個人差やビタミンAの種類にもよります。

ゼオスキンヘルスを更に詳しく知る

せっかく古い角質が剥がれ、新しい肌になろうとしているのに掻いて肌に傷がついてしまうと色素沈着になる可能性があります。

痒い場合は保湿をしっかりしたり、冷やすと痒みが和らぎます。さらに、ヘアアイロン・コテを使用する場合のやけどにも十分気を付けてください。

RCクリーム

価格 14,300円(税込)
RCクリームは乾燥が気になる方やビタミンAを初めて使う方、アクティブビタミンAシリーズをマイルドに使用したい方おすすめのアイテムです!

日焼け対策を忘れる

アクティブビタミンAを使用すると肌の角質層はターンオーバーで排出されので、肌は一時的にバリアが弱くなっています。

角質層は肌の一番外側の層で外的刺激をブロックする役割があります。肌の入れ替えしている時期に、日焼け対策を忘れると紫外線は簡単に角質層をすり抜けてシミの原因を作ります。

ミラミン

価格 13,200円(税込)
メラニンの生成を抑制し、しみ・くすみにアプローチします。明るく透明感のあるお肌へ導きます。

ゼオスキンの日焼け止めであるサンスクリーンシリーズはUV-A,UV-B、ブルーライト、近赤外線からお肌を保護します。

サンスクリーンプラスプライマー(SPF30,PA+++)

価格 7,920円(税込)
ベージュ色サンスクリーンで、顔用日焼け止めと化粧用下地を兼ねた日焼け止めです。天然メラニン、二酸化チタン、酸化亜鉛が配合され、広範囲のUVA/UVB/HEVから保護します。

BSサンスクリーン(SPF50,PA++++)

価格 11,660円(税込)
天然ミネラル配合の白色のサンスクリーンで、広範囲のUVA/UVBからお肌を強力に保護します。

失敗ではない!一時的なニキビの悪化

ゼオスキンを使用することでダメージを受けたお肌の表層(角質)が剥がれ落ちて、新たに美しい健やかなお肌と入れ替わりますが、肌が反応し一時的にニキビが悪化する場合があります。

ゼオスキン中に自己判断でニキビに別の薬を塗ったりすると色素沈着になったり、かえって悪化する恐れがありますので一度クリニックにご相談ください。

綺麗になった肌を後退させて失敗しないために

皮膚内のビタミンAは太陽光によって日々破壊されます。ゼオスキンを使って綺麗になった肌を保つ最大のポイントは毎日のスキンケアでビタミンAを取り入れ続けることです。

とはいえ、ゼオスキンのセラピューティックプログラムで使うトレチノインはビタミンAの反応が大きいので、(赤みや皮むけが起きる)トレチノインを一定期間使用した後には休薬する必要があります。

要するにビタミンAの種類をトレチノインから高濃度レチノールに、治療期から維持期に切り替えてビタミンAを補給し続ける事がゼオスキンで失敗しない為の最大のポイントです!

まとめ

ゼオスキンで失敗ように気をつけることをおさらいしましょう。

  • 傷をつけないように気をつける。
  • 紫外線から肌を守る。
  • 肌がキレイになった後もビタミンAを補給し続ける。

ゼオスキンのセラピューティックは治療プログラムです。
12-18週の間、トレチノインとハイドロキノンを用いて肌質や色むらを整え、シミ・くすみ小じわを改善した美しい肌を目指します。

ゼオスキンヘルスのアイテム・症例写真はこちらから

ゼオスキンヘルスは自宅でできる肌治療ですがドクターの指導があってのものなので自己判断でレチノールやトレチノインの量を増やしたり、違う薬を併用しないようしましょう。
何か不明な点がありましたらクリニックにご相談ください。2

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
大阪美容クリニック