カベリン(カベルライン・Kabelline)は痛み・腫れが少ない小顔脂肪溶解注射

1cc7,700円(税込) 〜

カベリンはダウンタイムと効果を両立した小顔脂肪溶解注射

カベリンはカベルラインとも呼ばれ、脂肪溶解作用のある「デオキシコール酸」が従来のBNLSneoの5000倍にあたる0.5%という高濃度で配合されているにもかかわらず、腫れや痛みなどのダウンタイムが非常に少ない脂肪溶解注射です。
部分痩せが難しいフェイスライン・頬・顎はもちろん、二の腕やお腹などのボディの部分痩せにもおすすめの治療です。

カベリン注射のメリット

  • ダウンタイムが少ない部分痩せ注射
  • 脂肪溶解成分を高濃度に配合
  • 頬・フェイスライン・あごの脂肪を切らずに減らせる
脂肪溶解注射のカベリン(カベルライン)

カベリンが選ばれる理由・効果

理由・効果1デオキシコール酸を0.5%配合

脂肪溶解作用のある「デオキシコール酸」が0.5%という高濃度で配合されているため、高い脂肪溶解効果を実感できる製剤です。

理由・効果2部分痩せに効果的な成分をバランスよく配合

カベリンには、主成分であるデオキシコール酸以外に、L-カルニチンやアーティチョークエキスを独自のバランスで配合されているため、高い効果と短いダウンタイムを両立した脂肪溶解注射です。

デオキシコール酸

脂肪細胞の細胞膜を破壊することによって脂肪細胞を破壊・分解する効果のある成分です。

L-カルニチン

L-カルニチンは、脂肪燃焼の促進・脂肪分解の促進効果がある成分です。

アーティチョークエキス

脂肪を体外に排出する効果や、腫れやむくみを抑える効果がある成分です。

理由・効果3安全性が高い

カベリンは2年にわたる臨床試験によって、脂肪溶解効果と安全性が証明されている製剤で、主成分であるデオキシコール酸はFDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる)の認可を受けています。

カウンセリング・お問い合わせ

カベリン(カベルライン・Kabelline)の施術の流れ

カウンセリング

担当医師によるカウンセリングで、お悩みの部位やご希望に応じて適切な本数をご提案します。ご心配なことや気になる部位、なんでもお気軽にご相談ください。

施術

カベリンを注入する箇所をマーキングし、丁寧に注入します。できる限り注入時の痛みを抑えるために、注入箇所をしっかりと冷却し、極細の針でゆっくりと注入します。

アフターケア

施術後の腫れや痛みを抑えるために、施術部位をしっかりと冷やします。

ダウンタイム

施術時間 10分程度
麻酔 なし
腫れ・傷跡 針を刺した部分や注入部分に赤みや腫れ、内出血が生じることがありますが、1週間程度で消失します。
メイク 当日より可能
洗顔・シャワー・入浴 当日より可能ですが、入浴は腫れが起こりにくくするために翌日からにしてください。
その他 施術部位のマッサージは1~2日程度控えてください。
妊娠中・授乳中の方は施術を受けることができません。

よくあるご質問

カベリン(カベルライン・Kabelline)について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.カベリン注射とチンセラプラスの違いはなんですか?

どちらも人気の脂肪溶解注射で、デオキシコール酸がチンセラプラスは0.8%、カベリンは0.5%と高濃度に配合されています。チンセラプラスの方がデオキシコール酸の濃度が高いので、1回の治療に対する効果は高い半面、腫れや痛みが起きやすい特徴があります。
カベリンはチンセラプラスと比べると、腫れは半分、効果は80%といわれています。

製剤名 カベリン(カベルライン) チンセラプラス BNLSneo
主成分 デオキシコール酸 デオキシコール酸 ヒバマタ(海藻)抽出物
チロシン(アミノ酸)等
デオキシコール酸

濃度
0.5% 0.8% 0.0001%
痛み・腫れ 少ない 多少ある ほぼなし
特徴 デオキシコール酸を高濃度に配合。
効果とダウンタイムのバランスが良い。
デオキシコール酸の濃度が最も高い。
1回の効果は高いが痛みや腫れが多少出る。
植物由来成分が主成分。
腫れや痛みが非常に少ないが、
効果を実感するには回数が必要。
1回の効果
施術の回数・頻度 1~2週間に1回を3~5回程度 4週間に1回を3回程度 2週間に1回を5~10回程度
施術の料金 7,700円(1cc) 9,900円(1cc) 6,600円(1cc)

Q.カベリン注射の効果はいつから実感できますか?

カベリン注射は、1回の治療でも効果を実感していただけますが、1~2週間ごとに3~5回程度の頻度・間隔で受けることでより効果を実感しやすくなります。

Q.カベリンは1回に何ccくらい注射しますか?

当院では、顔へのカベリン注射は頬・フェイスライン・顎下へ注入します。
1回に使用する大まかな使用量は、個人差はありますが、下記が目安となります。

カベリン注射は顔の脂肪溶解に効果的

  • 両頬・・・2~4cc程度
  • フェイスライン(両側)・・・2~4cc程度
  • 顎下・・・2~4cc程度

カベリン(カベルライン・Kabelline)の料金表

カベリン注射
1cc
7,700円
8cc
55,000円

当院の価格はすべて税込表示となります。

カウンセリング・お問い合わせ

このページを見ている人におすすめ

フェイスライン、頬をシャープにするならチンセラプラス(Cincelar+)

チンセラプラス

痛みや腫れを最小限に抑えた脂肪溶解注射で、シャープな小顔に。

切らずに頬・顎スッキリ!小顔注射 BNLS Ultimate

小顔注射(BNLS Ultimate)

小顔注射で頬や顎周りの脂肪溶解・排出しスッキリ小顔へ

ブルドック顔予防に!頬脂肪除去手術

バッカルファット除去手術

頬の脂肪を除去し、たるんだ頬やほうれい線を改善。老化予防にも効果。


施術名 施術詳細 料金
たるんでしまったお顔の靭帯をヒアルロン酸で補強し若々しいお顔へ!ほうれい線・ゴルゴ線などのシワや凹みの改善にも最適です。
しわ・たるみ取り 輪郭形成 注射

料金表を見る

VOVリフトは長期間効果の持続し、コグの先が丸くなっているので痛みを軽減したスレッドリフトです。
たるみ 小顔 リフトアップ 糸による施術

料金表を見る

テスリフトは、下垂した脂肪を長期間引き上げる効果や、コラーゲン生成によるお肌のツヤや美肌作用、PDOの脂肪萎縮作用による小顔効果が期待できます。
頬のたるみ取り 小顔 糸による施術

料金表を見る

チンセラプラス(Cincelar+)は、FDA(アメリカ食品医薬品局)で脂肪溶解効果が認められた「デオキシコール酸ナトリウム」を0.8%という高濃度で配合しつつも、独自の製法で痛みや腫れを最小限に抑えた人気の脂肪溶解注射です。
小顔 顔痩せ 注射

料金表を見る

ボトックスリフトは、肌の浅い層にボトックスを注射し顔や首の引き締め効果(タイトニング)が得られる施術です。
引き締め 小顔 美肌 注射

料金表を見る

おでこ(額)のヒアルロン酸注射は、小顔効果や横顔を美しく整えるだけでなく、加齢と共に丸みや立体感が無くなった方や、額のシワが気になる方にもオススメの施術!
しわ取り 輪郭形成 注射

料金表を見る

糸リフトは、痛みやダウンタイムを最小限に抑え、頬のたるみを引き上げ・ほうれい線を改善。お肌のコラーゲンの産生を促し、弾力・ハリ感UPなどの美肌効果が得られる人気の施術です。
頬のたるみ取り ほうれい線 糸による施術

料金表を見る

ハイフ(HIFU)リフトはウルトラセルという最新マシンを用い、肌の一番深い層のSMAS筋膜をキュッと引き締め、強力なリフトアップ効果が期待できます。
しわ・たるみ取り 小顔 マシン

料金表を見る

バッカルファット除去術は、頬の脂肪の塊であるバッカルファットを適量取り出し、頬のもたつきやブルドック顔の予防・改善や小顔効果のある施術です。
頬のたるみ取り 老化防止 手術

料金表を見る

小顔注射(BNLS Ultimate)は、植物から抽出した成分を主成分とした小顔・顔痩せ専用の脂肪溶解注射です。ダウンタイムがほとんどなく、顔周りの脂肪やたるみをすっきりさせたい方にオススメの施術です。
小顔 顔痩せ 注射

料金表を見る

エラのボトックス注射は筋肉の働きを弱め、エラの張りを改善し小顔になれる施術です。定期的に繰り返すことで後戻りが少なくる傾向があります。
エラの張り 小顔 注射

料金表を見る

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当院では、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ