フェイスラインのたるみはハイフが効果的!

監修医師

安形 省吾

医療法人優聖会理事長

医師詳細はこちら

安形省吾医師

フェイスラインのたるみはハイフが効果的!こんにちは!プライベートスキンクリニックです!
今回は、フェイスラインのたるみに有効なハイフについてのご紹介です。

「フェイスラインをスッキリさせたい!」
そんな、フェイスラインのたるみやもたつきでお悩みの方に、本日おすすめするのが「ハイフ(HIFU)」です。

フェイスラインを整える治療は、実はハイフ以外にもいくつかあるのですが、その中でも「メスを使わない」「針も使わない」それでも「たるみに良く効く!」というのがハイフであり、フェイスラインのたるみ改善に効果抜群なんです!

お顔のたるみに関するお悩みは、日々のセルフケアだけでは改善が難しいと痛感されている方も多いと思います。
そんな方は、ぜひ美容医療の力を活用してください!

フェイスラインの引き締めに効果的なハイフの特徴について詳しく解説します。
ハイフ(HIFU)をご検討中の方、必見です!

フェイスラインのたるみにはハイフが効果的!

フェイスラインのたるみにはハイフが効果的!

フェイスラインのたるみにハイフが効果的な理由は、ハイフは超音波による熱エネルギーをお肌に照射し、肌の土台である「SMAS(表在性筋膜)」を引き締めてたるみを改善できるからです。

SMASとは、表情筋と皮下組織の間にある層です。
お顔の皮膚は、表皮→真皮→脂肪→SMASと、順に深くなっています。
SMASは、いわばお肌の土台となり、支えている層です。
そのため、年齢を重ねるごとにSMAS層が緩んでくると、お肌を支えられなくなりたるみが生じやすくなります。

SMAS層はお肌の深いところにある層のため、一度緩んでしまうと自分ではアプローチしにくく、セルフケアをしてもなかなか改善できません。
そこで、ハイフです。
ハイフはSMAS層まで熱エネルギーを届け、緩んだSMAS層を引き締めることが可能なので、フェイスラインのみならず、お顔全体のたるみの引き締め効果にも期待できます。

また、ハイフの熱による肌のダメージを修復するために、コラーゲンやエラスチンが生成される作用もあります。
そのため、肌質改善効果にも期待できます。

それでは、ハイフによってどんな効果が得られるのか、具体的に見てみましょう。

フェイスラインがスッキリ!小顔効果も!

フェイスラインのたるみが改善されて、リフトアップ効果を実感できます。
輪郭がスッキリ整いますので、小顔効果も得られます。

顎下を引き締めてもたつき・たるみを解消する

顎下のもたつきやたるみ、二重アゴの改善にも有効です。
顎下の脂肪がキュッと引き締まります。

横顔のラインが整う

フェイスラインと顎下がスッキリしますので、横顔のラインもキレイに整います。

シワやたるみを解消する

お顔全体のシワやたるみを改善します。
頬のたるみを改善し、ほうれい線やマリオネットラインを目立たなくします。
ブルドッグ顔の解消にも有効です。

美肌効果

リフトアップやたるみの改善に加え、熱によるダメージを修復する働きによってコラーゲンが増殖するため、お肌のハリやツヤのアップ、毛穴の引き締め効果も期待できます。

フェイスラインへのハイフは痛い?

ハイフは照射部位や出力の強さによって痛みの感じ方が変わります。
フェイスラインまわりは、比較的痛みを感じやすい部位と言われています。

  • フェイラインの骨に響くような痛み
  • 顎裏部分に熱を感じるような痛み

その他、皮膚の薄い目元なども、他の部位よりもチクチクとした痛みを感じやすい傾向があります。

フェイスラインへのハイフの効果を高めるポイント!

フェイスラインへのハイフの効果を持続させるためには、半年に1回程度を目安に施術を継続するのがおすすめです。
ハイフを、より効果的に活用するためのポイントをチェックしておきましょう。

定期的に施術を受ける

ハイフは1回の施術でも効果を実感できますが、定期的に受けることで高い効果が得られます。
また、効果の持続期間は6カ月~1年間程度となります。

効果がなくなる前に継続的に受けるのがおすすめです。

フェイスラインのみはもったいない

フェイスラインをスッキリさせたいと、「フェイスラインのみ」のメニューをご希望される方もいると思います。
フェイスラインだけに照射した場合でも、もちろん効果はあるのですが、フェイスラインのたるみやもたつきを改善したい方は、お顔全体に照射した方が全然効果的と言えます。

フェイスラインにたるみがでている方の多くは、お顔全体のたるみが、輪郭に影響している可能性があります。
ですから、輪郭や顎周辺への部分的なアプローチだけで、十分なリフトアップ効果を得るのは難しいのです。
お顔の土台となるSMASは、頭から首までつながっているため、お顔全体にハイフの熱エネルギーを与えることでリフトアップ効果がより高まります。

当院のハイフ治療は、基本的に顎下を含むお顔全体(全顔)に照射します。
(ハイフアイの場合は、目の周辺のみの照射となります)

ただし、フェイスラインや顎下のみの照射コースを選択できるクリニックもあります。
お顔のたるみがない方で、お顔の脂肪を減らして小顔効果を求める場合には、フェイスラインのみの照射でも効果的であると考えられますので、ご自身のお悩みに合った施術メニューを選択することが大切です。

施術後の肌ケアをしっかり行う

ハイフは、肌の奥層にアプローチするため、肌表面にはダメージを感じにくい施術です。
施術直後は赤みがでるケースもありますが、数時間経つと治まることがほとんどです。

見える部分の肌トラブルが最小限であるのはメリットではありますが、肌の奥では熱による変化が生じているため、肌の表面が敏感になったり乾燥しやすくなる可能性があります。

施術後は、普段以上に念入りに保湿ケアと紫外線ケアを行いましょう。

クリニック選びを慎重に行う

ハイフは、照射深度や出力の強さを変えながら施術を行いますので、設定やあて方によっては効果に違いが生じる可能性があります。
しっかり施術の効果を得るためにも、信頼できるクリニックや医師のもとで施術を受けましょう。

当院はウルトラセルHIFUを使用しています。
患者様のお肌の状態を確認しながら、照射部位に適した設定で施術を行います。
肌質改善や目元の小じわ、ほうれい線やマリオネットライン、フェイスラインのもたつきなど、小じわから大きなシワやタルミに対しても、しっかり調整して照射していきます。

ハイフ以外にフェイスラインに有効な治療はある?

フェイスラインのたるみやもたつきを改善するためのメスを使わない治療法として、当院が特におすすめしているのは、以下の3つです。

  • ハイフ
  • ヒアルロン酸注射(ヒアルロン酸リフト)
  • 糸リフト

いずれの治療法も、フェイスラインのたるみの改善効果が期待できて、ダウンタイムは短く、受けやすい施術です。
それぞれでメリット、デメリットがありますので、どの施術がよいか迷われている方は、一度クリニックで相談してみるのがいいでしょう。

ハイフはこんな方におすすめです!

ハイフをおすすめするポイントは、やはりその手軽さにあります。
お肌に傷をつけずに、超音波の力だけで肌の奥層に働きかけることができるため、比較的簡単にリフトアップ効果が得られるのです。

  • フェイスラインのたるみやもたつきが気になる
  • 二重アゴが気になる
  • 首と顎の境目がない
  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる
  • 頬のたるみが気になる
  • お顔全体のたるみが気になる
  • 小顔になりたい
  • メスを使わない施術がいい
  • 痛みが少ない治療を選びたい
  • ダウンタイムを短くしたい
  • 照射系の施術が希望

糸は抵抗があるし、注射も苦手…という方でも、ハイフであれば、お顔にあてるだけで治療が可能です。

まとめ

フェイスラインのたるみに効果的なハイフについてご紹介しました。
ハイフは、お肌の土台であるSMASへ直接働きかけることができ、セルフケアが難しいたるみにも効果抜群です!
たるみでお悩みの方は、ぜひご活用いただければと思います。

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
肌のお悩みや状態は、患者さまによって異なります。
たるみの状態を診察したうえで、ハイフ以外の選択肢も含めて患者様のご希望に適した施術をおすすめいたします。

フェイスラインのたるみでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

フェイスラインのたるみはハイフが効果的!について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.ハイフの効果が出やすい部位を教えてください?

ハイフは、お顔の中でもフェイスラインや顎下、頬・口元のリフトアップに効果的な施術です。

Q. 顔へのハイフの効果は何日後から感じられますか?

施術直後から効果を実感される方が多いです。施術後数日~1カ月を目安に、更に高いリフトアップ効果を感じられます。
施術後1~3カ月間は、コラーゲンやエラスチンの生成が続くため、ハリやツヤのアップが続きます。また、リフトアップ効果も継続します。

Q.ハイフをやり続けるとどうなりますか?

ハイフを定期的に受けると、リフトアップ効果や美肌効果が持続されます。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当院では、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ