小鼻縮小整形術(鼻翼縮小術)

内側切開法 217,800円(税込) 〜

小鼻縮小整形はプライベートスキンクリニック大阪院へ

小鼻縮小は小鼻を小さくする施術です。バランスの良い小さい小鼻になり、鼻の穴も目立たなくなります。
プライベートスキンクリニック大阪院では、患者様のご希望とお顔全体のバランスを見ながら、小鼻のデザインを決定します。

カウンセリング・お問い合わせ

小鼻縮小はこんな方におすすめ

小鼻(鼻翼)が横に大きく広がっていたり、上向きに広がっていて鼻の穴が目立ってしまう方におすすめの治療です。小鼻が広がっていると、鼻の穴が目立ったり鼻が大きく見えることがあります。

  • 鼻の穴が目立つ
  • 鼻の穴を小さくしたい
  • 鼻が大きい
  • 豚鼻を治したい

小鼻縮小のメリット

メリット1傷が目立ちにくい

手術の傷は、鼻の穴の中もしくは小鼻の溝にあるので目立ちません。

メリット2手術後の腫れが少ない

鼻のシリコンプロテーゼなどの手術に比べると、術後の腫れは少ないです。

メリット3鼻をスッキリ、小さく見せる

鼻筋が通っていても、小鼻が大きいと鼻全体が大きく見えてしまいます。小鼻を縮小するとことで鼻自体をスッキリ、小さくみせることが可能です。。

小鼻縮小術整形術とは?

小鼻縮小整形術とは、横に広がった小鼻を縮める手術のことです。鼻翼縮小整形術と呼ばれることもあります。小鼻が広がっていると、「鼻が低く見える」「鼻が大きく見える」可能性があります。
プライベートスキンクリニック大阪院では、鼻翼縮小にはいくつかの方法があります。当院では、患者様とご相談しながら、お鼻の状態に合わせた施術法を提案させていただきます。

鼻翼の付け根の幅が広く、狭くしたい場合は「内側切開」、張りだしている、鼻翼の膨らみをなくしたい場合は「外側切開(全切開)」がおすすめです。

内側切開

内側切開は、鼻の穴の内側から小鼻を切開します。外側には傷ができません。

外側切開(全切開)

外側の張り出しが強いタイプは、外側の切開も必要となります。小鼻の溝にかけて傷ができるので目立ちません。

ダウンタイム

施術時間
30~60分程度
麻酔
局所麻酔で行います。痛みに弱い方は、笑気麻酔でリラックスしていただけます。
腫れ
腫れや赤みは個人差がありますが、1~2週間程度で治まります。
傷跡
傷跡は目立ちません。
通院
1週間後に抜糸があります。
お薬
5日分の抗生剤があります。
メイク
翌日から可能です、患部は抜糸まで避けてください。
シャワー
当日より可能ですが、患部を濡らさないようにご注意ください。
その他
術後は鼻をテーピング固定します。お帰りの際マスクを着けてお帰りいただきますので、マスクをご持参ください。

カウンセリング・お問い合わせ

美容整形手術 交通費キャッシュバック

小鼻縮小整形術(鼻翼縮小術)の料金表

小鼻縮小術[50分]
外側切開法(全切開法)
327,800円
内側切開法
217,800円
鼻翼形成術[120分]
ABF法
437,800円

当院の価格はすべて税込表示となります。

このページを見ている人におすすめ

切らない小鼻縮小術

切らずに両小鼻を縫い縮め、小鼻を小さくし丸みを減らします。

鼻尖形成術(鼻尖縮小術)

だんご鼻を根本的に解決、鼻先を細くしたい方へおすすめの施術です。

耳介軟骨移植(鼻)

耳の軟骨の一部を移植し、半永久的に鼻先を整えたい方におすすめ。

小鼻縮小整形術(鼻翼縮小術)なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

鼻の整形3,000件以上、二重形成5,000件以上、注入治療5,000件以上の確かな施術実績

略歴
平成13年
近畿大学医学部:卒業
平成13年
大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科
平成14年
神鋼病院形成外科勤務
平成15年
大手美容外科勤務
平成17年
大手美容外科 形成外科部長植毛部門を経て
平成23年
大阪AGA加藤クリニック開業