チンセラプラス(Cincelar+)

チンセラプラス[10分] 1cc9,900円(税込) 〜

チンセラプラスなら大阪駅すぐの当院へ

二重あごやフェイスライン、頬をスッキリさせてシャープな小顔にしたいけれど、顔痩せは難しい・・というご相談が多くあります。
チンセラプラス(Cincelar+)は、FDA(アメリカ食品医薬品局)で脂肪溶解効果が認められた「デオキシコール酸ナトリウム」を0.8%という高濃度で配合しつつも、独自の製法で痛みや腫れを最小限に抑えた人気の脂肪溶解注射です。
チンセラプラスを大阪でご検討されている方は、プライベートスキンクリニックへお気軽にご相談ください。

カウンセリング・お問い合わせ

こんなお悩みありませんか

チンセラプラスは、次のお顔の悩みを改善し、スッキリ・シャープなお顔に導いてくれます。

  • 手術は怖いけれど、顔の脂肪を減らしたい
  • フェイスライン・二重あご・頬の脂肪をスッキリさせたい
  • 日常生活に支障がない小顔治療を受けたい
  • リバウンドしにくい顔痩せ治療を受けたい

プライベートスキンクリニック大阪院のチンセラプラスが選ばれる理由・効果

チンセラプラスは高い脂肪分解効果がありながらも、痛みや腫れを最小限に抑えた脂肪溶解注射です。チンセラプラスの効果についてご紹介します。

①高い脂肪溶解効果

チンセラプラスは、デオキシコール酸という脂肪を効率よく分解してくれる成分を0.8%という高濃度で配合した新しい脂肪溶解注射です。チンセラプラスの低張性脂肪分解促進効果によって、気になる二重あごやフェイスライン、頬の脂肪を分解してくれます。

低張性脂肪分解促進

脂肪細胞内へ水分を過剰に吸収をさせることで、脂肪細胞の分解を促します。

②痛みや腫れが最小限

チンセラプラスは独自の製法によって、痛みを感じるpHや腫れの原因となる浸透圧を調整されているため、高い効果と少ない腫れ・痛みを両立した製剤です。

中性pH

チンセラプラスは、酸性でもアルカリ性でもない中性(pH=7)になるように作られています。注入時の痛みは体内との濃度差によって起こるため、中性であるチンセラプラスはその痛みが極力軽減された製剤です。

浸透圧

高濃度にデオキシコール酸が配合された製剤は、施術後の腫れが問題になる事がありました。その原因の一つとして「浸透圧」が挙げられますが、チンセラプラスは腫れを起こしにくい適切な浸透圧となるよう作られています。

③リバウンドしにくい

肥満症は、脂肪細胞の数が増えることによって起こるのではなく、脂肪細胞のサイズが大きくなることによって起こります。成人後は脂肪細胞の数自体は増減しないといわれています。
チンセラプラスは、脂肪細胞の細胞膜を破壊することで分解し、尿や汗といった老廃物と一緒に排出してくれる効果があるため、脂肪細胞の数自体を減少させてくれます。
そのため、リバウンドしにくい顔痩せ効果が期待できます。

④従来の製剤より少ない回数で効果を実感できる

従来のBNLS neoと比べると、チンセラプラスは配合されているデオキシコール酸の割合が非常に高いため(BNLS neoはデオキシコール酸濃度が0.0002%に対し、チンセラプラスは0.8%と4,000倍の濃度で配合)、より少ない回数で脂肪溶解効果を実感することができます。

チンセラプラスとBNLS neoの比較表
製剤名 チンセラプラス BNLS neo
主成分 デオキシコール酸 ヒバマタ(海藻)抽出物
チロシン(アミノ酸)等
腫れ 少ない ほぼ無し
適応部位 顔・顎下 顔・顎下・鼻
特徴 デオキシコール酸を高濃度で配合。
腫れや痛みを軽減するためにpHや浸透圧を調整している。
植物由来成分が主成分。
腫れや痛みが非常に少ないが、効果を実感するには回数が必要。
施術回数・頻度 4週に1回を3回程度 2週間に1回を5~10回程度

カウンセリング・お問い合わせ

チンセラプラス(Cincelar+)の流れ

カウンセリング

担当医師によるカウンセリングで、お悩みの部位やご希望に応じて適切な本数をご提案します。ご心配なことや気になる部位など、お気軽にご相談ください。

施術

チンセラプラスを注入する箇所をマーキングし、丁寧に注入します。できる限り注入時の痛みを抑えるために、注入箇所をしっかりと冷却し、極細の針でゆっくりと注入します。

アフターケア

施術後の腫れや痛みを抑えるために、施術部位をしっかりと冷やします。

施術の詳細

施術時間 10分程度
麻酔 なし
腫れ・傷跡 針を刺した部分や注入部分に赤みや腫れ、内出血が生じることがありますが、1週間程度で消失します。
メイク 当日より可能
洗顔・シャワー・入浴 当日より可能ですが、入浴は腫れが起こりにくくするために翌日からにしてください。
その他 施術部位のマッサージは1~2日程度控えてください。
妊娠中・授乳中の方は施術を受けることができません。

よくあるご質問

チンセラプラス(Cincelar+)について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.チンセラプラスとカベリン注射の違いはなんですか?

どちらも人気の脂肪溶解注射で、デオキシコール酸がチンセラプラスは0.8%、カベリンは1.0%と高濃度に配合されています。カベリンの方がデオキシコール酸の濃度が高いのですが、腫れや痛みが起きやすい特徴があります。
チンセラプラスはカベリンと比べると、腫れは半分、効果は80%といわれています。
当院では、腫れや痛みと効果のバランスを考慮し、チンセラプラスを導入しています。

Q.どのくらいの頻度・間隔で受けると効果的ですか?

チンセラプラスは、4週間ごとに3回程度の頻度・間隔で受けることで効果を実感しやすくなります。

Q.チンセラプラスは1回に何ccくらい注射しますか?

当院では、チンセラプラスを頬・フェイスライン・顎下へ注入しています。
1回に使用する大まかな使用量は、個人差はありますが、下記が目安となります。

  • 両頬・・・2~3cc程度
  • フェイスライン(両側)・・・2~3cc程度
  • 顎下・・・2cc程度

チンセラプラス(Cincelar+)の料金表

チンセラプラス[10分]
1cc
9,900円
4cc
37,400円
6cc
55,000円
8cc
71,500円

当院の価格はすべて税込表示となります。

このページを見ている人におすすめ

小顔注射(BNLSneo)

植物由来の顔痩せ専用脂肪溶解注射で頬や顎周りをスッキリ小顔に

エラボトックス

切らずに咬筋の動きを和らげ、シャープなフェイスラインに整えます。

バッカルファット除去手術

頬の脂肪を除去し、たるんだ頬やほうれい線を改善。老化予防にも効果。

カウンセリング・お問い合わせ

チンセラプラス(Cincelar+)なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医