陥没乳頭手術は凹んだ乳首を治したいなどのお悩みにおすすめ

陥没乳頭手術(仮性) 片側[60分]132,000円(税込) 〜

陥没乳頭手術ならプライベートスキンクリニック大阪院へ

陥没乳頭(乳首)は、授乳に障害を及ぼさない限り、疾患(病気)ではありませんが、見た目としてお悩みの方は非常に多いお悩みの一つです。
当院は、熟練の医師が患者さん一人ひとりの症状を丁寧に診察し、ご希望に応じた最適な治療法を選択・提案します。

陥没乳頭手術のメリット

  • 自信が持てるバストに
  • 授乳機能を温存できる

陥没乳頭手術の3つの魅力

魅力1魅力的な印象のバストに

乳首が陥没していることで整容的に気になる方にとって、手術を行うことで魅力的な印象のバストを手に入れることができます。

魅力2授乳の機能を温存

乳管を温存することで、授乳の機能を損ないません。そのため出産前の女性にも安心して手術を受けて頂けます。

魅力3術後の見た目にもこだわった手術

美容クリニックとして、機能面だけでなく見た目にもこだわった手術を行います。

陥没乳頭とは

陥没乳頭とは、乳頭(乳首)が乳房の方に凹んでしまっている状態のことをいいます。陥没乳頭は、乳管の未発達が原因で乳頭の長さが短くなり内側から引っ張られたような状態になることで起こります。

陥没乳頭手術の特徴

真性と仮性について

陥没乳頭(陥没乳首)には種類があり、指で乳首を引っ張っても埋没したままのものを「真性」、引っ張ったり刺激をすると出るものを「仮性」と呼びます。陥没乳頭(陥没乳首)をそのまま放っておくと、授乳ができないというケースもあります。

「仮性」の場合、授乳可能な場合もありますが、「真性」と同様、へこんでいる部分に汚れがたまることで雑菌が繁殖し、乳腺炎を起こす可能性があります。ご出産を考えられている方は、妊娠前に陥没乳頭の治療を行っておくことが望ましいです。当院では健康保険は取り扱っておりません(保険適用外)が、陥没乳頭の機能的な改善だけでなく、見た目(形態的な)変化にもこだわりを持って手術させていただきます。

手術方法

真性陥没乳頭の場合

真性陥没乳頭の治療法は、母乳の分泌機能を残す(乳管を保存する)方法と、乳管を切断する方法があります。乳管を完全に切断すれば陥没は改善されますが、乳汁が分泌できなくなりますので、出産前の女性の場合には、乳管を温存する方法をおすすめしています。

仮性陥没乳頭の場合

乳頭を引っ張りだしてその根本を後戻りしないように複雑にデザインし、組織を縫合する埋没法です。

カウンセリング・お問い合わせ

ダウンタイム

施術時間 60分程度
麻酔 局所麻酔で行います。痛みに弱い方は、笑気麻酔もあります。
腫れ 1~2週間程度(個人差あり)
傷跡 乳輪に添って切開するので傷跡は、ほとんど目立ちません。
通院 1週間後に抜糸が必要です。
シャワー 当日より可能です。当日は患部を濡らさないようにしてください。
その他 女性の患者様につきましては、手術当日はスポーツブラもしくはワイヤー無しの下着をご持参をご持参ください。
抜糸まで患部をキャップのような器具で保護・固定します。

陥没乳頭手術の料金表

陥没乳頭手術(仮性)
片側[60分]
132,000円
両側[60分]
217,800円
陥没乳頭手術(真性)
片側[120分]
198,000円
両側[120分]
327,800円

当院の価格はすべて税込表示となります。

カウンセリング・お問い合わせ


施術名 施術詳細 料金
全体的な乳房に対して乳輪が元々大きい、また、乳房の成長や授乳などの影響で乳輪が広がってしまったなどお悩みの方へ乳輪縮小はおすすめの施術です。
乳輪形成 手術

料金表を見る

乳頭縮小術を施術する際、サイズだけでなく乳頭の形も一緒に整えることができます。授乳に必要な乳管を傷つけない手術方法で、授乳機能を温存できます。
乳頭形成 手術

料金表を見る

豊胸ヒアルロン酸なら切開せずにバストアップが可能です。バストアップがしたい、左右差を整えたい、谷間が欲しい、デコルテにもボリュームが欲しい方に選ばれています。
バストアップ 胸のハリ 注射

料金表を見る

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

形成外科部長 加藤健太郎

鼻の整形3,000件以上、二重形成5,000件以上、注入治療5,000件以上の確かな施術実績

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ