肝斑レーザートーニング(メドライトC6)

初回両頬 1回9,845円(税込) 〜

カウンセリング・お問い合わせ

レーザートーニング(メドライトC6)ならプラベートスキンクリニック大阪院まで

従来のシミ治療のレーザーはパワーが強すぎて肝斑の治療に向きませんでしたが、レーザートーニングは肝斑へのレーザー治療を可能にしました。
プライベートスキンクリニック大阪院では、肝斑をはじめとするシミ治療を適切に行う機器や美容皮膚に詳しい医師がお肌の悩みに全力でサポートをさせていただきます。
初回料金は、トラネキサム酸1ヵ月分のセット価格です。大阪内のクリニックでも低価格で施術できるので安心してお任せください。

そのシミは肝斑かも?従来のシミ治療では逆効果

肝斑と一般的なシミとの区別は自己判断では難しく、そのシミはもしかすると肝斑かもしれません。肝斑はシミの一種ですが、他のシミとは治療方法が異なり、悪化する恐れもあります。
シミに関して下記の項目に心当たりはありませんか?

  • シミがほほ骨に沿って、または目尻の下あたりに左右対称にある
  • 30~40歳代に突然がシミができた
  • 肌のくすみが年々気になる
  • 妊娠、出産をきっかけに目立つようになった

レーザートーニングなら肝斑の治療ができる!

肝斑へのレーザー治療を可能にしたレーザートーニングですが、なぜ肝斑に効果があるのかレーザートーニングについて解説していきます。

低出力で少しずつメラニンを除去

レーザートーニングのレーザーは低出力なので、シミを作るよう指示を出すメラノサイトを刺激することなく、シミに有効的なQ-YAGレーザーをメラニンまで届けることができます。
弱いパワーで何度も照射することで、メラノサイトを刺激せずに肝斑内のメラニンを少しずつ破壊することが可能になりました。

継続して治療することで効果アップ

レーザートーニングは効果を実感していただくために、1~2週間に1度、5回で1セットが基本の治療です。
初めの1、2回はあまり色素が薄くなったのかわかりにくいのですが、3回目あたりから効果を実感して頂く方が多いです。継続して照射することが効果を出す上での重要なポイントとなってきます。
プライベートスキンクリニック大阪院ではレーザートーニングの効果を実感していただくために、お得なセット価格をご用意いたしました。

レーザートーニングは美肌効果もあり

レーザートーニングは、表皮にたまったメラニンを少しずつ破壊するので、ソバカスにも非常に効果的です。 肌全体のトーンを明るくし、色ムラのない美しい肌に導くことが期待できます。

プライベートスキンクリニック大阪院のレーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、メドライトC6という機器を使用し、非常に弱いパワーのレーザーを肌に均一にあてることにより、肌に余計な刺激を与えることなく、 蓄積したメラニンの排出を促す低出力照射治療です。
プライベートスキンクリニック大阪院で使用しているメドライトC6はシミに効果的なQスイッチYAGレーザーを搭載しています。そのQスイッチYAGレーザーを弱いパワーで何度も照射することで、メラノサイトを刺激せずに肝斑内のメラニンを少しずつ破壊することができます。

 

レーザートーニングの特徴

痛みはあるのか・ダウンタイムはどうなのか、などのレーザートーニングの特徴について解説します。

特徴①短時間の施術でダウンタイムも少ない

プライベートスキンクリニック大阪院のレーザートーニングは、治療直後は、レーザー特有の赤みが出ますが、冷却することで落ち着きます。腫れや傷跡が残らず、レーザートーニング照射当日よりメイクが可能です。

特徴②痛みが少ない

レーザートーニング施術中は、パチパチとした刺激が多少ある程度で、我慢できないほどの強い痛みではありません。

レーザートーニングと従来のレーザー治療の最大の違い

(参照元:https://jmec.co.jp/

レーザートーニングで使用するメドライトC6は、従来のレーザー治療とは異なり、レーザーを均一に照射できます。メドライトC6のトップハット型という均一にエネルギーを分布できるパワーモードに対して、従来のレーザーは、中心部にパワーが集中しエネルギーに強弱ができるガウシアン型を起用しています。
ガウシアン型のレーザー治療は、老人性色素斑などの一般的なシミには有効ですが、肝斑に対して照射すると炎症性色素沈着を起こしてしまいます。それに比べて、メドライトC6で行うレーザートーニングは、均一にエネルギーを分散できるため、炎症性色素沈着の発生を抑えることができます。

肝斑ができる要因

肝斑とは、30~40代頃に多く見られる、左右対称性のシミです。特徴としては、頬骨・額・口周囲などに現れ、眼周辺は避ける形でシミが分布するのが特徴です。
女性ホルモンや紫外線、摩擦といった刺激が肝斑の誘因となるといわれています。肝斑は、他のシミとの鑑別が難しく、また肝斑・シミ自体の誘因も患者毎に異なるため肝斑・シミの診断・治療は専門の医療機関を受診していただくことをおすすめします。

肝斑の原因を知る
女性の気になるお肌の悩みの肝斑。年齢を重ねるごとに肝斑が出てきた、濃くなったと感じる方も多くいらっしゃいます。なぜ、特定の方だけに肝斑は現れるのでしょうか?肝斑特有の原因と、どういった治療法があるのか...
レーザートーニングとの併用でさらに治療効果アップ

肝斑治療はトラネキサム酸などの美白内服薬を併用することが重要です。メラノサイトの沈静についてはトラネキサム酸の内服薬や美容点滴で、レーザートーニングの外側からの治療と内服薬の内側からの治療で肝斑へ効果的にアプローチできます。

美白内服薬 シナール・トラネキサム酸
大阪梅田駅・北新地駅すぐ!美白内服薬 シナール・トラネキサム酸ならプライベートスキンクリニック。医療の視点で丁寧にカウンセリングをし、患者様が求める「より良い自分」に出会える為の、最適な施術をご提案さ...
白玉点滴(グルタチオン)
美白・美肌成分をダイレクトに体内へ!グルタチオンは、美白・美肌効果や強力な抗酸化作用もあり疲労回復やアンチエイジング効果があります。透明感のある明るい肌になりたい、美白になりたい、デトックスしたいなど...

カウンセリング・お問い合わせ

症例写真(ビフォー アフター)

レーザートーニング 施術前

レーザートーニング 10回施術後

肝斑レーザートーニング(メドライトC6)の流れ

カウンセリング

施術前には担当医師によるウンセリングで、お肌の状態を丁寧に診察いたします。施術前の撮影では、赤外線を使った撮影機を使い、目に見えないシミも撮影することができます。

洗顔

レーザートーニング施術前はパウダールームにてお化粧・日焼け止めが残らないよう、洗顔を行ってください。

施術

レーザートーニング施術の際に、レーザー光から目を守るためのゴーグルをつけて、丁寧にレーザーを照射していきます。

カウンセリング・お問い合わせ

よくあるご質問

肝斑レーザートーニング(メドライトC6)について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.施術後にお化粧はできますか?

はい、可能です。赤みが出る方がおられますので、3日間くらいは保湿・日焼け止めといったスキンケアをしっかりと行ってください。

Q.肝斑治療にはどのくらいの回数が必要ですか?

レーザートーニングは、肝斑の原因であるメラノサイトを刺激しない弱いパワーで行うことが重要です。その分回数と施術間隔が大切になります。おおよその目安として、まずは10回程度のお試しをおすすめしています。

Q.レーザートーニングは肝斑以外にも効果はありますか?

レーザートーニングは、毛穴の引き締め、くすみの改善、お肌のトーンをアップするといった効果も期待できます。

肝斑レーザートーニング(メドライトC6)の料金表

レーザートーニング(メドライトC6)
両頬
初回(トラネキサム酸1ヵ月分セット)
9,845円
1回
13,200円
5回セット
44,000円
10回セット
79,200円
15回セット
105,600円
20回セット
124,300円
全顔
初回(トラネキサム酸1ヵ月分セット)
12,045円
1回
16,500円
5回セット
55,000円
10回セット
99,000円
15回セット
132,000円
20回セット
155,100円
背中半分
1回
13,200円
5回セット
52,800円

当院の価格はすべて税込表示となります。

このページを見ている人におすすめ

ニキビ跡治療特集

ニキビ跡を早く・綺麗に治す!豊富な施術法から最適な施術を提案します。

しみ・そばかす・肝斑特集

シミができる仕組みを知り、適切な治療を提案します。

肝斑レーザートーニング(メドライトC6)なら大阪駅すぐ!駅近で便利

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医