フェイスリフト

フェイスリフト手術なら大阪梅田の美容外科プライベートスキンクリニック

フェイスリフトなら大阪駅すぐの当院へ

フェイスリフトは、頬や目尻の下がりなど、顔のたるみを全体的に取り除く施術です。皮膚表面のみでなくたるみの深部からしっかりと引き上げるため、ほうれい線が目立ちにくくなり、目尻からこめかみにかけてもリフトアップできます。中顔面及び下顔面のリフトアップ効果が期待できます。フェイスリフトを行うことで5~10歳分の若返りが可能です。フェイスリフト 大阪でお探しの方は、お気軽にご相談下さい。

このようなお悩みはありませんか?

フェイスリフトは、頬や目尻の下がりなど、顔のたるみを全体的に取り除く施術です。

  • 顔のたるみで老けてみられる
  • ほうれい線が気になる
  • 目尻が下がってきた
  • 若返りたい

この施術の3つの魅力

魅力①顔全体に高い効果がある

こめかみ、頬、口もとにかけての顔全体のたるみに効果があります。

魅力②5~10歳の若返りが可能

皮膚だけでなく、表在性筋膜(SMAS)も同時に後方に引っ張るのでしっかりとしわ・たるみをリフトアップさせるので5~10歳程の若返りが可能です。

魅力③傷跡が目立たない

耳の前や生え際あたりを小さく切開するため傷跡が目立ちません。髪を極端に結い上げない限り翌日からの仕事も可能です。

特徴・効果

施術の流れ

デザイン

患者様の気になる部位やご希望をお伺いします。しっかりとしたカウンセリングの後、施術方法についてご提案させていただきます。ご不安なことはお気軽にご相談下さい。

麻酔

局所麻酔を使用して施術を行います。別途笑気麻酔もご用意しております。

切開、手術

皮膚の厚さやたるみ具合、部位に合わせて、縫合の位置や数を考慮して手術を行います。 SMAS法では、皮膚だけでなく皮膚の下にあるSMASと呼ばれる表情性筋膜も引き上げることで、リフトアップ効果を最大限に発揮する方法です。皮膚の表面だけを引き上げるよりも高い効果が期待できます。

縫合、保護

切開部を細かく綺麗に縫合し、傷口はテープで保護します。

ダウンタイム

施術時間3時間程度

麻酔 局所麻酔、笑気麻酔(別途オプション)
腫れ 強い腫れは約1週間程度(個人差あり)
傷跡 髪の生え際のライン及び耳の付け根の形に合わせたラインで切開及び縫合をしますので、ほとんど目立ちません。
通院 1週間後に抜糸が必要です。
シャワー 当日からシャワーは浴びて頂けますが、患部は濡らさないようにしてください。 術後3日目からは、シャンプーで洗髪していただけます。 傷跡は、術後1ヵ月は強く擦らないようにしてください。
メイク 施術部位のメイクは、3日後より可能です。
その他 施術後は、止血目的のためテープを貼ります。

よくあるご質問

フェイスリフトについて患者様からよく頂くご質問を紹介させていただきます。

Q.エステサロンでのフェイスマッサージはいつからうけられますか?

手術後1か月はフェイスマッサージに限らず、患部を強く擦ったりすることは控えるようにして下さい。

Q.スポーツはいつからできますか?

内出血や腫れの原因となりますので、軽い運動(ジョギングなど)は1週間後(抜糸後)から、患部にぶつける可能性のない運動は2週間後から可能です。格闘技など患部をぶつける可能性のある運動は4週間は控えて下さい。

Q.傷跡は目立ちませんか?

切開及び縫合を行いますので、傷跡が全くのゼロにはなりませんが、傷跡をできる限り目立たせないために、もみあげ部分から耳の前にかけて耳の形や生え際のラインに合わせて切開・縫合を行います。また、毛髪の角度にも気を配りながら出来る限り自然な仕上がりを心掛けながら施術を行います。傷跡のラインは、目立ちにくいよう生え際及び耳の形に合わせたラインで丁寧に縫合を行います。

フェイスリフト手術のリスクについて

フェイスリフト手術は、術後の傷跡が目立ちにくいように、こめかみの生え際及び耳の付け根のラインで曲線的に切開し、たるみの原因となっている皮膚及び表在性筋膜(SMAS)を剥離・切除後、表在性筋膜を吸収糸で縫合固定します。
その後、こめかみの生え際及び耳の付け根のラインで皮膚をナイロン糸で縫合する手術になります。皮膚組織の切開及び縫合を行うため、術後の内出血のリスクがあります。
そのリスクを低下させるために、術後内出血を特におこしやすい術後3日くらいに関しては熱いお風呂で体を温めたり、運動を行ったり、過度の飲酒は避けて頂くことをお願いしています。
それらによって体内の血流が良くなることで、内出血のリスクが上昇してしまうからです。ですので、術後3日程度に関しては、逆に患部を冷やしていただくことも効果的です。例えばアイスノンやビニール袋に入れた氷をタオルでくるみ、目元に押し付けることなく優しく冷やして頂くと、腫れや内出血が起こりにくくなります。
内出血が起こった場合でも、通常1~2週間程度で引いてくることがほとんどです。縫合した部分はいわゆる傷跡になっていますので、汚れた手で触れたりなどすると感染を起こす可能性があります。
傷跡は治る過程でかゆみを生じることが多いですが、気になるからと触れることは避けてください。感染予防のために抗生物質をお出し致しますので、医師に指示された用法・用量を守って服用してください。

美容整形交通費キャッシュバックキャンペーン

料金表

フェイスリフト(SMAS UP法)[180分]
900,000円

フェイスリフトなら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業
所属
日本形成外科学会
正会員
日本再生医療学会
正会員
日本抗加齢医学会
正会員
国際抗老化再生医療学会
正会員
大阪美容クリニックページトップへ
ご予約はこちら