いまさら聞けない?ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニックです!
今回は、ヒアルロン酸とコラーゲンの違いについてのご紹介です。

美容と健康に欠かすことのできない「ヒアルロン酸」と「コラーゲン」。
どちらも化粧品やサプリメントの美容成分として活用されていることから、肌にいいイメージがありますよね!
でも、「それぞれの違いについてはよくわからない」という方も多いのではないでしょうか?
そこで、ヒアルロン酸とコラーゲンの成分や効果の違いと、注入治療で使用されるヒアルロン酸注入とコラーゲン注入の違いについて詳しくご紹介していきます。

「ヒアルロン酸とコラーゲンの違いを知りたい!」方や、「ヒアルロン酸注入とコラーゲン注入、どっちがいいのか迷っている」という方も是非チェックしてくださいね!

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、肌や関節、眼球に多く存在する成分です。
水分を蓄える機能があることで、クッションのような役割を担っています。

  • 肌の乾燥を防ぐ
  • 目の乾燥を防ぎ傷を治す
  • 関節のクッションや潤滑剤となる
  • 骨の形成に必要なカルシウムの吸収を助ける
  • 血管の弾力やしなやかさを保つ
  • 髪にハリと弾力を与える
  • 脳の老化を防ぐ
  • 爪のツヤを保つ

など、肌だけではなく、体内のさまざまな部位で重要な働きをしています。

コラーゲンとは

コラーゲンはタンパク質の一種です。
骨や皮膚、筋肉、内臓など体内のあらゆる組織に存在しており、身体をつくるタンパク質のうち約1/3がコラーゲンでできています。
わたしたちの体にある60兆個もの細胞を繋げる役割を担い、体を作るのに欠かせない成分です。

  • 肌の細胞を支えハリをだす
  • 骨の強度を高める
  • 血管をしなやかなにする
  • 関節の曲げ伸ばしをスムーズにする
  • 髪の毛の根本を支える
  • 爪を丈夫にする

など、その柔軟性により、身体のいたる部位を支える働きがあります。

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

ヒアルロン酸はムコ多糖類、コラーゲンはタンパク質ですのでそもそも異なる成分です。
また、その性質にも違いがあります。

ヒアルロン酸は水分を含むことができる粘液性の物質で、細胞のみずみずしさを保っています。
一方コラーゲンは、細胞を囲むように存在している弾力のある繊維状の組織で、骨組みの役割をしており、体を内側から支えています。

肌における働きでは、コラーゲンは弾力やハリを、ヒアルロン酸はみずみずしさを保つ役割があります。

ヒアルロン酸とコラーゲンの共通点

ヒアルロン酸とコラーゲンは、いずれも身体を作るのに欠かせない成分です。
両成分の働きが揃うことで、さまざまな部位の機能が健康に保たれています。
もちろんお肌にとっても必要不可欠な成分で、一方が足りない状態ではキレイなお肌は保てないということです!

ヒアルロン酸やコラーゲンが不足すると

ヒアルロン酸やコラーゲンが不足すると、お肌だけではなく、さまざまな部位に影響が現れます。
いずれの成分も加齢だけではなく食生活の影響も受けるため、生活習慣においても注意が必要です。

ヒアルロン酸が不足すると

  • 肌が乾燥しやすくなる
  • 関節に痛みがでる
  • 目の渇きが気になる

と水分不足による不調が現れます。

コラーゲンが不足すると

  • 肌の弾力がなくなり、しみ、シワができやすくなる
  • 関節に痛みがでる
  • 骨がもろくなる
  • 血管が硬くなる

など、弾力不足による不調が現れます。

ヒアルロン酸注入とコラーゲン注入の違い

美容クリニックでの注入治療で使用されるヒアルロン酸やコラーゲンは、いずれもジェル状の注入剤で、人工的に精製されたものとなります。

ボリューム

コラーゲンに比べ、ヒアルロン酸の方がボリュームを出してふっくらとさせる効果があります。
深いシワにはヒアルロン酸注入、浅いシワにはコラーゲン注入など、部位や目的別で使い分けしているクリニックもあります。

効果の持続期間の比較

コラーゲン、ヒアルロン酸のいずれも、製剤の種類によって効果の持続期間が大きく異なりますので一概に比べることはできません。
目安としては数か月~1年半程度です。
また、注入を繰り返すことで効果がより長く続くようになる点は、どちらも同じです。

アレルギー反応のリスク

コラーゲンには、「ウシ由来」「ブタ由来」「ヒト由来」の注入製剤があります。
何由来であるかや注入剤の種類によりコラーゲン濃度が異なることから、シワやたるみの部位や度合いによって使い分けされています。

その中でも、ウシ由来、ブタ由来のコラーゲンは、アレルギーの既往歴に関わらず一定割合の人に対し赤みやかゆみなどのアレルギー症状を起こします。
そのため、施術前に必ずアレルギー検査(皮内テスト)を受けなければなりません。
アレルギー検査は結果の判明まで4週間程度の期間が必要です。
ヒト由来のコラーゲンは、アレルギーを起こす可能性はゼロではありませんが、発症率が低いためアレルギー検査をせずに受けることができます。

一方、ヒアルロン酸製剤はアレルギーのリスクが低いことから、アレルギー検査を受ける必要はありません。

ヒアルロン酸注入とコラーゲン注入、どっちを選ぶべき?

以前はコラーゲン注入が多く行われていましたが、現在の主流は安全性の高いヒアルロン酸注入です。
コラーゲンは動物由来のタンパク質のため、どうしてもアレルギーを起こす可能性があります。
また、ウシやブタ由来の注入剤を使用するには、事前のアレルギー検査が必要となりすぐに施術を受けることができない点もマイナスポイントとなります。
ですから、アレルギーを起こすリスクが少ないヒアルロン酸注入がおすすめなんです。

まとめ

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い、注入治療で使用されるヒアルロン酸、コラーゲン注入製剤の相違点についてご紹介しました。
ヒアルロン酸とコラーゲンは、どちらも身体に欠かせない成分です。
肌の健康を保つために必要不可欠なことがわかりました。
また、注入治療では、コラーゲンはアレルギー反応のリスクがあり、現在の主流はヒアルロン酸注入であることもわかりましたね。

ヒアルロン酸注入は、お手軽にシワやたるみを改善できる人気の施術です。
大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、複数のヒアルロン酸から患者様のお悩みに適した製剤を使用した施術プランをご提案いたします。
シワやたるみでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医