バッカルファットの失敗とは?失敗しない為にできることも解説します

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニックです!今回は、バッカルファット除去手術で失敗するリスクについてのご紹介です。頬のたるみ改善や小顔治療、将来的なたるみ予防ができるバッカルファット除去手術効果の高さからプチ整形では限界を感じている方にもおすすめの施術です。

バッカルファット除去は、頬の脂肪を取り出す「メスを使った治療」となりますので、ハイフなどの照射系リフトアップ施術に比べると大掛かりな印象が強く、リスクが心配という方もいると思います。また、バッカルファット除去をしたら頬がこけてムンク状態になったという失敗例についても耳にすることもあり、施術に踏み切れないという方もいらっしゃいますよね。そこで、本日はバッカルファット除去手術の失敗例と失敗しないための対策についてご紹介していきます。バッカルファット除去をご検討中の方は、施術を受ける前に是非チェックしてくださいね!

頬脂肪除去(バッカルファット除去)手術の失敗例とは?

バッカルファット(頬の内側にある脂肪)は、長い期間母乳を必要としていた類人猿だった頃に必要とされていた脂肪であり、今の私たちには必要のない脂肪と言われています。「いらない脂肪なら、全部取ってしまえばいいのでは?」と思いますが、人によって適切な摘出量は異なることから、バッカルファットを取りすぎたために顔痩せを通り越してこけてしまったという失敗例も実際に起きています。では、他の失敗例も含めて詳しく見ていきましょう。

頬が凹む・こける

バッカルファット除去手術を受けて、頬に凹みができたり、頬がこけて以前より老けて見えるようになったというケースです。これは、バッカルファットの取りすぎによるものと考えられます。

左右差が目立つ

左右の頬で差が目立つケースです。片方だけが凹んでいたり、フェイスラインが左右で違ってしまうこともあります。個人差はありますが、お顔はもともと完全に左右対称の方はいらっしゃいませんので、多少左右差がでてしまうことはあります。ただし、左右差が大きく目立つような場合は、片頬のバッカルファットの取りすぎや、見極めが足りず左右のバランスを考慮した施術ができなかったことが原因と考えられます。

たるみが改善せず効果を感じない

せっかく施術を受けたのに、たるみが改善されないケースです。これは、バッカルファット除去手術自体が適応していないか、バッカルファットの除去量が足りない、または、除去する位置が適切ではなかったと考えられます。除去量が足りない場合は、再手術にて対応するクリニックもあります。

バッカルファットのメリット・デメリットとは?
バッカルファット除去手術のメリットとデメリットのご紹介です!たるみ改善や小顔治療としておすすめのバッカルファット除去は、お口の中から脂肪を取り除くメスを使う施術のため、リスクや副作用が心配な方も多いの...

バッカルファットで失敗しないための対策は?

バッカルファット除去について、実際の失敗例を知ると「万が一失敗したらどうしよう」と不安に感じる方も多いと思いますが、クリニック選びを慎重に行えば心配はありません。バッカルファット除去は、口の中から皮膚の内側にある見えない脂肪の除去を行う施術ですので、お顔全体のバランスを考慮してどの位置からどのくらいの量を取り除くかの見極めが必要な難しい施術です。ですから、施術を行う医師の技術力とセンスによって、仕上がりに大きな差が生じる可能性が高いのです。

バッカルファットで失敗しないためにはクリニック・医師選びが大切

バッカルファット除去について上述でご説明したような失敗例があることから否定的で推奨していない一部の医師もおりますが、逆に得意としており経験多数の医師もおります。適切な方法で実施すれば安全性はもちろん、効果も高い施術なのです。失敗しないためには、バッカルファット除去手術の経験が豊富な信頼のおける医師やクリニックで治療を受けることが大切です。

バッカルファットは取るべき?

バッカルファットは頬に内側の深い部分に存在する脂肪の塊です。もともと頬の上方に位置していますが、年齢を重ねるにつれ徐々に下がり、頬のたるみやほうれい線の原因となります。また、バッカルファットが原因でぽっちゃり感や丸顔が際立ってしまうケースもあり、除去によりたるみ改善や顔痩せ効果が期待できます。たるみが気になりだす40代以降の方に人気がありますが、将来必ず起きる老化の予防として20~30代のうちに早めにとる方や小顔になるために施術を受ける方もいらっしゃいます。

このような説明を受けると「バッカルファットは取るべきでは?」と思うかもしれませんが、バッカルファット除去手術は、誰に対しても最適な治療とは限りません。それは、お顔のたるみが起きる理由は一つではありませんし、人によって異なるからです。もちろんバッカルファットを除去すれば、たるみの原因の一つは解消できるかもしれませんが、他の原因が重なっていればそちらの対処も考えなければなりません。顔痩せ効果についても同様で、頬の余分な脂肪を取ればもちろん小顔にはなりますが、その有効性はもともとの脂肪量や脂肪の付き方によっても異なります。

バッカルファットを取って希望の仕上がりになる方がいる一方、適していない施術であれば、効果をあまり感じられない場合もありますし、複数の原因を解消するために別の施術と併用することで高い効果を得られるケースもあります。バッカルファットをご検討されている方は、まずはカウンセリングにてご自身に合った施術であるかをご相談されることをおすすめします。

まとめ

バッカルファット除去手術の失敗例と失敗しないための対策についてご紹介しました。実際の失敗例とクリニック選びの重要性についてご理解いただけたかと思います。大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、解剖学を熟知した医師のもと安全性の高い施術を提供しています。また、事前のカウンセリングにてお顔の状態を診察し、患者様に最適な施術プランをご提案いたします。バッカルファット除去をご検討の方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

プライベートスキンクリニック大阪院 バッカルファット

バッカルファットの詳細はこちらから

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

鼻の整形3,000件以上、二重形成5,000件以上、注入治療5,000件以上の確かな施術実績

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業