いちご鼻は一生治らない?原因や悪化させないためには?

いちご鼻は一生治らない?原因や悪化させないためには?
こんにちは!プライベートスキンクリニックです!

いちごの表面のようにブツブツと黒い毛穴が目立ついちご鼻。
メイクで隠そうとしても逆に際立ってしまうし、一生懸命ケアをしても改善するどころか悪化しているのでは?と諦めかけている方もいると思います。

そこで、本日は、いちご鼻の原因や悪化させない方法、いちご鼻に効果的な治療法をご紹介します。
いちご鼻が気になっている方、治したい方、要チェックです!

いちご鼻になる理由は2タイプ!

いちご鼻になる理由は2タイプ!

毛穴が黒ずんで目立つ状態となるいちご鼻には、タイプ別に2つの原因があります。
毛穴が詰まってブツブツ、ザラザラする「詰まり毛穴」と、色素沈着によって黒くポツポツと見える「メラニン毛穴」です。
両方のタイプが混在している場合もあります。

詰まり毛穴

毛穴に詰まった角栓が酸化して、黒く盛り上がった状態です。
触れるとザラザラ、ブツブツしています。

角栓は、角質と皮脂が混ざり硬くなったものであり、一度できてしまうと取り除くのが難しいため、そのまま毛穴に留まり酸化して黒くなっていきます。

頑固な毛穴詰まりができるのは、以下のような理由からです。

  • 肌のターンオーバーの乱れで角質が剥がれ落ちにくくなり詰まりやすくなる
  • 皮脂の過剰分泌によって詰まりやすくなる
  • 毛穴汚れの蓄積で詰まりやすくなる

色素沈着(メラニン毛穴)

毛穴の詰まりによるいちご鼻以外にも、ポツポツとしたタイプのいちご鼻もあります。

毛穴の出口にメラニン色素が沈着して黒く見えるのがメラニン毛穴です。
ザラザラ感はないのに、毛穴が黒く目立ちます。

メラニン毛穴は肌への刺激が原因となります。

  • 紫外線による刺激
  • 摩擦による刺激

また、毛穴に詰まった角栓が酸化してメラニンが増えるケースもあります。

いちご鼻は一生治らないってホント?

いちご鼻が悪化しやすく治りにくいのは、ケアが難しいからです。
適切なケアや治療を行えばいちご鼻の悪化は防げますし、改善も可能です。
「いちご鼻が一生治らない!」なんてことはありません!

いちご鼻の改善には、「毛穴の洗浄」と「毛穴の引き締め」が必須です。
どんなにケアをしても、この二つの条件が揃わないと脱いちご鼻は叶わないのです。

また、メラニン毛穴によるいちご鼻の場合は、メラニンケアも必要です。

毛穴が開きっぱなしでは改善しにくい

詰まった角栓を取り除いても、毛穴が広がっていると、すぐに毛穴詰まりが再発します。
毛穴の開きが解消されない限り、汚れを落とすだけではいちご鼻を改善するのは難しいのです。

汚れを除去しても毛穴が開ききったままという方は、毛穴の引き締め対策も必要となります。

熱心な毛穴ケアは逆効果

毛穴汚れを落とそうと間違った毛穴ケアをしてしまうと、肌が乾燥して逆に毛穴が詰まりやすくなったり、肌に刺激を与えてメラニン毛穴ができてしまうケースもあります。

いちご鼻を悪化させないための対策

まずは、ご自身のいちご鼻がどのタイプか見極めましょう。
毛穴詰まりを起こしているのか、毛穴の出口が黒ずんでいるのか、または両方のタイプが混在しているのかで対策が異なります。

ブツブツ、ザラザラしている方は、毛穴の汚れと引き締め対策を、ザラザラ感がない方は美白対策を行いましょう。

毛穴の汚れにはスペシャルケアを!

日々のクレンジングや洗顔だけでは落としきれない毛穴汚れ対策には、クレイや酵素などを活用したアイテムを定期的に取り入れることが効果的です。

  • クレイ洗顔、パック
  • 酵素洗顔、パック
  • オイルクレンジング
  • ホットクレンジング
  • スチーマー
  • クレンジングや洗顔前の蒸しタオル
  • ピーリングなどの角質ケア

クレンジングの使い分けと頻度が大切

メイクをされている方は、毎日のクレンジングが必要です。
ただし、洗浄力の強いクレンジングを活用する場合は、毎日使用するとお肌に負担がかかる可能性があります。
毛穴ケアとしてよく使用されるのが、オイルクレンジングです。洗浄力が高く、皮脂汚れはよく落ちますが、その分お肌の潤い成分も奪われやすくなります。

皮膚が弱い方でなくても、潤い成分が徐々に失われると、肌の乾燥が進み、逆に皮脂が出やすくなるケースもあります。
ですから、洗浄力の強いクレンジングを選ぶ際には、注意が必要です。

  • 保湿成分が含まれているものを使用する
  • 肌トラブルが起きないものを使用する
  • 毎日ではなく、週1~2回など使用頻度を下げる

など、肌質やお肌の状態に合わせて成分を選ぶか、スペシャルケアとして取り入れる工夫をしましょう。

おすすめのクレンジング

保湿と収れん化粧水

肌の乾燥を防ぐために、化粧水や美容液、乳液、クリームなどを使って保湿を徹底しましょう。
また、収れん作用のある成分が含まれている化粧品の使用で、毛穴の引き締めや皮脂の分泌抑制効果が期待できます。

おすすめの化粧水

紫外線対策

日焼け止めクリームや化粧下地、ファンデーションを使用し、紫外線による肌へのダメージを防ぎましょう。

美白ケア

メラニン対策として美白化粧品を取り入れましょう。
薬用化粧品もしくは医薬部外品の使用がおすすめです。

いちご鼻が悪化するNG行動

良かれと思って行っているケアが、逆にいちご鼻を悪化させる可能性があります。

指で詰まった角栓を押し出す

指で押して角栓を除去しようとして肌に傷がつくと、色素沈着の原因となります。
また、毛穴への強い刺激は、毛穴の開きを悪化させる可能性があります。

毛穴パック

貼って剥がすタイプの毛穴パックは、剥がす際に肌に傷がつきやすく色素沈着や乾燥を引き起こす可能性があります。

ゴシゴシケアや強すぎるケア

汚れを落としたいからと言って、クレンジングや洗顔時にゴシゴシ洗うのはNGです。
お肌に刺激を与え色素沈着の原因となるほか、乾燥が進む可能性もあります。

また、スペシャルケアとして自分でできるピーリング剤を使用されている方もいるかと思います。
ピーリングはお肌に負担がかかりますので、頻度を守って使いましょう。

乳液を使うといちご鼻が悪化する?

肌の乾燥は皮脂の分泌を促し、ターンオーバーの乱れにもつながりますので、いちご鼻対策として化粧水や乳液などを使った保湿は、必要不可欠なケアと言えます。
ただし、保湿のしすぎは、毛穴にとって逆効果となるケースがあります。

保湿剤使用後にベタつきが強いと感じるのであれば、肌の状態に合っていない可能性があります。
お肌の水分量は人それぞれですし、お顔の部位や季節によっても分泌される皮脂量は変わります。
化粧品は、サッパリタイプから高保湿のものまでさまざまですので、肌に合ったものを使用することが大切です。

きちんと潤いながらも、ベタつきすぎないものを選びましょう。

おすすめの美容液

いちご鼻を解消する治療法

「いちご鼻がなかなか改善しない…」とお悩みの方には、美容クリニックや美容皮膚科での治療がおすすめです。
セルフケアとの大きな違いは毛穴の開きにアプローチできる点です。

ハイドラフェイシャル

水を使用したピーリングです。
水流の力で毛穴の奥まで洗浄ができ、毛穴の黒ずみを改善します。

毛穴の開きに有効なダーマペンを組み合わせることで、いちご鼻の改善に、より効果的です。

ケミカルピーリング

いちご鼻の原因となる角栓を溶かして除去するピーリングです。
古い角質が除去され肌のターンオーバーが整うので、毛穴の黒ずみ、開きの改善効果があります。

ダーマペン4

針で皮膚に穴をあけて有効成分を浸透させる治療法です。
肌が持っている自然治癒力を活かし、コラーゲンやエラスチンの生成によりお肌の再生が促されます。

毛穴の開きの改善に効果的です。

まとめ

いちご鼻の原因と対策についてご紹介しました。
いちご鼻の改善は、確かに難しいのですが、決して治らないわけではありません。

そもそも、毛穴ケアは時間がかかります。
セルフケアでは毛穴開きの改善が難しいと感じている方は、美容皮膚科での治療も是非ご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
いちご鼻でお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

いちご鼻は一生治らない?原因や悪化させないためには?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.いちご鼻はどうしたら治りますか?

毎日のお手入れで落ちない汚れは、クレイや酵素洗顔などのスペシャルケアを取り入れるのがおすすめです。毛穴を引き締める収れん化粧水も活用しましょう。毛穴開きの改善には美容医療がおすすめです。

Q.メラニンの沈着によるいちご鼻の治し方は?

メラニン対策とお肌のターンオーバーを促すことが大切です。保湿剤と美白化粧品の使用や紫外線対策を徹底し、お肌によい生活習慣を心がけましょう。

Q.いちご鼻の洗顔方法は?

洗顔石鹸をよく泡立てて優しく洗います。ぬるめの温度ですすぐのがポイントです。
洗顔、すすぎ、タオルでの拭き取りまで、顔を擦らずに軽く触れることを心がけましょう。
ゆっくり優しくを繰り返すことが、いちご鼻予防にとって重要です。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ