脂肪溶解注射で後悔しないためのポイントを医師が解説!

「お顔や体の部分痩せはしたいけど、メスを入れるような大掛かりな施術はしたくない」
そんな方におすすめなのが、脂肪溶解注射です。
脂肪溶解注射は、専用の薬剤を使って余分な脂肪を溶解して体外へ排出させる施術です。打った部位の脂肪が少しずつ減少していき、自然な部分痩せ効果が期待できるんです。
でも、「脂肪溶解注射は効果がない」という噂を耳にすると、誰だって心配だと思います。施術を受けるのであれば、どの程度の効き目がある施術なのか、きちんと知っておきたいですよね。

そこで、本日は脂肪溶解注射が効果がないと言われる理由と、後悔しないためのポイントについて詳しく解説します。
部分痩せがしたい方、脂肪溶解注射をご検討中の方、必見です。

脂肪溶解注射の適応とは?

脂肪溶解注射の適応とは?

脂肪溶解注射は、お顔や体の部分痩せに有効であり、しっかりと効果が得られる施術です。ただし、条件によっては、効果を感じやすい場合とそうでない場合があります。「効果が実感できない」とされるケースでは、脂肪溶解注射が適していない場合や、施術回数不足、使用量が不足の場合、効果が出現するまでのタイムラグ、薬剤の種類による効果の違いなどが理由として考えられます。

広範囲のダイエットには向かない

広範囲の脂肪除去をご希望の方は、効果が不十分だと感じる可能性があります。脂肪溶解注射は、1度に多量の薬剤を注入しすぎると腎臓に負担がかかるため、体への影響を考慮して注入量を決める必要があり、除去できる脂肪量が限られています。
体の痩身をご希望の場合、お腹や太ももなど一定量以上の脂肪を減らしたい方には脂肪吸引注射や脂肪吸引、GLP-1ダイエットなど別の施術をおすすめします。

脂肪が少なすぎる方

もともと脂肪量が少ない方は、溶かす脂肪もあまりないため、変化を感じにくい可能性があります。

施術回数が足りていない

1回の施術でも効果は実感できますが、脂肪減少量は少ないため、あまり変化がないと感じてしまうかもしれません。
脂肪溶解注射は、1回の施術で得られる効果はマイルドであるため、一般的に施術を繰り返して、徐々に脂肪を減らしていきます。目安として3~5回の施術をおすすめしています。何回の施術が必要となるかは、使用する薬剤と除去したい脂肪量で変わります。

効果が出るまでに時間がかかる

薬剤の効果はゆっくりと現れます。薬剤注入部の脂肪細胞が溶けて排出されるまでには時間がかかるため、即効性はなく、施術直後すぐには効果を実感できません。
使用する製剤によって、効果が出るまでの時間に差があります。

薬剤で効き目が違う

脂肪溶解注射の薬剤は、主にデオキシコール酸の濃度により複数種類があります。1回の施術で得られる効果は、薬剤によって差があります。特に、腫れや痛みの症状を極力抑えた薬剤を使用した場合、思っていたよりも1回あたりの効果が小さいと感じる可能性があります。

腫れやむくみがでている

施術後の症状として、腫れやむくみが出ている間は、痩身効果はわかりにくくなります。腫れやむくみは、時間の経過と共に改善します。

体重が減らない

脂肪溶解注射は、体重は大きく変化しないという特徴があります。お顔の場合は、溶解される脂肪の量がそもそも少ないのが理由です。ボディの場合、見た目のサイズダウンに伴い多少の体重減少は可能ですが、脂肪は比重が軽いため、体重は大きく減少しません。

脂肪溶解注射の種類

脂肪溶解注射の種類

当院の脂肪溶解注射(メソセラピー)では、3種類の薬剤を扱っています。いずれも、お顔、ボディの部分痩せに有効です。薬剤は効果が高いものほど、腫れや痛みがでやすい傾向があります。
お顔は、頬や顎下、フェイスラインの脂肪に注入可能で、二重アゴの解消や小顔効果が得られます。ボディは太ももやお腹、ヒップを含めた脂肪が付きやすい各部位に注入可能です。理想のボディラインに徐々に近づいていきます。

ファットエックスコア(FatX core)

脂肪分解作用の高いデオキシコール酸を1%と高濃度配合しており、少ない回数でも効果を実感しやすい製剤です。痛みや腫れは、比較的生じやすい傾向があります。
また、除去された脂肪細胞の一部がコラーゲン代替されるため、脂肪除去後の肌のたるみを防ぐ働きも期待できます。
・施術回数の目安:3回程度(4週間毎)

チンセラプラス

デオキシコール酸を0.8%配合した製剤です。脂肪溶解効果が高く、腫れは多少でますがダウンタイムは抑えられています。
・施術回数の目安:3回程度(4週間毎)

カベリン

デオキシコール酸を0.5%配合した製剤です。施術後の腫れが少ないため、ダウンタイムを極力抑えたいという方におすすめです。
ファットエックスコアやチンセラプラスに比べると、1回あたりの効果はよりマイルドとなりますが、その分、回数を重ねることでナチュラルな痩身効果が得られます。
・施術回数の目安:3~5回程度(1~2週間毎)

脂肪溶解注射で失敗しない・後悔しないためのポイント!

脂肪溶解注射で失敗しない・後悔しないためのポイント!

脂肪溶解注射がどのような施術であるのか、理解したうえで選択することが大切です。効果の範囲や通院回数、ご自身に合った施術であるかもカウンセリングを活用してしっかり確認しましょう。

効果の範囲を理解する

部分痩せがご希望の方で、施術回数を重ねて徐々に脂肪を減らしていく施術です。
除去したい脂肪が多く広範囲に及んでいて劇的な変化を求める方、1回の施術での完了や即効性を求める方は、物足りないと感じてしまいます。脂肪溶解注射の特徴や効果を確認のうえ、施術を決めましょう。

薬剤の選択

どの薬剤を選ぶかで、1回あたりの部分痩せ効果と副作用の強さが変わります。ご自身の希望にマッチする製剤を選びましょう。

施術回数と費用を確認する

複数回の施術を重ねるため、定期的に通院が必要となります。施術回数は、製剤の種類によって異なります。
また、1回あたりの価格設定が低めであっても、複数回施術を受ければ、それなりに費用がかさみます。目安となる施術回数とトータルコストを事前に確認しておきましょう。

ダウンタイムはある

比較的受けやすい施術とされていますが、ダウンタイムはゼロではありませんし、予想よりも長引く場合もあります。
施術後は、赤み、腫れ、むくみ、筋肉痛のような痛み、内出血等の症状が出る可能性があります。症状は、数日~1週間程度で治まります。薬剤の種類によって、ダウンタイムの期間の目安は異なりますが、患者様の体質やその時の体調、薬剤の注入量によっても差が生じます。
特に1回目の施術時は、どの程度の症状が出現するかわかりませんので、大切な予定の前は控えて、余裕をもった日程で受けましょう。

クリニック選び

注入量が少なすぎれば効果はでにくくなりますし、取ってはいけない脂肪に薬剤を打ってしまうと老けた印象になる可能性もあります。肌の状態を考慮せずに多くの脂肪を除去すれば、たるみが目立ってしまうケースもあります。
患者様のお顔の構造や脂肪量、ご希望を踏まえて、注入位置や量を調整する必要があるため、ドクターのデザイン力や技術力、経験値によって、仕上がりに差が生じる可能性があります。信頼できるクリニックを選びましょう。

カウンセリングを活用

患者様の理想とする仕上がりを、正確に医師に伝えましょう。また、施術回数や必要となる金額についても事前に確認しましょう。

  • 治療内容
  • アフターケア
  • 効果
  • 施術回数の目安
  • 全体で必要な費用
  • デメリット等の詳細
  • 不安要素

生活習慣を見直して脂肪溶解注射の効果を高める

脂肪溶解注射は、脂肪細胞が破壊されて減少するため、リバウンドしにくい施術です。ただし、体重が劇的に増えると、脂肪細胞の数が減っても、細胞自体が大きくふくらみますので、ボディラインに影響がでてしまう可能性があります。
部分痩せの効果を長く持続させるためには、適度な運動とバランスの良い食事を取り入れるのが効果的です。

他の選択肢も確認する

お顔や体の部分痩せには、脂肪溶解注射の他にも、「脂肪吸引注射」や「脂肪吸引」による施術があります。また、体重を減らすダイエットをご希望の方は、GLP-1ダイエット等の別の施術をおすすめします。
お肌の状態やお悩みによっては、他の治療を併用する選択肢もあります。
ご自身が目指すゴールによって、適した施術が変わりますので、どこを目指すのか、どの施術が適しているのかよく検討しましょう。

脂肪吸引注射

当院では、脂肪吸引注射も扱っています。脂肪吸引注射は、極細の針を使って脂肪を吸引・除去する施術です。メスを使わず注射器のみの使用ですので傷跡の心配がなく、1回で高い効果が得られます。

まとめ

脂肪溶解注射で後悔しないためのポイントについてご紹介しました。
脂肪溶解注射は、脂肪減少効果が高く、お顔やボディの部分痩せに有効な施術です。自然な引き締め効果が得られますので、周囲にバレずに施術をしたい方にもおすすめです。

脂肪溶解注射を後悔なく効果的に活用するには、施術の内容を把握していただくことと信頼のおけるクリニック選びが大切です。
当院では、解剖学を熟知した医師が施術を行いますので、安心して受けていただけます。狙った脂肪を確実に減らして、スッキリとしたフェイスラインやボディラインを目指せます。是非ご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
お顔やボディの部分痩せをご希望の方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

脂肪溶解注射で後悔しないためのポイントを医師が解説!について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.脂肪溶解注射ができない人は?

糖尿病、甲状腺亢進症の方、妊娠中・授乳中、妊活中の方は、治療を受けられません。また、薬剤の種類によっては、特定の物質に対しアレルギーのある方も治療を受けられない可能性があります。

Q.脂肪溶解注射の効果はどのくらいもつ?

脂肪溶解注射は、半永久的な効果が期待できます。製剤の働きで、脂肪細胞を破壊して数を減らすため、リバウンドしにくい施術です。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長安形省吾

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

医療法人優聖会最高顧問 井畑 峰紀

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

所属

平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職

略歴

SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ