サクセンダ・リベルサスで食欲を自然にコントロール

リベルサス 3mg 30錠9,900円(税込) 〜

サクセンダ・リベルサスはGLP-1受容体作動薬

サクセンダは米国やEUで肥満治療薬(ダイエット)として認可を受けているGLP-1受容体作動薬で、毎日1回ご自身で注射をすることで、GLP-1を摂取することができる薬です。
リベルサスは世界初の内服タイプのGLP-1受容体作動薬で、糖尿病治療薬として認可を受けている内服薬です。リベルサスは毎日1錠を空腹時に飲むだけで「痩せホルモン」とも言われるGLP-1を摂取することができます。

サクセンダ・リベルサスのメリット

  • 痩せたいけど、つい食べ過ぎてしまう方
  • 運動や体を動かすことが苦手な方
  • 自然に健康的に痩せたい方
  • 全体的にサイズダウンしたい方

サクセンダ・リベルサスが選ばれる理由・効果

理由・効果1痩せホルモンを手軽に摂取できる

痩せホルモンともよばれるGLP-1とは、我々の体内にあるホルモンの一種です。食事を取ると小腸から分泌され、脳の満腹中枢を刺激し、私たちは満腹感を感じます。
GLP-1の量は個人差があり、痩せている方に多く、太っている方には少く、GLP-1を摂取して体内のGLP-1量を増やすと、太りにくくなることがわかっています。
このGLP-1を摂取する薬がサクセンダやリベルサスなのです。

理由・効果2満腹感が続き、お腹が空きにくくなる

GLP-1は、胃の内容物排出をゆるやかにするので、お腹が空きにくくなり、満腹感が続くことが期待できます。

理由・効果3リバウンドしにくい身体に

GLP-1の作用の中の一つに、熱産生を促す働きがあります。GLP-1を摂取することで、脂肪の燃焼をしやすい身体へと導いてくれることが期待できます。

理由・効果4遠隔診療による処方が可能

サクセンダ及びリベルサスは、遠隔診療による処方が可能です。
詳しくは下記をご覧ください。

オンライン診療はこちら

サクセンダ・リベルサスの服用方法

サクセンダ

1日1回空腹時に自己注射を行います。1回に注射をする量については医師の指示に基づいて行ってください。

リベルサス

1日1回空腹時に水とともに飲んでいただきます。摂取後30分程度は食事を控えてください。

GLP-1受容体作動薬のリスク・副作用

低血糖

脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷や汗、顔面蒼白、動悸、頭痛、めまい、知覚異常などの低血糖症状が現れることがあります。
重篤な低血糖症状として意識消失を起こした例も報告されています。

膵炎

嘔吐を伴う持続的な激しい腹痛などの急性膵炎を起こした例が報告されています。

腸閉塞

高度の便秘、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐などの症状を伴う腸閉塞を起こした例が報告されています。

その他の副作用

  • ・便秘・悪心といった胃腸障害(5%以上)
  • ・注射部位反応(紅斑・発疹・内出血・疼痛等)、胃腸障害(下痢・腹痛・消化不良)、眼 障害(糖尿病性網膜症)、内分泌系障害(甲状腺腫瘤)など(1~5%未満)
  • ・血液系障害(貧血)、神経系障害(頭痛、浮動性めまい、感覚鈍麻など)、肝胆道系障害(肝機能障害)、皮膚及び皮下組織障害(じんましん、紅斑、湿疹、発疹)、全身障害(倦怠感、胸痛など(0.2~1%未満)

よくあるご質問

サクセンダ・リベルサスについて、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.サクセンダとリベルサスの違いはなんですか?

サクセンダとリベルサスの違いは下記の3つがあげられます。

1.服用方法の違い
サクセンダはご自身で注射を打つことで服用しますが、リベルサスは経口(飲む)によって服用します。

2.効果の違い
おおよそではありますが、サクセンダの1.8mgがリベルサスの14mgに相当する効果と言われています。リベルサスは14mgよりも増量することはできませんが、サクセンダは3.0mgまで増量することが可能なため、サクセンダはリベルサスで効果が実感できなかった場合の方でも減量効果が実感できる可能性があります。

3.承認の違い
サクセンダは抗肥満薬としての承認を受けている薬ですが、リベルサスは糖尿病の治療薬として承認を受けている薬であるという違いがあります。

Q.サクセンダ・リベルサスを服用できない人はいますか?

当院では下記に該当する方はGLP-1受容体作用薬の処方を行っておりません。

【腹部の手術又は腸閉塞の既往のある方】
腸閉塞を起こすリスクがあるためです。
【膵炎の既往歴のある方】
急性膵炎を起こすリスクがあるためです。
【胃腸障害のある方】
胃腸障害の症状が悪化するリスクがあるためです。
【低血糖を起こす恐れのある方】
・脳下垂体機能不全、または副腎機能不全の方
・栄養不良状態、飢餓状態、食事摂取量の不足状態や衰弱状態にある方
・過度のアルコール摂取をされる方
【妊産婦・授乳婦の方】
当院では、万が一のリスクを考慮し、妊娠中及び授乳中の方への処方は行っておりません。

サクセンダ・リベルサスの料金表

GLP-1受容体作動薬
サクセンダ
1本(初回、5本まで)
16,500円
1本
19,800円
専用針(14日分)
550円
アルコール綿(14日分)
550円
リベルサス
3mg 30錠
9,900円
7mg 30錠
19,800円
14mg 30錠
38,500円

当院の価格はすべて税込表示となります。



プライベートスキンクリニック オンライン診療(遠隔診療)

カウンセリング・お問い合わせ

施術名 施術詳細 料金
痩美茶は、「無理なく痩せる」だけではなく、「美しく」+「無理なく痩せる」ための最適メソッド!約300種類の漢方の中から医師が辿り着いた美しく・無理なく痩せるための9つの自然由来の生薬を、最適なバランスで独自配合しています。
減量 美肌 漢方茶

料金表を見る

お尻のたるみ取りは、お尻が垂れ下がる原因となる脂肪、垂れ下がってたるんだ皮膚の両方を切除するので、ヒップ全体を上向きに引き締める事が可能です。
ヒップアップ 小尻 手術

料金表を見る

ダイエット点滴は、エネルギー代謝を高めるリポアランを主成分とした点滴です。リポアランは体内の熱エネルギーの生産を高め、代謝を促進する効果があります。
代謝・免疫力アップ 脂肪燃焼 点滴

料金表を見る

リポセルはハイフテクノロジーを用いて脂肪層へ直接熱エネルギーを照射し、気になるお腹周り・二の腕・太ももの部分痩せに効果的な医療ダイエットマシンです。
部分痩せ マシン

料金表を見る

足の筋肉太りには、ボトックス注射(ボツリヌストキシン治療)が効果的です。張り出した足の筋肉にボトックス®を注射することで、一時的に筋肉の運動能力を下げる作用があります。
美脚 部分痩せ 注射

料金表を見る

脂肪溶解注射(メソセラピー)は脂肪吸引と違い、メスを使わないので体への負担が少なくダウンタイムも少ない部分痩せ治療です。痩せにくい二の腕やお腹の部分痩せに効果的です。
部分痩せ 注射

料金表を見る

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ