埋没法のダウンタイムの過ごし方

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニックです!今回は、二重埋没法のダウンタイムの過ごし方についてのご紹介します。メスを使う「切開法」に比べ、糸を使ってまぶたを留める「埋没法」は体への負担が少なく、ダウンタイムの短さからも手軽さがありますよね。

でも、決してダウンタイムが無いわけではありません。ダウンタイムがどのくらいなのか、ダウンタイム中はどのようなことに注意して過ごすべきなのか詳しくご紹介します!二重埋没法をご検討中の方は、しっかりチェックしてくださいね!

二重埋没法のダウンタイムの期間と術後の症状は?

二重埋没法のダウンタイムは?二重埋没法のダウンタイムは、数日~1週間程度です。また、二重ラインがしっかり馴染み完成状態となるまでは、およそ1カ月かかります。一般的に埋没法の留める箇所が増えると、その分ダウンタイムが長くなる傾向があります。術後は、腫れや内出血などの症状がでる可能性があります。

まぶたの腫れ・むくみ

術後3~4日間は腫れやむくみがでる可能性があります。翌日~3日目がピークの方が大半で、その後徐々に腫れがひいていきます。長くても1週間程度で治まります。

二重の幅が広くなる

術後はまぶたが腫れる影響で、二重の幅が広く見える状態となります。腫れが引くと自然と二重幅が狭くなっていきます。

内出血

まぶたや目の周りに内出血が起きることがあります。3日~2週間ほどで自然と治まります。

ツッパリ感やゴロゴロ感

まぶたの裏を糸で留めることで、稀にツッパリ感やゴロゴロ感がでることがあります。数日で治まります。

二重埋没法のダウンタイムの過ごし方

二重埋没法はあまり腫れないとは言え、それなりに目の違和感を感じるケースがほとんどです。では、ダウンタイムの間はどのようなことに注意すべきなのかチェックしていきましょう。

運動、飲酒、お風呂はいつから?

運動、飲酒、入浴は血流がよくなるため、腫れや内出血を長引かせる原因となります。激しい運動や飲酒は3日間程は控えるのがおすすめです。当日は、入浴は控えシャワーにしましょう。翌日より入浴は可能ですが、腫れが続いている間はシャワーの方が無難です。

喫煙はしてもいい?

喫煙は毛細血管を収縮させるため傷が治りにくくなりますので、あまりよくありません。できる限り我慢しましょう。

メイク・化粧はいつから?

埋没法後はいつからメイクができる?

アイメイクは、施術後2~4日以降可能となります。ダウンタイム中のアイメイクは腫れを長引かせる原因となりますので、腫れがひくまでは控えましょう。

学校や仕事はいつから?

激しく身体を動かすようなことがなければ、翌日から学校や仕事にでることは可能です。ただし、2~3日は腫れがでますので、お休みをとるか、休前日に施術をするなどの工夫をされた方が安心です。

食事・食べ物に制限はある?

ダウンタイム中の食事に制限はありません。ただし、汗が吹き出るような辛い食べ物は、血液の循環をよくするため術後は避けた方が無難です。

3日間は冷やす

術後は目の周りを冷やすことで、腫れや内出血を軽減させることができます。当日~3日間を目安に冷やしましょう。3日以降になると、それ以上冷やしてもあまり効果がなく逆に血流が悪くなるためおすすめできません。

冷やす際は、冷却シートや保冷剤、ビニールに入れた氷をタオルでまいて、優しく冷やします。冷やしすぎは凍傷のリスクがあるため、1日数回、1回あたり5~10分前後を目安とし、冷えすぎないように注意しましょう。

寝すぎない

術後はよく寝た方が、目の疲れも防げるし、腫れも早く治りそうな気がしますよね。しかし、二重整形のあとは横になっている時間が長いと、腫れや内出血を長引かせることがあります。あまり長く寝すぎず、ゴロゴロして過ごすのもよくありませんので注意しましょう。

また、眠る際は、頭を若干高くするのがおすすめです。枕や肩のあたりにタオルケットを敷くなどして頭が脚より高くなるように調整しましょう。

ダウンタイムを乗り切るための隠し方・バレない工夫

埋没法のダウンタイム

二重整形したことを周りに知られたくない方もいらっしゃいますよね。切開法に比べ腫れが少ない埋没法は、バレにくい治療です。そうは言っても「突然二重になったら普通にバレるのでは?」と思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。もともと二重だった方が二重幅を広くするケースや普段からアイプチを活用していて埋没法を受ける方などは、ダウンタイムさえ乗り切れば気づかれない可能性もあります。

バレたくないのなら、腫れがでると予想される数日間はお休みし人と会わないようにした方が無難でしょう。その他、目元を目立たないように工夫することで上手に乗り切る方法もおすすめです。

メガネ・サングラス

大きめのメガネやサングラスを使うと、目を隠しやすくなります。普段はメガネをかけていない方でも、今はブルーライトや紫外線カットの目的でメガネを着用している方も多いので、そんなに気にならないと思います。施術前から使用し始めるのがポイントです!

アイメイク

アイメイクは2~4日目以降からとはなりますが、メイクができれば腫れや内出血を上手に隠すことができます。内出血はコンシーラーや濃い色のアイシャドーで、腫れはマスカラでしっかりまつ毛をあげることで目立ちにくくなります。

前髪でカバー

前髪を長めにして目の上をカバーしましょう。施術前から伸ばし前髪を整えておけば、目立つこともありません。

二重埋没法のダウンタイムをなしにする方法はある?

残念ながら、二重埋没法のダウンタイムをなくすることはできません。もちろん、個人差がありますが、基本的に3日~1週間程度は必要と考えておきましょう。

まとめ

二重埋没法のダウンタイムの過ごし方をご紹介しました。少しでも早くダウンタイムから回復したいという方は、しっかり対策をとっていきましょう。目を擦らないことや処方された薬をしっかり使用することも忘れずに行ってくださいね!

大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、腫れの少ない瞼板法を採用し、施術時間、ダウンタイムが短く、体への負担の少ない二重埋没法を提供しています。1~4箇所留めの選択が可能です。患者様の理想の二重ラインを実現いたします!

 

埋没法でいいのか、ダウンタイムはどのくらいなのか、アフターケアなどのご心配があればお気軽にご相談ください!医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医