目の下のクマ取り・たるみ取りは原因を知って最適な治療をご提案
今月のおすすめメニュー

目の下のクマ取り治療について

目の下のクマやたるみはどうしてできるのでしょうか?
「睡眠不足でクマができちゃって・・」などは一般的に良く使用される言葉ですが、睡眠不足以外にもクマやたるみができる原因はあります。
毎日のメイクで隠すことができればよいのですが、メイクで隠しきれない目の下のクマやたるみは疲れた印象や目元が老けて見える原因となり、お悩みの方が非常に多い部位です。

形成外科専門医のプライベートスキンクリニック大阪院院長が、目の下のクマやたるみができる原因やおすすめのクマ取り治療法をご紹介します。

目の下のクマの種類と原因

自分はどのクマの種類か分からないという方も多いかと思います。大きく分けて「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」の3種類のクマについての詳細と、それぞれのクマができる原因をご紹介します。

目の下のクマの種類と治療法

クマの種類1. 青クマ

目の下の青黒いクマ

目の下に青黒いクマができていたら「青クマ」の可能性があります。目の下の皮膚は非常に薄いため、皮下の静脈の色が透けて見えるため青黒く見えることから「青クマ」と呼ばれています。

青クマの原因

睡眠不足や疲れ、眼精疲労や冷えなどによって引き起こされる血流の滞り(血行不良)が青クマの原因です。血流が滞ると、目の下の毛細血管が皮膚の上からでも青黒く見えてしまいます。元々皮膚が薄い方や慢性的に寝不足・疲労感を感じている方、冷え性の方、色白の方などに起こりやすいクマです。

クマの種類2. 黒クマ(目の下のたるみ)

目の下の黒いクマ

目の下にたるみやふくらみがある場合や、くぼんでいて黒く見えるクマが日常的にある場合「黒クマ」の可能性があります。目の下のたるみやふくらみ、くぼみの影になっている部分が黒く見えることから「黒クマ」または「影クマ」と呼ばれています。

黒クマの原因

目元のたるみと眼窩脂肪のせり出し、目の下のくぼみの3つが主な原因となります。
一つ目の目元のたるみについては、加齢や紫外線などが原因で、真皮のコラーゲンが減少し、目元の皮膚が下にたるんでしまうことによってできた影がクマの原因となります。
二つ目の原因は、目の周りの筋肉が加齢などによって衰えてしまうと、目の下の眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が皮膚の表面に押し出されてきてしまいます。そのせり出してきた脂肪によってできた影が黒クマの原因となるのです。
最後の目の下のくぼみは、加齢に伴う眼窩脂肪の減少や、目元のたるみによってできた影がくぼんで見えることが原因となります。

クマの種類3. 茶クマ

目の下の茶色いクマ

目の下にくすみがあり、茶色っぽく見えるクマは「茶クマ」の可能性があります。目の下の部分に色素が沈着し、その部分がシミのような茶色に見えることから「茶クマ」と呼ばれています。

茶クマの原因

茶クマの原因は、紫外線や擦りすぎなどによる色素沈着が主な原因です。日常生活で日焼け止め対策をすることや、目の下をこすりすぎないよう気を付ける事が予防につながります。
メイク落としの際や、洗顔の際には擦りすぎないよう心がけましょう。

施術法別クマ取りたるみ取り治療一覧

目の下のクマには大きく分けると「青クマ」「黒クマ(影クマ)」「茶クマ」の3つの種類があり、それぞれ原因が異なることをご紹介しました。
クマの原因が異なるため、クマの種類ごとに適した治療法は異なります。

注射による治療

切開による治療

レーザーによる治療

内服薬・外用薬・ドクターズコスメによる治療

当院のクマ取り治療の特徴

医療法人優聖会理事長 安形 省吾

形成外科専門医による治療

目の下のクマやたるみは、なかなかアイシャドーなどのメイクでは隠すことが難しいため、近年ご相談が非常に増えてきているお悩みの一つです。
当院は、解剖学を熟知した形成外科専門医のみが在籍している美容外科として、一人ひとり異なるクマやたるみの原因を解剖レベルで適切に診断をし、最適な治療法をご提案いたします。
当院は、施術後の仕上がりの美しさにこだわることはもちろんのこと、施術前の医師による時間をかけた丁寧なカウンセリングにもこだわっています。
患者様お一人おひとりのお悩みをじっくりと伺うことでしか最適な治療法は提案することができないと考えているからです。
美容クリニックや美容外科と聞くとハードルが高いと思われるかもしれませんが、まずはご相談だけで大丈夫ですので、目の下のクマやたるみにお悩みの方は大阪梅田の当院へお気軽にご連絡ください。

クマ取り治療の施術の流れ

1.カウンセリング

目の下のクマやたるみについてしっかりと診察し、どのような原因でクマやたるみができているのかを見極めます。
患者様のご要望やご不安な点についてお話を伺いながら、最適な治療プランをご提案いたします。

2.写真撮影

カルテ記録用のお写真を撮影します。
写真室はプライバシーに配慮した完全個室となっています。

3.施術

患者様のご希望にあった最適な治療法によって、クマ取り治療を行います。
施術によっては施術前に表面麻酔や局所麻酔を行います。

4.アフターケア

施術後は、クーリングや止血などの最適なアフターケアを行います。

クマ取り治療の料金表

注射による治療 スネコス注射 1回 55,000円
ヒアルロン酸注射 ジュビダームビスタ ボルベラXC 1本 77,000円
切開による治療 下瞼脂肪取り 両側 165,000円
下眼瞼たるみ取り 両側(皮弁法・筋皮弁法) 275,000円
両側(ハムラ法) 385,000円
レーザーによる

治療
レーザートーニング 初回
(初回限定トラネキサム酸1カ月分セット)
12,045円
ハイフアイ+イントラジェンアイ 1回(目周囲のみ) 27,500円
内服薬・外用薬
コスメによる治療
美白内服薬 シナール・トラネキサム酸
(1カ月分)
4,290円
美白外用薬 ハイドロキノンクリーム 15g 4,400円

よくあるご質問

目の下のクマやたるみ取り治療に対して、患者様からよくいただくご質問を紹介します。

目の下のクマの種類は?

【青クマ】
青クマは血行不良によってできるクマで、皮下の静脈の色が透けて見えています。目の下の皮膚に色はついていないので、クマの下を優しく引っぱったり戻したときに、青黒っぽい色が薄くなったり濃くなったりと変化します。
【茶クマ】
茶クマは色素沈着によってできるクマです。目の下に影っぽく薄い色がついていますので、皮膚をひっぱってもクマの色は変わらず、クマの位置も皮膚と一緒に動きます。
【黒クマ】
黒クマはたるみによってできるクマです。目を細めるような感覚で目の下にぎゅっと力を入れたときに、クマが小さくなったり消えたりします。

目の下のクマはマッサージで消えますか?

血流不全が原因の青クマを消すためにマッサージが効果的なこともあります。
マッサージをする際には、オイルやクリームを使い、ゴシゴシと擦らないように優しく行うことがポイントです。強くこすってしまうと、目の下のたるみによる黒クマの原因となったり、色素沈着による茶クマの原因となってしまうことがあるからです。

目の下のクマやたるみに効果的なサプリメントはありますか?

目の下のたるみやクマに関しては、ボリュームを出すこと、色身を薄くすることが大事になってきます。ですので、サプリメントとしてはビタミンCの内服をおすすめいたします。

目の下の脂肪取りとたるみ取りは何が違うのですか?

目の下の脂肪取りは、目の下の膨らみの原因となっている眼窩脂肪をまぶたの裏側から小さく切開して除去する治療なので、皮膚を切開せずに行うことができる美容整形です。
一方、目の下のたるみ取りは、目の下のたるんでいる皮膚を切開して切除する美容整形です。

クマ取り手術の名医の条件はありますか?

しっかりと顔面の解剖を熟知していることが大事かと思います。
同手術の経験症例数も大事ですが、他の顔面の手術症例を経験し、しっかりと解剖を熟知してこそ不測の事態にも対応ができ、摘出する量も適量にすることができると思います。

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ