疲れたり夕方になると目の上がくぼむ原因とは?

監修医師

安形 省吾

医療法人優聖会理事長

医師詳細はこちら

安形省吾医師

疲れたり夕方になると目の上がくぼむ原因とは

こんにちは!プライベートスキンクリニックです!

今回は、目の上のくぼみについて解説します。目の上がくぼんでいると「老けてみられる」「疲れてみえる」などの印象を与えかねません。放っておくと悪化してしまうこともあるので早めの対策が必要です。

疲れたり夕方になると目がくぼんで悩んでいるという方に向けて、くぼむ原因と改善方法についてご説明しています。ぜひ参考にしてみてください。

疲れると目の上がくぼむ原因とは?

疲れると目の上がくぼむ原因とは?

疲労感が溜まる夕方の時間帯になぜ目の上がくぼむのでしょうか。その原因について解説します。

眼精疲労

スマホやパソコンなどのブルーライトを長時間見続けることで、眼精疲労を引き起こします。

眼精疲労は眼輪筋と呼ばれる筋肉を萎縮させます。眼輪筋にはまぶたを支える働きがありますが、萎縮が起こることでまぶたの脂肪を支えられずに下降し、くぼみとなるのです。

また、パソコンやスマホを見ているとまばたきの回数が減少します。まばたきが減ることで眼輪筋が衰えくぼみの原因となります。長時間使用する際は小休憩を挟むなど工夫しましょう。

加齢・筋力低下

目の上のくぼみには、眼窩脂肪と眼輪筋が大きく関与しています。

若年層の方は、脂肪のボリュームがあり、筋肉の働きも十分なため目の上がくぼむことは少ないです。しかし、加齢によって眼窩脂肪のボリュームダウンが起こり、筋力が低下がすることで目の上の眼科脂肪が下がりくぼみやすくなるのです。

これらの脂肪と筋肉の影響で年を重ねるごとにくぼみやすくなり、疲れが溜まることで症状として表れやすくなっています。

目のくぼみは老化だけが原因ではない?

目のくぼみは老化だけが原因ではない?

目の上のくぼみは老化だけではなく、外的刺激、紫外線によって引き起こされます。
特に注意していただきたいのが、まぶたの摩擦や刺激です。まぶたは皮膚が薄いためデリケートで摩擦などの外的な刺激に影響を受けやすい部位です。まぶたを擦ると色素沈着などを起こしやすく、くぼんで見られる原因となるので注意しましょう。

また、紫外線対策はくぼみ予防のために大切です。紫外線は肌にとって大敵。まぶたは肌のハリを作るコラーゲンやヒアルロン酸の量が少なく、くぼみがでやすい部位になっています。紫外線によってもともと少ないヒアルロン酸の量がさらに減少するため、よりくぼみやすくなるので注意しましょう。

セルフケアで目の上のくぼみの改善方法はある?

セルフケアで目の上のくぼみの改善方法はある?

目の上のくぼみが気になる方に向けておすすめのセルフケアについてご紹介します。簡単に始められるケアをまとめていますので参考にしてみてください。

アイクリームなどで保湿をする

目元は肌のなかでも皮膚が薄く、角質層が少ないなど外的な影響を受けやすい部位です。特に紫外線には注意しましょう。紫外線の影響で肌が乾燥し、くぼみの原因になってしまいます。

そこでおすすめしたいのがアイクリームです。保湿効果の高いアイクリームを使用することで乾燥、くぼみを防ぐ効果が期待できます。セラミドやヒアルロン酸が多く配合された製品を選ぶとよいでしょう。

マッサージは逆効果

目の上のくぼみに対して、マッサージはあまりおすすめできません。

眼精疲労など血流が滞っている場合はマッサージによって血流が促進されるため、くぼみの改善に効果的です。しかし、正しいマッサージでなければ逆効果になってしまうこともあるため注意しましょう。

まぶたは皮膚が薄いため外的な刺激の影響を受けやすいです。マッサージをすることで色素沈着などを引き起こし、逆にくぼみの原因となってしまうことも。正しいケアで目の上のくぼみを改善していきましょう。

美容医療で目の上の凹みを改善する

目の上のくぼみが気になる方におすすめの美容医療についてご説明します。気になる治療がある方は、気軽に当院にお問い合わせください。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射とは、体内にもともと存在するヒアルロン酸と同じ成分の製薬を注入する治療法です。肌にハリやツヤを与え、ボリュームを出すため、くぼみの治療に最もポピュラーな治療法です。

ヒアルロン酸注射は注入のみで一見、簡単そうに見えますが技術力の必要な施術です。どこにどれくらいのヒアルロン酸を注入すればいいのか医師の技術力が求められます。当院では、経験豊富な医師が解剖学的に適切な部位、量を注入しています。

まぶたは皮膚が薄いのでヒアルロン酸の中でも粘度粘土の低いジュビダームビスタ®のボリフトXCやボルベラXCを使用しています。ヒアルロン酸注射が気になる方は気軽にご相談ください。

ACRS療法

ACRS療法は、ご自身の血液から精製した成長因子を豊富に含む製剤をお肌に導入することで肌を再生する美容再生治療です。

患者様の血液を採取し、血液中にある白血球・血小板に含まれている「抗炎症性サイトカイン」と「成長因子」を、37℃の環境で約3時間インキュベーション(培養)します。その後、増殖させた上清液(サイトカイン)を再び肌に注入する治療法です。

サイトカインとは、細胞の分化や新生、損傷した組織の修復を促すタンパク質です。皮膚をふっくらと保つために必要な線維芽細胞を増殖させます。

ACRS注入療法によって、線維芽細胞が増殖し、くぼみやニキビ跡の凹凸までさまざまな症状の改善が期待できます。また、老化した細胞の蓄積による「慢性炎症」は、お肌を促進させてしまいます。ACRSは、「炎症性サイトカイン」と「抗炎症性サイトカイン」のバランスを整え正常な細胞培養環境を取り戻すことで若々しく、いきいきとした目元を取り戻す効果が期待出来ます。

PRP皮膚再生療法

PRP(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿)皮膚再生療法とは、皮膚を再生させる能力を持つ血液中の血小板成分を、専用のキットを用いて分離した後に皮膚に注射する治療法です。

血小板成分を多く含むPRPをしわや凹みなどが気になる部位に注入することで、真皮の線維芽細胞の働きを活性化し、若々しい・ふっくらとした美肌を再生します。

当院は、PRPにコラーゲンやFGF(成長因子・フィブラスト)を混入させず、ご自身の血液から分離したピュアな成分のみを注射します。

PRPに成長因子を混ぜることで、短期的にはPRPの定着率を上げる効果が期待できるのですが、施術後のしこりを形成するリスクも上がってしまいます。PRP施術後のしこりについては、改善させることが難しい副作用のため、当院では安全性を第一に考え純粋なPRPのみを注射しています。

厚生労働省認可済みのプライベートスキンクリニック大阪院のPRP皮膚再生療法で安心・安全な治療を受けてみませんか?

まとめ

いかがでしたか?今回は目の上のくぼみが気になる方に向けて、くぼみができる原因とおすすめのセルフケア、美容医療についてご説明しました。

目の上のくぼみは加齢による脂肪の減少、筋力の低下や眼精疲労によって症状がでてきます。

目の上のくぼみは「疲れている」「老けてみられる」などネガティブなイメージをもたれることがあるため、気になる方は早めに治療を行いましょう。当院ではヒアルロン酸注射や再生医療でくぼみの治療を行っています。いずれもダウンタイムが少なく、満足度が高いおすすめの治療です。

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。

目の上のくぼみでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

疲れたり夕方になると目の上がくぼむ原因とは?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.ストレスや疲労は目の上が凹むことと関係がありますか?

疲労やストレスによって血流が悪くなり、筋肉が固まることで脂肪をささえきれずに目の上の凹みの原因となります。

Q.特定の栄養素の不足が原因で目の上の凹みが生じる場合はありますか?

ビタミン類が不足すると眼精疲労の原因となり、凹みがでやすくなります。ビタミン類には肌にハリやツヤを与えるコラーゲンの正常な再合成を促す役割もあるため積極的に摂取しましょう。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
日本形成外科学会
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ