ハイフをやめておいた方がいい人っているの?

ハイフやめておいた方がいい人とは?

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニック院長の安形です!今回は、ハイフをやめておいたほうがいい人とその理由についてのご紹介です。

切らずにできるリフトアップ施術として、お顔のたるみ予防や解消ができるハイフ(HIFU)。小顔効果も高いことから若い世代の方からの注目度も高く、20代からハイフを受ける方も増えています。そんな人気の高いハイフ治療、効果の高さに加え、照射のみでできる気軽さやダウンタイムがほぼない点からもメリットばかりが際立っていますが、デメリットはないのか、ハイフをやめておいたほうがいい人って本当にいるのかなど、不安な方もいらっしゃると思います。

そこで、本日はどのような人にハイフが不向きなのかを詳しくご紹介していきます。自分にハイフが向いているのか、施術を受ける前にしっかり確認してくださいね!

ハイフをやめたほうがいい人、ハイフが向いていない人とは?

ハイフをやめた方がいい人っている?

ハイフの効果を実感している方や1年に1~2回のペースで継続して受けられている方もいる中、残念ながらハイフが向いていない方や受けるのをやめたほうがいい方も実際にいらっしゃいます。
それでは、詳しく見ていきましょう。

お顔の脂肪が少ない方

頬の脂肪が少ない人は、ハイフによって顔が引き締まって痩せると、頬のコケが目立つようになるケースがあります。施術前よりも老けた印象が強くなってしまう可能性があるのです。
もともと頬がコケていて気になっている方やハイフの影響で頬がコケる可能性があるお顔の作りの方には、ハイフとヒアルロン酸注入の併用治療がおすすめです。ヒアルロン酸を注入し頬をボリュームアップさせることで、ハイフによるボリュームダウンのリスクを回避できます。

たるみが強い方

たるみが強すぎると、たるみを完全に戻すのは難しくハイフの効果があまり実感できないケースもあります。ハイフは小顔治療としては20代以上の方に、たるみ治療としては30代以上の方に人気の高い治療ですが、50代後半を超えると効果はいまいちという方も多く、たるみすぎてからではカバーしきれないこともあります。たるみの度合いによって、他の施術の方が適しているケースもありますので、カウンセリング時にどの方法が自分に合っているのか確認が必要です。

金の糸を入れている方

金の糸を入れている方がハイフを行うと、皮下組織内にある糸が加熱されるため火傷の原因となることがあります。糸リフトで使用される金の糸は、レーザー治療やRF(ラジオ波)等の治療に制限がでるため、注意が必要です。

また、お顔に限らず施術部位に、金属やシリコン等を入れている方はハイフを受けられない可能性がありますので、必ず事前に医師に伝えてください。

日焼けで炎症が起きている方

過度な日焼け直後は肌が炎症を起こしたり、熱がこもり敏感な状態となっているため、ハイフを行うと肌に更なるダメージを与えてしまいます。ハイフを受ける前は日焼けに注意しましょう。

無痛の施術を受けたい方

医療ハイフは、完全に無痛の施術では残念ながらありません。
我慢できないほどの痛みではありませんが、施術中はピリピリするような刺激や、熱感を感じることがあります。

妊娠中、授乳中の方

妊娠をしている方、妊娠の可能性がある方、授乳中の方は施術を受けられません。

該当する疾患がある方、体調が優れない方

以下の疾患に該当する方は、施術を受けられません。

  • 糖尿合併症を発症している方
  • 心臓ペースメーカー等埋め込み型医療機器を体内に埋め込んでいる方
  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • 施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方
  • 心臓に疾患がある方
  • 金属アレルギー(特に金及びステンレス)の方

また、施術当日、発熱や感染などの理由で体調が優れない方、その他医師が施術不可能と判断した際は、施術を受けられない場合があります。上記以外でも何らかの疾患がある方は、必ず医師に確認しましょう。

ハイフとの組み合わせ治療は可能?

ハイフと組み合わせ治療は可能?

ハイフをやめたほうがいい人の中には、他の治療を併用しデメリットを回避できるケースもありましたね!このように、ハイフ単体ではお悩みを完全にカバーできない場合でも組み合わせ治療によって高い効果を得られることもありますので、ハイフと組み合わせ治療が可能な施術についてもご紹介します。
併用治療を受ける際の施術日や施術順についてはクリニックによって基準が異なりますので、カウンセリング時に確認してください。

ハイフ+ヒアルロン酸注射

ハイフとヒアルロン酸注射は併用治療が可能です。ハイフは肌の引き締め、ヒアルロン酸注入はボリュームアップやシワの改善として使用でき、同日に治療が受けられます。お顔の脂肪が少ない方には相性がよい併用治療となります。

ハイフ+ボトックス注射

表情ジワを改善するボトックス注射もハイフと同日に治療が可能です。

ハイフ+糸リフト

上述のとおり、糸リフトで金の糸を使用されている方は、ハイフを受けることができません。ただし、金の糸以外であれば糸が入っていてもハイフは受けられます。ハイフも糸リフトもお顔のリフトアップが目的となる治療となりますが、併用される方もいらっしゃいます。糸リフトによってしっかり引き上げたうえで、年1~2回のペースでハイフにて引き締め感をキープするようなイメージとなります。

ハイフが向いている人とは?

解説する女性

ハイフをやめたほうがいい人、向いていない人について詳しくご説明しましたが、決してハイフの効果を否定している訳ではありません。ハイフは切らずにSMAS筋膜にアプローチできる唯一の治療であり、皮膚の土台となる筋膜の引き締め効果が高く、実際にハイフを受けて満足のいく結果を得られている方もたくさんいらっしゃいます。

シワ、たるみ、小顔治療に有効であり、20代~40代の多くの方におすすめできる施術です!

  • お顔のたるみが気になる
  • フェイスラインを引き締めたい
  • 二重アゴを改善したい
  • 小顔になりたい
  • 小じわが気になる
  • 切らない治療を受けたい
  • なるべくダウンタイムを抑えたい

という方にハイフは向いています。当てはまる方は是非ご検討くださいね!

まとめ

ハイフをやめたほうがいい人とその理由についてご紹介しました。頬の脂肪が少ない方、治療前からコケが気になっている方、たるみが強い方は注意が必要です。他の治療との併用、もしくは別の治療が適しているケースもありますので、カウンセリング時に懸念点も含めしっかり相談しましょう。

大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様のお顔の状態を診察したうえで、最適な施術プランをご提案させていただきます。もちろん、ハイフが向いていない患者様にはムリにおすすめいたしません!ハイフ治療をご検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

ハイフがほうれい線に効果的な理由を解説!
ハイフがほうれい線に効果的な理由を解説!
ほうれい線治療には、手軽に本格的なたるみ治療ができるハイフがおすすめ!照射系治療では難しかったSMAS筋膜へのアプローチが、ほうれい線を改善するカギ!ハイフが効果的な理由を詳しく解説します。ほうれい線...

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ