顔が大きいのは改善できる?

「わたしの顔って、大きい?」写真に写る自分の顔を見て、「友人に比べてあきらかにでかい!」とガッカリしたことはありませんか?コンプレックスを抱えていても、「顔の大きさを変えるのは難しいし。。。」と諦めている方もいらっしゃると思います。

そこで、本日は顔の大きさの基準と特徴、改善法について詳しくご紹介します。小顔に憧れている方必見です!

顔の大きさの基準とは?

まずは、「顔が大きい」と言われる基準を見ていきましょう。どのくらいのサイズであれば「顔が大きい」のか?また、サイズ以外の理由で顔が大きく見えるケースについても解説していきます!

「顔が大きい」の定義は何センチから?

産業技術総合研究所 の「日本人頭部寸法データベース2001」によると、頭の大きさの平均は以下の値となっています。この値よりもあきらかに大きいという方は、顔が大きいかもしれません。全頭高は頭のてっぺんから顎までの長さ、頭幅は顔の横幅の一番長い部分です。

【日本人女性の顔のサイズの平均】
長さ(全頭高):21.8センチ
横幅(頭幅):15.3センチ

【日本人男性の顔のサイズの平均は】
長さ(全頭高):23.2センチ
横幅(頭幅):16.1センチ

(参照元:https://www.airc.aist.go.jp/dhrt/head/index.html

顔の測り方

顔の大きさの平均値がわかったところで、ご自身の顔のサイズもチェックしてみましょう。メジャーだけでは測りにくいのですが、「顔を挟むもの」を使用すれば、自分でも簡単に測ることができます。

縦の長さを測る際は、頭の上にノートやティッシュペーパーの箱など平らなものをのせて、鏡を見ながら”頭から顎までの長さ”を測りましょう。横幅も同様に両側の耳にティッシュの箱などを当てて測ります。テーブルの上に箱を2つ置き、顔を挟みましょう。顔のみ持ち上げて、”箱と箱の間の長さ”を測ります。引き戸が家にある方は、ドアに顔を挟んで横幅を計測することも可能です!

頭身によって顔が大きく見える

顔が大きく見えるのは、顔の大きさのせいだけではありません。頭身の問題もあるんです。頭身とは、身長に対する全頭高(顔の長さ)の割合のこと。7頭身未満の方は、どうしても顔が大きく見えてしまいます。また、身長が低めの方は、顔の長さが同じでも頭身が小さくなりますので、顔が大きく見える傾向があります。

全体のバランス

同じ顔の大きさであっても、顔が大きく見える人もいますよね。これは他のパーツとのバランスによるもの。上述の頭身もその一つですが、その他にも肩幅が狭い人、痩せ型の人、小柄だけど顔のパーツ・目鼻立ちがくっきりしている人も顔がでかく見えます。逆に、肩幅が広い人、ガッチリ感がある人、ふくよかな人は、実際のサイズよりも比較的顔が小さく見えます。

なぜ顔が大きいの?その原因と特徴とは?

顔の大きさは、生まれつきの骨格だけが原因とは限りません。生活習慣や加齢なども大きさの原因となると考えられています。

遺伝・生まれつき

骨格や輪郭、エラ、額の広さなどは、親からの遺伝によって似てしまうことがあります。家族の中に顔が大きい人がいるのであれば、遺伝の可能性が高いと言えるでしょう。

エラが張っている

エラが張っていると、顔幅が強調されて顔が大きく見えます。生まれつきのケースもありますが、食いしばりや歯ぎしりなどのクセによってエラの筋肉(咬筋)が発達し、顔が大きくなることもあります。

エラボトックス
エラの張りを無くして小顔へ!韓国製ボツリヌス菌製剤32,780円~ボトックス注射は筋肉の動きを和らげる効果があるので、手軽にエラを小さくし小顔効果が期待できます。エラボトックス注射はプライベートスキン...

脂肪

顔に脂肪がついていると、どうしても大きく見えます。特に、顎に脂肪がつくとフェイスラインがもったりするせいで、大きさが強調されてしまいます。

むくみ

水分や塩分の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎなどの理由で顔がむくみやすい方は、顔が大きくなります。また、運動不足やストレスなどによる血行不良がむくみの原因となることもあります。

たるみ

肌のたるみによって頬の位置が下がることで、顔が大きく見えやすくなります。加齢や表情筋の衰え、急激なダイエットによる代謝低下などがたるみの原因となります。

ゆがみ

悪い姿勢、頬づえ、噛み癖などさまざまな癖によってゆがみが生じると、左右のバランスが悪くなり顔が大きく見えるだけではなく、血流が悪化しむくみやすくなります。

大きい顔を小さくしたい!有効な改善法とは?

大きい顔をなんとかしたい!という方におすすめなのが、簡単にできるセルフケア。顔のむくみ、エラのハリ、フェイスラインの脂肪など、ご自身のお顔の状態に合った対処法をお試ししてみましょう。

運動する

お顔に脂肪がついているという方は、適度な運動を行いましょう。時間はかかると思いますが、顔は比較的痩せやすい部位ですので、続けることでフェイスラインがスッキリしてきます。また、運動すると血流がよくなりますので、むくみ改善にも効果的です。

マッサージ

小顔マッサージも効果的です。むくみやたるみ改善には、頬、エラ、あご、首筋、鎖骨を重点的にほぐしリンパの流れをスムーズにするマッサージがおすすめです。一方、エラ張りの改善には咬筋をほぐすマッサージがおすすめです。

小顔矯正グッズ

小顔矯正器具やグッズを使用するのも一つの方法です。

  • 美顔器
  • 表情筋を鍛える器具
  • マッサージローラー
  • かっさプレート

などがあります。ご自身の原因に合ったもので使いやすいものを選びましょう。また、いずれも継続することが前提となりますので、長く続けやすいものを選ぶことが大切です。

顔を小さくみせる工夫・対策

小顔を手に入れるにはそれなりの継続が必要となりますので、今すぐ顔を小さく見せる対策についてもご紹介しますね!

姿勢を意識する

背筋を伸ばして姿勢をよくしていれば、身長も高く見えますので自ずと顔が小さく見えるようになります。

メイク

シェーディングを上手に使いこなしましょう。顔の長さが気になる方は、生え際にシェーディングを入れると短く見えます。横幅が気になる方は、頬から顎にかけて顔の側面にシェーディングを入れましょう。

ヘアスタイル・髪型

おでこをバーンとだしてしまうと、顔が長く大きく見えますよね。ですから、見えている顔の面積を減らすために、前髪を作ることが必須です。前髪は重くならないようフワっとさせるのがポイント!逆にぱっつん前髪は輪郭を強調させるため、顔が大きく見えてしまいます。

特におでこが広い方は前髪でカバーするだけで顔が小さく見え、かなり印象が変わります。エラが張っている方は、トップにボリュームを持たせたり、フェイスラインを包み込むようなシルエットにしましょう。

服装・ファッション

ハイネックのような首が詰まったものは顔の大きさが強調されるため、首元をあけてスッキリ見せましょう。鎖骨を見せるのがポイントです!また、縦のラインを強調した服装にし、目線を顔以外に向ける工夫をしましょう。長いネックレスや大きめのピアス・イヤリングも効果的です!

鮮やかな色やボリュームあるボトムス、デザイン性の高い靴など、印象的なコーデを取り入れることで顔の大きさが目立ちにくくなります。

まとめ

顔の大きさの基準と小顔になるための対策についてご紹介しました。「小顔になりたい!なんとかしたい!」とお悩みの方は、まずは、お顔を小さく見せる工夫を取り入れてみましょう。改善対策として、小顔マッサージや小顔矯正グッズなどの活用も挑戦してみてくださいね!

自己ケアでは改善が難しいと感じている方は、美容クリニックでの小顔治療も検討してみてはいかがでしょうか?小顔注射やボトックス注射、ヒアルロン酸注射、頬脂肪除去など、お悩みに合わせたさまざまな治療法がございます。大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりの症状に最適な施術プランをご提案いたします。

ヒアルロン酸注射(しわ・たるみ治療)
ヒアルロン酸注射は様々なお悩みを改善!リフトアップにも効果が高く、頬のたるみ、シワや凹みの改善にも効果的です。形成外科出身の医師が患者様に合ったヒアルロン酸・注入箇所・量をご提案いたします。ダウンタイ...

小顔治療についてご興味のある方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医