わきが(腋臭)手術

直視下法(剪徐法)217,800円(税込) 〜

わきが手術なら大阪駅すぐの美容外科プライベートスキンクリニックへ

わきが手術では腋臭の原因を手術で除去します。半永久的な効果が見込めるので腋臭を根本的に改善したい方へおすすめの施術です。

カウンセリング・お問い合わせ

わきがに関するこんなお悩みありませんか?

  • 脇の臭いが気になる
  • 服に汗じみがよくできる
  • 服の黄ばみが気になる

わきが手術がおすすめな理由

理由1腋臭を根本的に改善できる

手術によって腋臭の原因であるアポクリン汗腺を取り除く施術です。

理由2継続的な効果が期待できる

アポクリン汗腺を取り除くので、臭いは著明に減少します。

理由3脱毛効果もあり

多くの場合、手術時にアポクリン汗腺と一緒に毛根も取り除かれるので、脱毛効果も得られます

わきが(腋臭)手術とは

腋臭の原因となる、アポクリン汗腺を取り除くためわきがの治療法としてはボトックス治療やミラドライなどの切らない治療がありますが、わきが手術は汗や臭いのもととなる組織を手術で取り除きますので、切らない腋臭治療ではなかなか効果を実感できなかった方にもおすすめの手術です。

直視下法(剪除法)

直視下法(剪除法)とは、脇下の中央のシワに沿って約4㎝程切開し、切開した皮膚の裏側に存在するアポクリン汗腺、エクリン汗腺を目視で確認し取り除く手術です。
その後、丁寧にナイロン糸で縫合をします。傷はワキのしわに沿っていますので、目立ちにくくなります。術後はテーピングでしっかりと固定をします。
手術時間は約45分程度で、約80%の汗腺の除去が可能といわれています。臭いはもちろん、多汗症の治療にもなり、除去した部分の脱毛効果もあります。重度のわきがの方にも長期的に効果が持続します。
約4㎝ぐらいの傷跡が残ります。徐々に目立たなくなります。腋臭の臭いの原因であるアポクリン汗腺は、毛と一体化しているため、脱毛の効果もあります。

小切開法

小切開法わきが手術は、皮下組織掻爬法・吸引法をさらに進化させたもので、ワキの下を約1㎝程切開し、小さく切れ目を入れてそこから特殊な器具を使って皮膚の下のわきが・多汗症の原因となる組織を削り取ります。
イナバという専用の医療機器を用いて、特徴的なのは使う器具でハサミの形をしている片方に皮膚を押さえつけるためのローラーが、もう片方に皮下組織を削り取るための刃が付いているものを使います。
汗腺や皮脂腺を大きな傷を付けずに除去することができるわきが手術法です。特殊な器具を使用することで、直視下法と同等程度の効果で傷跡を最小限度にすることができます。
皮膚の裏側にあるアポクリン腺・エクリン腺を除去する手術です。手術時間は、45分程度で、傷痕も小さく、約80%の汗腺の除去が可能といわれています。
重度のわきがの方にも効果的で長期的に効果が持続します。ニオイに最も効果がありますが、多汗にも効果があり、わき毛も薄くなります。直視下法と同等程度の結果をより小さな傷で施術ができる点が小切開法のメリットです。手術後は傷跡にテーピング固定処置を施すので安心です。

わきがと多汗症の違い

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

アポクリン腺(ニオイを出す)

アポクリン腺は毛根とつながっていて皮膚の深い所にあります。脇の下や陰部、耳の中などに集中してあります。年齢と共に大きくなり、思春期を過ぎたあたりから小さくなっていきます。皮脂と同じく毛穴の奥に存在し、脂肪やタンパク質などの老廃物も含まれるので、これらが皮膚表面の細菌などによって分解され、独特のニオイを発します。

エクリン腺(汗を出す)

毛根から独立して皮膚の浅いところにあり、全身のいたるところに存在しています。成分のほとんどは水なので基本的に無臭です。暑いときに発汗したり、運動時に発汗するのはこちらの汗です。

わきが(腋臭)手術の流れ

カウンセリング

施術前には担当医師によるカウンセリングで、ワキの状態を確認し患者様のご希望をヒアリングします。

局所麻酔

ワキへ局所麻酔します。

施術

ワキ下のしわに沿って切開し、アポクリン腺を除去します。手術後は切開部分を丁寧に縫合します。

アフターケア

皮膚がしっかり付くように圧迫固定をします。

ダウンタイム

施術時間
約45分
麻酔
局所麻酔。痛みがご不安な方は笑気麻酔を使うこともできます(別料金)。
腫れ・傷跡
抗生物質と痛み止めをお出しします。徐々に傷跡は目立ちにくくなります。
通院
5日後にテーピングの抜去、2週間後に抜糸にご来院ください。
メイク
特になし。
洗顔・シャワー・入浴
手術当日より脇より下のシャワーは可能です。全身のシャワーはテーピング固定の抜去後から可能です。入浴は抜糸後より可能です。
リスク・注意事項
わきが術後5日間は脇をテーピング固定します。手術当日は腕周りにゆとりのある服装でご来院ください。

カウンセリング・お問い合わせ

よくあるご質問

わきが(腋臭)手術について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.わきがの手術後は抜糸を行いますか?

わきがの手術後は、5日後にテーピングの除去、2週間後に抜糸を行いますのでクリニックへ来院してください。

Q.わきがの手術のダウンタイムはどれくらいありますか?

わきが手術のダウンタイムは、2週間程度です。手術後5日間はテーピング固定を行います。

Q.タイオーバーとは何ですか?

タイオーバー固定とは腋臭症の手術などで用いられる固定方法のことをいい、一度剥がした皮膚の定着を良くする為に、皮膚と創部が浮かない・ずれないことを目的として使用されます。
当院では、タイオーバーではなくステイスーチャーという処置を採用しており、皮弁の密着や皮膚の定着を良くするために数十か所にナイロン糸で仮止めを行います。その後、抗生物質入りの軟膏を塗り、ガーゼを俵状にしたもので創部全体を覆いテーピングで固定します。

Q.わきがの手術は脇の脱毛効果はありますか?

手術時にアポクリン汗腺と一緒に毛根も取り除かれるので、脱毛効果も得られます。

Q.わきがの手術痕は残りますか?

わきのしわに沿って切開するため、傷跡は目立たなくなります。アポクリン腺を取り除くので脇毛はかなり減少します。

美容整形手術 交通費キャッシュバック

わきが(腋臭)手術の料金表

わきが(腋臭)手術
直視下法(剪徐法)
217,800円
小切開法
272,800円

当院の価格はすべて税込表示となります。

このページを見ている人におすすめ

ミラドライ

切らない・傷の残らない新しいワキ汗とニオイの施術です。

ボトックス注入 (多汗症)

注射により発汗を抑え、ワキの汗染みや臭いを短時間で治療します。

カウンセリング・お問い合わせ

わきが(腋臭)手術なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

鼻の整形3,000件以上、二重形成5,000件以上、注入治療5,000件以上の確かな施術実績

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業