気になる目の下の線・・もしかしてゴルゴライン?

今回は、老け見えの原因となる「ゴルゴライン(ゴルゴ線)」ができる原因と治療法をご紹介します。老け顔の要因となる顔のシワや凹み。中でも存在感が強くほうれい線と並んで気になるのが「ゴルゴライン」です。メイクで隠そうとしてもなかなか難しい部位ですよね。そんな、「ゴルゴラインのせいで、老けてみえる。。」とお悩みの方には、美容クリニックでの治療がおすすめです。ヒアルロン酸注入やハイフ(HIFU)を受けることで、ゴルゴラインが改善されスッキリとした顔立ちを取り戻すことができます。ゴルゴラインが気になる!と検討中の方は、是非ご覧くださいね!

ゴルゴライン(ゴルゴ線)とは?

ゴルゴラインとは、目頭から頬の中央部分に斜めに入る線のことで、正式名称は「ミッドチークライン」と言います。有名な漫画「ゴルゴ13」の主人公の顔にこの線が描かれていたことから「ゴルゴライン」や「ゴルゴ線」と呼ばれるようになりました。

一見、シワに見えますが、実際は皮膚にできる「くぼみ」や「溝」です。加齢により悪化する方が多く、目立ってくると、老け顔や疲れ顔にみえるのが特徴です。30代くらいから気になりだす方が多く、年齢を重ねることでラインが深くなる傾向があります。

ゴルゴライン(ゴルゴ線)の原因

ゴルゴライン(ゴルゴ腺)の原因は、表情筋の衰え、加齢による肌のハリ・弾力低下、脂肪の減少、生まれつきなど様々です。一度できてしまうと解消することが難しいゴルゴライン(ゴルゴ線)。骨格や皮脂の分布によって、ゴルゴラインが目立ちやすい人、そうではない人がいると言います。では、なぜゴルゴラインができるのでしょうか?その原因について詳しくみていきましょう。

表情筋の衰え

顔にはさまざまな筋肉があります。その中でも、目の周りの筋肉(眼輪筋)や頬の筋肉(下眼瞼筋、上唇挙筋、小頬骨筋)が衰えボリュームダウンすることで、筋肉同士の境目部分の隙間が目立ちやすくなり、ゴルゴラインが出現します。

表情筋が衰える原因

  • 加齢によるもの
  • スマートフォンやパソコンの長時間使用による眼精疲労
  • 無表情

などが原因と考えられています。

加齢だけが、表情筋の衰えにつながるわけではないということです。スマートフォンやパソコンによる目の酷使や無表情の状態が長く続くと、表情筋を動かすことが減り、筋力の低下につがなります。また、顔の血流が悪くなることで新陳代謝が低下し、たるみやくすみもでやすくなります。これらの要因が重なり、徐々にゴルゴラインが目立つようになっていきます。

加齢による肌のハリ・弾力低下

加齢により、肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が減少し、肌のハリや弾力が低下していきます。頬の肌がボリュームダウンすることで、ゴルゴラインが目立ちやすくなります。

脂肪の減少

年齢を重ねることで、顔は全体的にゴツゴツした印象になりますよね。それは、ズバリ顔面の脂肪量が減るからです。若い頃はふっくらしていた頬の脂肪が徐々に減少していくことで、ゴルゴラインが目立ちやすくなっていきます。

生まれつき

骨格や脂肪の付き方によっては、若い頃からゴルゴ線があるという人もいます。特に、目元の脂肪が少ない方や皮膚が薄い方は目立ちやすいといわれています。

ゴルゴライン(ゴルゴ線)の治療法

ゴルゴラインを改善するには、どうすればよいのでしょうか?誰しも真っ先に思いつくのは、セルフケアですよね。ゴルゴラインのセルフケアとして一般的な方法は、

  • 美容液
  • マッサージ
  • 美顔器

などの方法がありますよね。実践されている方もいると思います。もちろん、セルフケアによって肌の弾力の改善や表情筋の回復など、ある程度の効果は期待できる可能性があります。ですが、「大きな変化は実感できない」という方が多いのも事実。。確実に改善するなら、美容医療による施術がおすすめです!ゴルゴラインの治療では、「ヒアルロン酸注入」や「ハイフ(HIFU)」などの施術法があります。

ヒアルロン酸注入

頬の溝部分に、ヒアルロン酸を注入する方法です。頬がふっくらとし、引き上げられることで、ゴルゴラインが目立たなくなります。ゴルゴラインは、ほうれい線の治療とセットで行われることが多い部位です。当院では、たるみ、輪郭、骨格の状態を考慮し、顔全体を自然にリフトアップできる、ヒアルロン酸リフトもご提供しております。
ヒアルロン酸注入について詳しくはこちら

リスク・副作用

むくみ、腫れ、内出血がでることがあります。

ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)は、高密度の超音波を使って、肌のたるみを改善する治療法です。肌表面にダメージを受けることなく、熱による肌の引き締め・引き上げをすることができます。従来、外科手術でしかアプローチできなかった肌の土台部分「SMAS層」に照射できることで、根本的なたるみ治療が行えます。

当院では、ウルトラセルというハイフマシンを使用しています。ウルトラセルは、カートリッジを変更することで、お肌の浅い層から深層まで照射深度を変えることができ、毛穴やシワ、たるみなど、さまざまなお悩みに対応できます。深層(SMAS層)へのアプローチをすることで、

  • ゴルゴライン
  • ほうれい線
  • 目の下のたるみ
  • 二重アゴ
  • 小顔効果

などの改善効果が期待できます!
ハイフについて詳しくはこちら 

リスク・副作用

肌に赤みがでることがありますが、数時間で治まる方がほとんどです。ダウンタイムはほぼなく、当日からメイクが可能です。

ゴルゴラインのまとめ

老け顔に見える「ゴルゴライン(ゴルゴ線)」ができる原因と美容医療による治療法についてご紹介しました。ゴルゴラインは、生まれつきできやすいタイプの人もいるようですが、加齢が要因となるケースが多いことがわかりましたね。生活スタイルによっても悪化する可能性がありますので、食事や姿勢、スキンケアなども日々意識することが大切です。

ゴルゴラインにお悩みという方は、美容医療に頼る選択肢も是非検討してみてください!大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様のお悩み、症状に合った施術をご提案しています。ゴルゴラインでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医