アフターピル

アフターピルとは…

アフターピルとは、モーニングアフターピルまたは緊急避妊薬ともいわれ、万が一避妊に失敗してしまった際に、事後的に服用をすることでホルモンバランスを急激に変化させることで妊娠を阻止させる効果があります。

緊急避妊について

  • コンドームを使用せずに性交を行ってしまった
  • コンドームを使用したが、破けてしまった
  • 途中からコンドームを使用したが、性交開始時は付けていなかった

アフターピルの特徴・効果

アフターピル(緊急避妊薬)は性行為後に妊娠を望まない場合に服用する緊急手段です。性行為後72時間以内の服用により妊娠を回避することが出来ます(出来る限り早めに服用して頂くことで妊娠阻止率は上昇します)。

アフターピルの概要

厚生労働省やWHOの認可を受けた緊急避妊薬「ノルレボ錠」またはノルレボ錠のジェネリックを処方しています。

服用方法
性行為72時間以内に1回だけ服用します。
効果・副作用
妊娠阻止率は約85%、妊娠率は約1%です。副作用としては吐き気がでることがまれにありますが、ヤッペ法に比べると妊娠阻止率の高さと副作用の少なさから、現在では世界各国で服用されている薬です。

アフターピルの注意事項

性行為後72時間以内にアフターピルを服用した場合であっても100%の妊娠阻止が可能なわけではありません。ですので、アフターピル服用後に月経が来ない場合には、婦人科を受診され妊娠の有無の確認が必要となります。

アフターピルで良くある質問

Q、性行為後72時間以上経過したらアフターピルは効かないのですか?

A、性行為後120時間くらいまでは効果があるとされています。ただし、性行為72時間後以内の服用の方が効果は高いとされています。

Q、代理で薬の処方は受けられますか?

A、薬の処方につきましては、本人様へ当院医師よりインフォームドコンセント(説明及び同意)が必要となります。本人様来院の上、処方をさせて頂いておりますのでご了承ください。

Q、アフターピルを服用すれば必ず妊娠を阻止できますか?

A、ノルレボ法、ヤッペ法ともに100%の妊娠阻止は出来ません。万が一避妊に失敗してしまった場合には出来る限り早くアフターピルを服用することで、統計上妊娠を回避しやすくなります。
アフターピル服用後、最初の月経が来なかった場合(通常より1週間程度経過しても月経が来ない場合)には、産婦人科へ受診するなどし、妊娠の有無を必ず確認して下さい。

アフターピルを服用しましたが、嘔吐してしまいました

A、当院でのアフターピルの処方は、1回の機会につき1回とさせて頂いております。ですので、そういった場合には専門の産婦人科への受診をお願いしております。

アフターピルの料金表

アフターピル
ノルレボ錠 1錠
15,000円
ノルレボ錠 ジェネリック 1錠
9,800円

無料カウンセリング・お問い合わせ

ご予約はこちら お問い合わせ