こんなたるみ・シワ・顔のお悩みありませんか?

たるみ治療 大阪 肌のハリを取り戻したいお悩みならPSCへ
たるみ治療 大阪 頬のたるみが気になってきたお悩みならPSCへ
たるみ治療 大阪 ほうれい線が気になりだしたお悩みならPSCへ
たるみ治療 大阪 若々しさを取り戻したいお悩みならPSCへ
たるみ治療 大阪 顔のたるみで老けてみられるお悩みならPSCへ

いろいろなたるみ・しわの治療タイプ

美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニックが患者様へ美容医療について説明させていただく際にお伝えしていることがあります。それは、「美容医療は階段です」ということです。
どういうことかといいますと、例えばたるみ治療の階段で説明いたしますと、一番上の段の手術系はフェイスリフト、まぶたのたるみ取りなど、メスを入れて行う手術になります。ダウンタイムがありますが、効果や満足度は高い治療になります。
二段目の階段はメスを入れない・切らない治療になります。ヒアルロン酸やボトックスを注射をすることによるリフトアップ・しわ取りや、糸を挿入することによってリフトアップを行う治療があります。肌に針を刺す治療なので、内出血や、腫れといったダウンタイムがある可能性があります。

三段目の階段はいわゆる「リフトアップレーザー」を使ったたるみ改善治療になります。当院ではウルトラセルやスキンタイト、RF(高周波)の機械がございます。切らない・針を刺さない施術になりますので、施術後に赤みが出るといったことは起こる可能性はありますが、当日からメイクも可能ですし、特に生活に制限などもありません。ですので、初めて美容医療を受けられる方でダウンタイムが気になる方は、まずは機械系を試される方も多いです。
効果としては、手術や注入、糸によるリフトアップなどと比較すると小さいものとなります。ただ、ウルトラセルのHIFU(高密度焦点式超音波)は一昔前までは手術でしか影響を与えることが出来なかったSMASまで到達する機械です。

たるみ治療 大阪のPSCへ しわ・たるみの施術タイプを階段で説明

  施術内容 1回の効果 料金
Skin Tyte 施術内容 1回の効果 料金 BBLスキンタイトは近赤外線エネルギーを用いて真皮を加熱します。加熱された組織は自然に治癒しようとしますが、この治癒過程でコラーゲンが増加し、肌にハリがでます。
ダウンタイム:ほとんど無し
★☆☆☆☆
ウルトラセル(GFR) 施術内容 1回の効果 料金 真皮に熱を加えることでコラーゲン生成を促進させ、リフトアップすることでシワ・たるみを改善します
ダウンタイム:ほとんど無し
★☆☆☆☆
ウルトラセル(HIFU) 施術内容 1回の効果 料金 SMAS筋膜へ熱を与え、筋膜を刺激することで緩んでしまっていた筋膜が縮みリフトアップ効果を得ることが出来ます。
ダウンタイム:ほとんど無し
★★★☆☆
糸によるリフトアップ 施術内容 1回の効果 料金 従来の糸に比べ柔軟性と伸縮性を持つ糸です。一周6本サイクルで360°コグがついているため、しっかりとした支持力をもち、たるみをリフトアップします。
ダウンタイム:
局所麻酔の腫れが数日程残る可能性あり
★★★★☆
ヒアルロン酸リフト 施術内容 1回の効果 料金 ヒアルロン酸リフト(ビスタシェイプ)は、顔全体の構造の変化につながるポイントにヒアルロン酸を少しずつ注入することでたるみやしわを予防する支柱をつくり、立体的で若々しい顔を作ります。
ダウンタイム:
稀に注入部分に内出血や腫れが出現する可能性がありますが、ほとんどは約1~2週間程度で解消されます。
★★★★☆
フェイスリフト 施術内容 1回の効果 料金 フェイスリフトは、頬や目尻の下がりなど、顔のたるみを全体的に取り除く手術です。根本的な治療なので、効果は最も高い反面、ダウンタイムも長い治療です。
ダウンタイム:約2週間
★★★★★

あなたに合った
たるみ治療方法をチェック

  • 目的別からみる
  • 施術タイプからみる

施術の価格一覧

Skin Tyte(両頬初回)
9,800円
ウルトラセル(GFR・イントラジェン)全顔(顎下含む)
53,000円
糸リフト(スレッドリフト1本)
17,800円
ウルトラセル(HIFU)全顔(顎下含む)
88,000円
ヒアルロン酸リフト(ジュビダームビスタ・ボリューマXC1本)
50,000円
ボトックス注入(韓国製ボツリヌス菌製剤:額)
22,800円
ミニリフト
498,000円
フェイスリフト
900,000円

※しわ・たるみリフトアップのヒアルロン酸に関しては、1回につき、別途手技料5,000円が必要です。
※残った分のヒアルロン酸(1本使いきらなかった)については、半年間は手技料5,000円(1回につき)にて施術できます。

たるみの原因と
治療法について

加齢とともに気になってくるのが
顔のたるみや頬のたるみです。
たるみにお悩みの方へ、
たるみの原因についてご紹介いたします!

顔や頬にたるみができる原因は?

まずは、「どうして顔にたるみができるのか?」
についてから説明させていただきます。
顔のたるみの原因は大きく分けて4つあります。

皮膚(真皮の減少)

皮膚は大きく分けて、表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっています。

表皮

皮膚の一番外側にあり、私たちが触れることができる層が表皮です。この表皮の機能は、主にバリア機能(外敵から肌内部を守る機能)と水分保持機能(体内の水分の蒸発を防いでくれる機能)があります。

真皮

表皮の内側にあるのが真皮といわれる層です。この真皮層は80%以上がコラーゲンで出来ています。残りの20%程度はエラスチン(弾性繊維)やヒアルロン酸といった繊維から構成されています。
この真皮層を構成するコラーゲンやヒアルロン酸ですが、肌のハリや潤い、弾力を保つために非常に重要な成分です。

この真皮層の減少は
なぜ起こるのでしょうか?

これらのコラーゲンやヒアルロン酸は年齢とともに減少していってしまいます。具体的には、例えば20代の時にこの真皮の状態(真皮層の厚みや機能)が100%の状態だとすると、60~70代ではおおよそ20%くらいになってしまうといわれています。
要するに、加齢とともにこの真皮層自体が減少してしまうのです。(正確には真皮層が薄くなるということです)

活性酸素とは?

誰しも人間は呼吸をします。酸素が体内に入るとその酸素を消費することで、エネルギーを作り出したりするのですが、使われなかった酸素は活性酸素に変化します。この活性酸素はウィルスなどから体を守ってくれるという一方で、細胞をさび付かせてしまうため、細胞を老化させてしまうという一面もあるのです。
この活性酸素をできる限り増やさない方法としては、紫外線から肌を守る、タバコを吸わない、ストレスを貯めないなどの方法があります。また、抗酸化作用のある食品などの摂取も有効です。具体的にはビタミンCやビタミンEを多く含む食物を摂取することは、活性酸素の増加を抑えることに有効だといわれています。

皮下脂肪の肥大変化

真皮よりもさらに下にある皮下組織は、主に皮下脂肪で構成されています。
加齢とともに顔につく皮下脂肪が増加すると、重力に負けて脂肪の重みを皮膚や筋肉がささえきれなくなり
脂肪が垂れ下がり、顔をたるませていきます。

加齢とともに新陳代謝が鈍ってきます。代謝が落ちると、摂取カロリーも減らさない限り脂肪は確実に増加してしまいます。また、逆に加齢とともに皮下脂肪が減少し、ほほがこけてしまうような方は、皮膚が余ってしまい、皮膚のボリューム不足によりたるみなどの輪郭の変化を起こしてしまいます。

筋収縮(筋肉収縮・支持靭帯のゆるみ)

人間の顔の表情筋は、目や口の溝などを動かす筋肉、全部で30種類以上の筋肉があります。
これらの顔の筋肉は相互に作用し、複雑な表情を作り出しています。
また、体の筋肉は骨と骨を繋いでいる一方で、顔の筋肉は骨と皮膚につながっているため、繊細な表情を作り出すことができます。
この顔の筋肉の衰えがたるみを引き起こします。
そして、顔には支持靭帯という線維性の靭帯があります。この支持靭帯とは、顔の骨と軟部組織(皮膚、皮下脂肪など)を繋いでいます。この支持靭帯は家でいうところの柱になります
支持靭帯は、残念ながら加齢とともに伸びてしまいます。支持靭帯が伸びることで顔のたるみや、フェイスライン(輪郭)の崩れといったことが起こってしまうのです。
この顔面の支持靭帯の総称をReraining ligamentといいます。

顔のたるみで相談が多いのが何といってもほほと口元のたるみです。
これらのたるみは、Zygomatic ligament(ザイゴマティックリガメント)とmasseteric ligament(マセテリックリガメント)の二つがほほと下あごのたるみに非常に大きな影響を与えています。

Zygomatic ligが緩んでくると、ほほの脂肪(頬部脂肪体:malar pat fat)がどんどん内側へ・下へ垂れてきます。その結果、ほうれい線が目立ってきてしまいます。
一方で、masseteric ligが緩むとほほの脂肪(malar pat fat)は下あごのほうまで下がってしまい、ほほが垂れ下がったような状態になってしまいます。(jaw lineの形成)

そして、もう一つ大切な要素がSMASという筋膜(筋肉の膜)です。このSMASというほほの側面にある面積の広い表在性筋膜がほほの中央あたりにある大頬骨筋(Zygomatic major)と強力にに結び付いています。

図の通り、SMASが大頬骨筋を取り囲むようにあります。
このSMASが加齢とともにたるんできます。表情を作る筋を覆う筋膜がたるみ、顔全体のたるみを作っていってしまいます。

骨の変化(骨吸収)

加齢とともに顔の形を形成する骨自体も変化をしていきます。
30歳くらい以降は骨吸収・萎縮が骨の生成スピードを上回ってしまうために、以下のようなことが起き始めます。

顔の骨格自体が加齢に伴い変化をしてしまうため、微妙な顔のバランスが崩れてきてしまうのです。
具体的には、若いころは丸みを帯びていたおでこのボリュームが減少し、平らな額になってきたり、こめかみ部分が凹んできたり、顎が小さくなってきたりします。

プライベートスキンクリニックのたるみ治療のこだわり

プライベートスキンクリニックでは、たるみの出来る原因を解剖学的に考え、患者様一人一人に対し、どのような治療があるのか、
またそれぞれの治療のメリット・デメリットは何なのかについて丁寧に説明をさせて頂きます。
たるみやしわと一言で言っても、原因は人によって様々です。このページで解説しました通り、
皮膚(真皮)の減少、脂肪の肥大、筋肉の収縮、骨の減少(骨吸収)といった原因が主な原因で、複合的に絡み合っています。
当院では解剖学を熟知したドクターによる診察により、患者様のたるみやしわを改善するポイントを的確に提案致します。
当院では、カウンセリングとは患者様といかに丁寧なコミュニケーションが取れるかが一番大切であると考えています。
ですので、少しでもご不安な点やご不明な点がありましたら、担当の医師に何でもご質問下さい。
ご不安な点やご不明な点を全てクリアにし、ご納得頂いた上で初めて施術をさせて頂きます。
もちろん、急を要する治療ではありませんので、診察・カウンセリングを受けて頂いて、
一旦持ち帰っていただき、ゆっくりと検討していただいてもかまいません。
加齢とともに進んでしまう顔のたるみや輪郭(フェイスライン)の崩れについてお悩みの方は、是非一度大阪梅田のプライベートスキンクリニックにお悩みをお聞かせください。
熟練の医師がとことんまであなたのお悩みに向き合い、解決法をご提案させていただきます。

よくあるご質問

Q.20代ですが顔のたるみが気になります。どのような治療が良いですか?

20代の方からもお顔のたるみを改善したいというご相談を多く受けています。個人差がありますので、一概には言えない部分もありますが、20代の方におすすめすることが多い治療としては、ハイフやイントラジェンといったいわゆる照射系リフトアップレーザー治療や、部分的なヒアルロン酸注入治療、バッカルファット(頬の脂肪)除去あたりが多いです。お顔全体のたるみ治療というよりは、部分的なたるみの改善や、将来のたるみ予防という意味で上記のような治療が人気です。

Q.顔のたるみを予防することはできますか?

顔のたるみの原因は大きく分けて、「真皮の減少」「皮下脂肪の肥大」「筋収縮・支持靭帯のゆるみ」「骨の減少」の4種類です。
「真皮の減少」は加齢による影響ももちろん大きいのですが、紫外線・ストレス・タバコなど活性酸素を増やす原因となることを避けることによって、ある程度予防することができます。抗酸化作用のある内服や点滴治療も予防に効果的です。 「皮下脂肪の肥大」を予防する方法は、代謝を上げることです。加齢とともに代謝が落ち、皮下脂肪が増加しやすくなり、その重みで皮膚がたるんでしまうのです。日常的に運動を少しでもするように心がけることによって、新陳代謝を上げることが大切です。

Q.頬のたるみ(ほっぺのたるみ)の原因はなんですか?

頬のたるみ(ほっぺのたるみ)の原因として多い事の一つは、支持靭帯の緩みや表在性筋膜の緩みです。人間は生まれた瞬間から重力に晒されますので、皮膚を支える靭帯や筋肉も徐々に下に下がり、緩んできてしまいます。それによって、頬の皮膚も下に下がり、たるみとなっていってしまいます。また、バッカルファット(頬の脂肪)が多い場合、さらに頬全体を下にたるませやすくなります。

Q.頬のたるみを取る治療方法はどのようなものがありますか?

頬のたるみを解消するために必要な事は、頬を引き上げること(頬のリフトアップ)です。具体的な治療法としては、ハイフやイントラジェンといったリフトアップレーザー治療や、ヒアルロン酸や糸によるリフトアップ、ミニリフト(チークリフト)やフェイスリフトといった美容整形手術による治療法があります。効果としては整形手術が一番高いのですが、術後のダウンタイムもありますので、患者様のライフスタイルに合わせた治療をご提案させて頂きます。

Q.ブルドッグ顔とはなんですか?

ブルドッグ顔とは、頬のたるみがフェイスラインまで及び、フェイスラインがブルドッグのようにたるんでしまうことです。フェイスラインのたるみは、下顔面が大きく見え、いわゆる下膨れ顔に見えてしまいます。

Q.マリオネットラインとはなんですか?

マリオネットラインとは、口の両端からほぼ真下(顎方向)に伸びる2本の線(ライン)の事を指す口元のたるみです。あやつり人形(マリオネット)の口元に見られるものと似ているため、そのように呼ばれています。一般的にしわの一種と考えられますが、実際には頬のたるみと口角との境目の溝による影をマリオネットラインと呼んでいます。

Q.マリオネットラインの治療法でおすすめはなんですか?

マリオネットラインは、ヒアルロン酸の注入によって薄く改善することが可能です。しかし、口元のたるみが原因となって目立つ線ですので、マリオネットラインだけを薄くするとかえって不自然に見えてしまいます。ですので、糸によるリフトアップや、ハイフ、ヒアルロン酸による支持靭帯の緩みの改善といった切らない治療や、バッカルファット除去、ミニリフトといった頬のたるみを根本的に改善する美容整形がおすすめです。

Q.顎のたるみ取りにはどんな治療法がありますか?

加齢とともに、顔全体の皮膚、脂肪、筋肉は顎を目指して下に下がっていきます。そんな顎のたるみを改善するためには、フェイスラインを上げるという事が大切です。糸によるリフトアップや、ハイフといった切らない治療や、ミニリフトやフェイスリフトといった切る手術が効果的です。

Q.たるみにくい顔とたるみやすい顔はありますか?

生活習慣の違いなどもありますので、一概には言えませんが、一般的には丸顔の人は顔にたるみが出やすいと言われています。顔の皮下脂肪が多いため、その皮下脂肪が重力によって下に下がって行くことで、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインといったたるみを目立ちやすくなりやすい特徴があります。もちろん、紫外線予防や禁煙、ストレスを溜めない、運動をするといった生活習慣も非常に大切です。

Q.ダイエットで顔の皮にたるみができることはありますか?

脂肪が増えると、その脂肪を包んでいる皮膚も同時に伸びます。無理なダイエットによって脂肪が急激に減少(縮小)すると、伸びていた皮膚は急速には縮まないため、顔の皮がたるんだ状態になってしまいます。顔のハリを保ちつつ脂肪を減少させる(ダイエットする)ことがたるみを作らないポイントです。そのためには、ある程度長いスパンで・無理なくダイエットをすることが大切です。

このページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業
所属
日本形成外科学会
正会員
日本再生医療学会
正会員
日本抗加齢医学会
正会員
国際抗老化再生医療学会
正会員

たるみ治療なら大阪駅すぐ!駅近で便利

たるみ治療を大阪でお探しならプライベートスキンクリニックへ

アクセスはこちら