ミラドライで失敗とは?

ミラドライで失敗しないために

こんにちは!プライベートスキンクリニックです!今回は、ミラドライの失敗のリスクについてのご紹介です。

「ミラドライを受けてみたいけれど、絶対失敗したくない!」いざ治療を受けるとなると失敗やリスクが気になるのは当然だと思います。悩みの種であるワキ汗やワキガ臭は本当に治るのか、安全性に問題性はないのか、副作用は平気なのかと心配になるのは言うまでもありません。

ワキガ・多汗症治療の一つとして人気のあるボトックス注射に比べても、ミラドライはダウンタイムが多少なりともありますし、ワキが腫れる可能性も高いのは事実です。また、せっかく受けたのに”効果がなかった”という体験談を耳にすると、本当に大丈夫なのか不安になる方もいらっしゃいますよね。

そこで、本日はミラドライの失敗例と失敗しないための重要なポイントについてご紹介していきます。ミラドライをご検討中の方は、施術を受ける前にチェックしてくださいね!

ミラドライの失敗例とは?

考える女性

ミラドライはワキガや多汗症治療として、傷跡を残さず半永久的な効果が得られると人気の高い施術で、汗と臭いの原因となる汗腺をレーザーによって破壊する治療法です。そんなミラドライ、主な失敗例は効果の有無に関するものです。それでは詳しくみていきましょう。

治療効果がほとんどない

ミラドライを受ける前と比較して、発汗量・ワキガの臭いが変わらないというケースです。これはミラドライの照射漏れの可能性や照射レベルが不十分で汗腺がほとんど破壊されていないことが原因と考えられます。また、照射が不十分な場合でも汗腺に多少のダメージを与えることはできるため、治療直後に少しは効果を感じても、その後汗腺の機能が回復してしまうケースもあります。

臭いがゼロにならない

ミラドライを受けたのに、臭いが多少残っているというケースです。ミラドライのマイクロ波照射で破壊できる汗腺の割合は7~8割程度。ですから、ミラドライを受けたからと言って、決して臭いがゼロになるわけではありません。あくまでも「汗の量が減る・ワキガ臭が減る」というのが正しい効果の範囲となります。一般的には1回の照射で約70%、2回の照射で約90%の効果があると言われています。

1回の治療を終えたとき、「汗・臭いが7割減」の状態で十分な効果を得られたと思うか否かは人によって異なります。効果は100%ではないものの「汗や臭いが全然気ならなくなった」または「デオドラントが必要であるが、汗も臭いも気にならなくなった」と満足される方も多くいらっしゃいます。その一方、もっと高い効果を希望されて2回目を受けられる方もおられます。

汗と臭いが戻る、再発する

治療後にほとんど感じなくなった汗や臭いが、数か月して少し戻るケースです。理由は、生き残った汗腺が数か月経ち活動し始めるため。治療直後は完全に破壊できなかった汗腺もそれなりにダメージを受けている影響で、機能が一時的に停止し汗や臭いが抑えられている状態となっているのです。

例えば治療直後は90%くらいの効果があったとしても、数か月後には70%くらいまで落ち、本来の効果に戻ってしまいます。これは、ほとんどの方に起こる作用であり、決して失敗ではありません。

施術後の副作用が強い

施術後の副作用が強くでたり長引くケースです。
ミラドライの副作用として生じる主な症状は、

  • 痛み
  • 腫れ
  • 内出血
  • むくみ
  • しこり

などがあげられます。
施術後は、麻酔が切れてから翌朝にかけて痛みを強く感じることがあります。また、2~3日程度は腫れと赤みが強く目立つ状態となりますが、徐々に回復し1~2週間程度で落ち着きます。
その他、ワキに硬さを感じたり、ワキが完全にしまらない、感覚が鈍いなどの違和感が生じる場合や治療後の汗腺の回復過程でしこりができる場合もありますが、時間が経つにつれ徐々に治まります。

治療後の症状が結構多く長いと思われた方もいると思います。実際に、ワキの腫れや凸凹状態が目立ち、見た目に驚く方もいらっしゃいます。症状の現れ方には個人差がありますが、いずれも治療によって起こり得る副作用となりますので失敗ではありません。また、自然と回復しますので心配もありません。

ミラドライを失敗しないためのポイントとは?

ミラドライで失敗しないために

ミラドライを失敗しないためのポイントをチェックしていきましょう。

ミラドライの効果の範囲を知る

ミラドライの効果は100%ではありません。ワキ汗やワキガ臭が完璧に治るわけではないと理解したうえで治療を受けましょう。

クリニック選びを慎重に行う

美容医療では、どんな施術であっても医師の技術力が仕上がりの良し悪しに影響してしまします。ミラドライも例外ではなく、どこのクリニックで受けても同じ結果を得られるとは限りません。

ミラドライは一見簡単そうな印象を受ける施術かもしれませんが、機器の出力レベルや照射範囲の設定、複数回の照射、照射漏れを防ぐ方法などの技術力と経験値が必要となります。「効果が出ない」などの失敗を防ぐためには、ミラドライの経験が多く評判のよいクリニックで受けることが大切です。

事前準備をする

ダウンタイムが少ないと言われるミラドライですが、治療の当日~翌日はそれなりに痛みがでますし、2~3日は腫れが目立つ状態となる可能性があります。日常生活にさほど影響はないとは言え、心配な方は翌日はお仕事をお休みされた方がいいですし、当日や翌日のお食事も簡単に済ませられるよう準備をしておきましょう。また、施術後の痛みを抑えるための保冷剤もあらかじめ用意しておきましょう。

ミラドライ
ミラドライ
半永久的効果のワキガ・多汗症治療!ミラドライは、ニオイの原因と汗を出す汗腺の治療が可能です。切開をしないので傷跡が残らず、ワキの臭い・ワキ汗に効果的!当院は国内薬事承認を取得した安全性の高いミラドライ...

まとめ

ミラドライの失敗例と失敗しないための重要なポイントについてご紹介しました。ミラドライの効果の範囲を知ること、クリニック選びを慎重に行うことが失敗しないために大切なポイントであるとご理解いただけたかと思います。

当院では、1回照射に比べ高い効果が得られる、2回または3回の重ね打ち手法も採用しており、患者様のご希望により、シングル、ダブル、トリプルの照射方法からお選びいただけます。また、通常よりも広範囲に照射していますので、より確実に汗腺の破壊が可能となっています。

ワキガ症治療において経験豊富なドクターのもと照射を行いますので、安心して施術を受けていただけます。当院では、患者様の症状とお悩みをお伺いしたうえで、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。ワキガ、多汗症でお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ