頬のたるみにヒアルロン酸注入☆

皆様、こんにちは(^^)/

9月に入り夏もそろそろ終わりを迎えそうですよね♪

夏が苦手な私は暑い日々が終わると思うと嬉しくなってしまいます!

 

本日は皆様の悩まれることが多いかと思う憎き頬のたるみについてお話しさせて頂きます(`・ω・´)

当院でも頬のたるみについて悩まれてカウンセリング来院される患者さんは多くいらっしゃいます。

シミ

頬のたるみが出来るメカニズム

・皮膚のコラーゲン減少

真皮は肌の弾力を保つコラーゲンと、それらのつなぎのような役割をするエラスチン、間を埋めるヒアルロン酸で構成されています。

コラーゲンは真皮の90%を占め、真皮を支える役割をしています。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が年齢と共に減少し繊維が切れたり細くなったりすることで、真皮を支えられなくなり皮膚はたるんでしまいます。

・表情筋、深層筋の低下

加齢に伴い顔の筋肉も低下していき、その上に位置する真皮や表皮、皮下脂肪を支えきれなくなることで頬のたるみが起こります。

・骨吸収

特に女性は閉経後の女性ホルモンの一種、エストロゲンが急速に減少することで骨のターンオーバーの周期を崩し骨密度が低下し、骨がやせ細っていく事は避けられません。

細くなった骨格に余った皮膚が重力の影響で下がってくることでたるみが発生。

顔のたるみは頭蓋骨が加齢に伴い痩せる事でも起こる。

上記のようにたるみの原因は1つでなく様々な要因があります。

当院では頬のたるみ改善治療として様々な治療があります

その中でも、認知度が高いヒアルロン酸注入での頬のたるみ改善が可能です!

ヒアルロン酸注入で頬のたるみ改善

ヒアルロン酸は、高い保水力で目や肌のうるおいを保ち、関節で潤滑油のような役割をもつヒアルロン酸を皮内、皮下に注入する治療。肌を持ち上げてシワやたるみを改善することができます。ヒアルロン酸は、もともと人体(皮膚・関節など)に含まれている成分ですが、そのままヒアルロン酸を注入してもすぐに吸収されてしまうため、架橋という加工を加え、徐々に吸収されるように調整されています。

頬へヒアルロン酸を注入することで、骨吸収によって減少した頬のボリュームをアップし、若々しい印象に!

アレルギーが生じることも殆どなく安全性が高い成分です。

 

施術時間も5~10分と短くお忙しい方にもお手軽に受けて頂けるかと思います(*^-^*)

ダウンタイムとしては針を刺すので施術後しっかりとクーリングはしますが、内出血のリスクはゼロではありません。そのため、熱いお風呂につかったり、アルコールを摂取すること等の血流を良くしてしまうことは当日に関しては控えて頂くようお願いいたします。

たるみ治療について詳しくはこちら

 

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

大阪美容クリニックページトップへ
ご予約はこちら