ケミカルピーリングでにきび治療

みなさんこんにちは(^^)/

めっきり寒くなりましたね。風邪などひかないように気を付けて下さいね (‘ω’)

 

本日はにきびのピーリングについてお話したいと思います。

当院のピーリングはケミカルピーリングがあります。

ケミカルピーリングとは

皮膚は通常約28日周期で細胞が入れ替わって新しい皮膚を作り出すターンオーバー(肌の生まれ変わり)が行われています。加齢や生活習慣、紫外線の影響などで生まれ変わりが正常に行われなくなることでシミやしわ、くすみ、キメ、にきびなどのさまざまな症状を引き起こしてしまいます。このような肌のターンオーバーを正常化させる治療がグリコール酸を使ったケミカルピーリングです。にきびやにきび跡の治療には効果がかなりあると思います。ケミカルピーリングには2種類ありグリコール酸とサリチル酸があります。

グリコール酸とサリチル酸の違い

グリコール酸は2週間に1回くらいを目安にします。分子量が小さく水に非常に溶けやすい性質があり、皮膚の浸透性が高いことが特徴です。サリチル酸は4週間に1回、にきびがひどい人は3週間に1回くらい来てもらっています。サリチル酸はピーリングが終わった後12時間ほどお化粧が出来ません。角質除去と皮脂分泌のコントロール力に優れており、にきび治療に優れた効果を発揮します。ケミカルピーリングは、酸によって古い角質層を剥がしていく施術です。そのため、施術直後は角質層のバリア機能が一時的に低下してしまうので、肌が乾燥しやすかったり紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。ですので外に出るときはしっかり紫外線対策してもらうのと、いつも以上に保湿をしっかりしてください(^^♪

にきびは自分でつぶすと跡になって残ってしまいます。炎症性の白くなっているにきびは面皰圧出をおすすめします。器具を使ってしますので自分でにきびうをつぶす前にご来院ください。

女性だけでなく男性でもにきびに悩まれてる方はたくさんいらっしゃると思います。当院は男性の患者様もたくさん来られますので、にきびにお悩みの方は一度カウンセリングにご来院ください。

ケミカルピーリングについて詳しくはこちら

 

 

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

無料カウンセリング・お問い合わせ

ご予約はこちら お問い合わせ