おでこがヒアルロン酸でボコボコに!対処法はあるの?

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニック安形です。今回は、おでこのヒアルロン酸注入でボコボコになるリスクについてのご紹介です。

女性らしさを左右するパーツの一つである「おでこ」。丸みのある可愛らしいおでこに憧れる方も多いのではないでしょうか?そこでおすすめなのが、額(おでこ)のお悩みを解消できるヒアルロン酸注射です。平らなおでこやゴツゴツした印象を改善し、立体感のある綺麗なラインのおでこにすることができます。加齢によるボリュームダウンが気になる世代だけではなく、20~30代の若い世代にも人気の高い施術です。

そんなヒアルロン酸注射ですが、「施術後おでこがボコボコになった」という噂や情報が気になっている方もいらっしゃると思います。「手軽だけど実はリスクが高いの?」と施術を検討されている方は心配になりますよね。そこで、本日はおでこのヒアルロン酸注入でボコボコになる理由と回避する方法をご紹介します。施術を受けられる前に是非チェックしてくださいね!

ヒアルロン酸注入でおでこがボコボコになるのはなぜ?

「おでこにヒアルロン酸を注入したらボコボコになった」という方が実際にいらっしゃいます。ボコボコ状態となってしまうのは、医師の技術不足が主な原因であると考えられます。

ヒアルロン酸注入は、適切な製剤の使用はもちろん、注入位置や注入層、注入量などの見極めが必要な施術です。顔の解剖学を熟知したドクターではないと、おでこに限らずどの部位であってもボコボコになるリスクは上がる可能性があると言えます。それでは、ボコボコになる原因について詳しく見ていきましょう。

均一に注入できていない

ヒアルロン酸を一ヶ所に塊で注入してしまうと、しこりのように硬くなりおでこが凸凹になってしまいます。
本来、おでこへのヒアルロン酸注入は、薄く広がるように注入しなければなりません。
また、凹みに注入するだけではなく、全体的にキレイなラインとなるよう調整しつつ注入していく必要があるため、額へのヒアルロン酸注入は比較的難しい施術と言われています。

注入量が多すぎる

注入量が多すぎる場合も、おでこがボコボコし不自然な状態となる場合があります。患者さまのお悩みと希望のデザインによってヒアルロン酸の適正量はそれぞれ異なり、本来はボリュームを確認しながら微調整も必要となります。

ヒアルロン酸が適していない

額形成に適していないヒアルロン酸を使用した場合、なじみが悪くボコボコが目立ちやすくなるケースがあります。ヒアルロン酸は種類によって粒子の大きさや硬さが異なるため、注入部位によって向き不向きがあります。ボコボコとなるリスクを下げるためには、おでこの注入に適した信頼性の高い製剤を使用することが大切です。

フィラー注射によるプチ整形って何?
フィラー注射によるプチ整形の治療詳細、リスク・副作用についてご紹介します! シワやたるみ、鼻、輪郭など気になる部分の改善にはフィラー注射によるプチ整形がおすすめ! フィラーとは何?どんな種類がある...

皮膚が薄い・注入層が浅い

もともと皮膚が薄い方や皮膚が薄い部位への注入では、浅い層に入れすぎるとボコボコになる確率があがります。そのため、適切な種類のヒアルロン酸を使用し、注入量・注入層を注意して行う必要があります。

注入直後と形が変わる

注入してからしばらく経つと、額や眉間の筋肉が動くことやヒアルロン酸が馴染むことで注入したヒアルロン酸がボリュームダウンし形が変わることがあります。ボコボコするほど目立つ状態とはなりませんが、もし変型やボリュームダウンが気になった際は、施術を受けたクリニックで相談することをおすすめします。

おでこがボコボコになるリスクは回避できる?

ボコボコのリスクを回避するためには以下の点に注意が必要なため、クリニック選びが重要となります。

  • 額形成に適したヒアルロン酸を使用すること
  • 注入位置、注入層、注入量が的確なこと

当院では、額(おでこ)への注入用として、表情の動きに馴染みやすく自然な仕上がりが可能なヒアルロン酸「ジュビダームビスタ ボリューマXC・ボリフトXC等」を使用しています。また、注入位置から扇状に広がるように均一に注入していますので、ヒアルロン酸が一ヶ所に固まることはなく、おでこにしこりができボコボコになるリスクが軽減されています。さらに、先端が丸く柔軟性のある針「カニューレ」の使用によって、注入時の微調整が容易にできるため、キレイな丸みを作ることができます。

おでこがボコボコになってしまったときの対処法は?

万が一、おでこがボコボコ状態となってしまったとき、具体的にどうすればよいのか対処法を見ていきましょう。

マッサージはしてもよい?

注入後のボコボコ状態に対し、マッサージを推奨しているクリニックもありますので、施術を受けたクリニックに相談してみましょう。本来、ヒアルロン酸が均一に注入されていれば注入後にマッサージをする必要はありません。ヒアルロン酸が馴染む前に強く擦ったりマッサージをするのはおすすめできないケースもありますので、自己判断せずに確認することが大切です。

馴染むまで放置すべき?

1~2週間程度で自然と馴染んで気にならなくなるケースもありますが、いつまでも凸凹が目立つ場合は、クリニックで診てもらいましょう。そもそも額はヒアルロン酸が吸収されにくい部位ですので、放っておいても自然に解消されるまでには時間がかかります。

ヒアルロニダーゼで溶かす

ボコボコが目立つし、いつまでも無くならない。。と、完全にしこり状態となってしまった際には、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を溶かすという選択肢もあります。きちんと溶解されれば、数日~2週間程度で自然と体へ吸収されて、ボコボコしているしこりは解消されます。

プライベートスキンクリニック ヒアルロニターゼ

まとめ

ヒアルロン酸注入でおでこがボコボコになる原因とリスクを回避する方法についてご紹介しました。ヒアルロン酸注入は、医師の技術力によって仕上がりに大きな差が生じる施術です。
おでこがボコボコになるリスクを低減させるためには、信頼のおけるドクターやクリニックで施術を受けることが大切です。

また、額は他の部位よりも多少腫れやすい傾向があります。そのため、施術後の腫れやむくみが長引いて心配になる方もいると思いますが、時間の経過とともに注入直後の状態に戻りますので、前髪でカバーするなど工夫して過ごすようにしましょう。

大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様のお顔立ち、お顔全体のバランス、ご希望の丸みや形を考慮したうえで、適切な施術プランをご提案いたします。おでこのヒアルロン酸注入をご検討中の方は、当院へお気軽にご相談ください。医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医