夏に濃くなる!?シミの原因

こんにちは♪

プライベートスキンクリニック枚方院です(*´▽`*)

夏は海やキャンプやバーベキューなど、外でのレジャーが楽しい季節♪しかし、油断していると夏の終わりにお肌のシミが濃くなり悲しい気分で秋を迎えることになるかもしれません(´;ω;`)

夏にシミが濃くなる原因とは、強い紫外線に当たると、お肌はメラニンという色素を作り出し紫外線ダメージからお肌を守ろうと働きます。

実はこのメラニンがシミの原因となってしまう元。

長い間紫外線を浴び続けるとメラニン肌が蓄積され、夏の終わりには肌のシミが濃くなってしまう恐れがあるのです!!!

シミ?

秋になって紫外線量が少なくなると蓄積され濃くなったシミも、ターンオーバーにより少しずつ排出されて元の肌に戻っていくのが普通です。

しかし、ターンオーバーの乱れやメラニン過剰な生成がそのまま続いてしまうと、シミが薄くならずそのまま残ってしまう危険も”(-“”-)”

 

ターンオーバーが乱れると代謝によってメラニンを排出することが難しくなりますし、著用時間肌の表皮に溜まり増えていくメラニンの一部は、皮膚の奥の真皮にまで沈着してシミを改善しにくくしてしまいます。

 

夏に濃くなるのはどんな種類のシミ??

老人性色素沈着

 ハッキリとした褐色や黒色のシミで米粒大から数センチくらいのサイズのものです。

 紫外線が原因によるシミで、鎖骨や手の甲などの紫外線を浴びる部分にできやすいシミです。

 

雀卵斑

 いわゆる【そばかす】と呼ばれるこのシミは頬や鼻の周りによく見られ、3~5㎜程度の小さな茶色の斑点が現れるもの。原因としては、遺伝的な要素が強いものの、紫外線を浴びることで悪化してしまう危険があるので注意が必要です。

 

炎症性色素沈着

 ニキビや火傷・怪我など、皮膚に炎症が起こった後にシミになるもの。

虫刺されやムダ毛処理の色素沈着もこのシミに分類され、ターンオーバーにより薄くなります。しかし、炎症が悪化したり、紫外線などの影響を受けることで色が濃くなってしまうことも。

 

シミを濃くしない為のケア方法

シミを濃くしない為には、肌のメラニン濃度を下げることがもっとも大切な要素。

その為に必要なのは、紫外線対策です!!!

日焼けを塗るのはもちろん良い方法ですが、乳液や化粧下地にもUVカット効果のあるものを利用して塗り忘れを防ぎましょう(^_-)-☆

日焼け止め対策

日傘や帽子・手袋などを併用するのも効果的です!!

また、過剰なメラニン生成を抑えるビタミンCの配合されたコスメやサプリメントを利用したり、ターンオーバーを促してくれるビタミンAなどを積極的に取り入れるのもオススメ(^^♪

睡眠や栄養などにも気を使いストレスを緩和してあげるなどの生活を見直すケアも、メラニン生成を正常にし、ターンオーバーを促すために大切な1つです!

 

家の中にも入ってくる紫外線、気を抜かない「しっかりケア」を継続して夏の日差しを思う存分楽しみましょう(*´▽`*)♪

夏の紫外線

お問い合わせはお電話、HPのメールにて受け付けております♪

 

また、初診料が無料になるLINE登録を事前に済ませておくと、お得な情報や限定クーポンも配信しております(*^-^*)★

是非お友達追加してみてくださいね♪

PSC枚方院LINEアカウントはこちら→ @vsq0518s

 

PSC枚方院のインスタグラムでは、随時お得な情報・美容情報を更新しております★

是非フォローください♪

 

 

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

無料カウンセリング・お問い合わせ

ご予約はこちら お問い合わせ