ヒアルロン酸を打ち続けるとどうなるの?

こんにちは。大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニック院長の安形です。今回は、ヒアルロン酸を打ち続けた時のメリット・デメリットについてのご紹介です。
シワやほうれい線を改善したり、鼻を高くしたりとさまざまなお悩みを改善できるヒアルロン酸注入は、施術時間が短くダウンタイムがほぼないことから、手軽に受けられると人気が高い施術です。
でも、ヒアルロン酸の効果には限りがありますので、定期的にメンテナンスが必要となります。効果がなくなる度に繰り返し打ち続けても大丈夫なのか?副作用の心配はないのかと不安に思われる方もいらっしゃいますよね。
そこで、本日はヒアルロン酸を打ち続けるとどうなるのか?を詳しくご紹介していきます。これからヒアルロン酸注入を受けようとしている方、追加注入を考えている方も是非チェックしてくださいね!

ヒアルロン酸注射の効果は永遠ではない

ヒアルロン酸の効果は、注入後製剤が馴染むこと、また体内に吸収されることで時間と共になくなっていきます。ですから、効果を持続させたいのであれば、一定期間ごとに繰り返しの施術が必要となります。持続期間はヒアルロン酸の種類により幅があり、半年から1年半程度です。また、同じヒアルロン酸製剤を使用しても、個人差や注入部位によって効果の持ちには差がでます。

顔にヒアルロン酸を打ち続けるとどうなる?

ヒアルロン酸を打ち続けるとどうなる?

「定期的な追加注入が必要なのはわかったけど、打ち続けてもホントに大丈夫なの?」と心配になりますよね?繰り返しほうれい線や鼻などの顔にヒアルロン酸を打ち続けるとどうなるのか、メリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

ヒアルロン酸を打ち続けたときのデメリットは?

ヒアルロン酸を打ち続けること自体による副作用はありません。また、繰り返し注入によってこうむるデメリットは、基本的には注入量や注入位置が適切でないことが原因と考えられます。いずれも、医師の技量不足の可能性があります。

不自然な仕上がりになる

ヒアルロン酸を打ち続けたとき、注入量が多すぎると不自然な仕上がりになるケースがあります。適量を注入すること、前のヒアルロン酸がある程度なくなってから追加注入することで避けられます。

また、ヒアルロン酸注入によって不自然に盛り上がったり、パンパンな状態となる「ヒアル顔」にならないか心配される方がいらっしゃいますが、パンパンになるにはそれなりの注入量が必要となりますので、適量を守っていれば心配ありません。

顔全体のバランスが悪くなる

一部位だけにヒアルロン酸を打ち続けた場合、全体のバランスが悪くなり不自然になるケースがあります。小じわが気になりだす30代に比べ、40代、50代と年齢を重ねるごとにお顔は全体的にボリュームダウンしていきます。例えば、ほうれい線のみに繰り返しヒアルロン酸注入をしても、頬や口周りは徐々にたるんでいきアンバランスとなることがあるのです。

当院では、年齢変化を予想しつつ全体のバランスを考慮して注入ポイントを決めていきます。また、患者様の輪郭や骨格に着眼点をおき、たるみやシワを根本から治療できる施術プランもお選びいただけます。

鼻が横に広がる

鼻を高くするためのヒアルロン酸注入では、入れすぎるとヒアルロン酸が横に流れて広がってしまうことがあります。ヒアルロン酸の種類が適していない場合は、特に起こりやすい傾向があります。一定量を超えない限りは広がることはありませんので、前のヒアルロン酸が吸収されてから適量の注入を行うことで回避できます。

ヒアルロン酸をどんどん打ちたくなる

初めは効果を感じていたのに、繰り返し施術をする際に見慣れてしまい、効果を感じにくくなることがあります。そうすると、ヒアルロン酸の効果がまだあるのに、どんどん打ちたくなる方がいらっしゃいます。ヒアルロン酸は、注入量が多いほど高い効果が現れるわけではなく、キレイな仕上がりを保つためには適量を打つことが大切です。

更なる効果を求めるあまりに打ちすぎてしまい、不自然な仕上がりになるケースもありますので、追加注入の際は、医師のアドバイスをしっかり聞くこともヒアルロン酸の打ちすぎを防ぐためには重要と言えます。

打ち続けたときのメリットは?

デメリットばかりがクローズアップされがちですが、繰り返すことによるメリットもあります!

効果が長持ちする

ヒアルロン酸は、注入後時間の経過とともに徐々に体内へ吸収されていきます。でも、効果がなくなったと感じるタイミングであっても、全てのヒアルロン酸が完全に吸収されてなくなっているわけではありません。追加注入の際は、残っているヒアルロン酸が土台となるため、吸収されにくくなります。ですから、繰り返し注入では、効果が長続きし施術間隔が徐々に長くなります。逆に、初めてヒアルロン酸注入を受ける方は、比較的ヒアルロン酸が早く吸収される傾向があります。

プライベートスキンクリニック(PSC)のヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注射(しわ・たるみ治療)
ヒアルロン酸注射(しわ・たるみ治療)
ヒアルロン酸注射でリフトアップも!たるんでしまったお顔の靭帯をヒアルロン酸で補強し若々しいお顔へ!ほうれい線・ゴルゴ線などのシワや凹みの改善にも最適です。さらに、こめかみや額・鼻・唇・涙袋に注入するこ...

プライベートスキンクリニック(PSC)では、解剖学を熟知した医師が患者様の状態を見極め適量のヒアルロン酸を適切な箇所・層に注入しますので、繰り返し施術におけるデメリットの心配はありません。ご希望の仕上がりに近づけるため、注入時は患者様に鏡でチェックしていただきながら注入量を調整していきます。また、しこりやチンダル現象などのリスクも的確な層に少量ずつ注入することで回避できますので、安心して受けていただけます。

当院は、アラガンビューティーアワード2年連続受賞中!安全性・有効性の高いヒアルロン酸「アラガン社のジュビダームビスタシリーズ」を主に使用しています。製剤はいくつか種類がありますので、注入部位とご希望のデザインに適した性質のヒアルロン酸による施術プランをご提案させていただきます!「美容医療の口コミ広場」にて、【ヒアルロン酸注入(シワ・たるみ治療)】カテゴリ大阪エリア総合満足度No1の実力です!

まとめ

ヒアルロン酸を打ち続けた際のメリットとデメリットをご紹介しました。ヒアルロン酸は繰り返し注入での副作用はなく、また、ヒアルロン酸は何度も打っても、注入量が適切であればデメリットを気にする必要はありません。ですから、デメリットを回避するためにはクリニック選びがとても重要だと言えます。また、打つ頻度はヒアルロン酸が吸収されるスピードに合わせること、注入量は医師としっかり相談することも大切です。

大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりのお悩みに向き合い、適切な施術プランをご提案いたします。ヒアルロン酸注入をご検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ