口ゴボで目立つほうれい線を改善するには?

口ゴボで目立つほうれい線を改善するには?
こんにちは!プライベートスキンクリニックです!
今回は、口ゴボが原因でできるほうれい線についてのご紹介です。

口元が盛り上がったように突出している口ゴボ。
口が閉じにくいことや、虫歯・歯周病になるリスクが上がる等の健康に関するお悩み以外にも、見た目が気になるという方もいらっしゃると思います。

そんな口ゴボが原因で、ほうれい線が目立ちやすくなるってご存じですか?
口ゴボがほうれい線の悪化に直接関係しているのであれば、何かしらの対策を打ちたいですよね。

そこで、本日は口ゴボの影響によってほうれい線が目立ってしまう理由と有効な治療法について解説します。
口ゴボが気になっている方、最近ほうれい線が目立つようになったという方、必見です!

口ゴボとは?

口ゴボとは?

口ゴボとは、口元全体が前に出ていて盛り上がっているような状態を言います。
歯並び・骨格などの遺伝による原因だけではなく、日常的な姿勢や口呼吸などの生活習慣も要因となり得ます。

口ゴボは印象がよくない?

口ゴボの方は、口が閉じにくいため開きっぱなしになりやすく、口呼吸や虫歯、歯周病のリスクが上がると言われています。
更に、多くの方が気にされるのが、見た目の印象です。

  • 鼻の下が長く見える
  • 出っ歯が目立つ
  • 唇が前にでている
  • 口元が膨らんでいるため、Eラインが崩れて見える
  • アゴが小さく見える

口ゴボのため、大きく口を開けて笑えない方や口元を手で隠しがちな方もいらっしゃいます。
見た目の改善を希望されて、治療を検討する方も少なくありません。

口ゴボだとなぜほうれい線が目立つの?

そもそもほうれい線は、頬と口元の境界部分の溝で、本来誰にでもあるものです。
ただし、目立ちやすさは個人差があり、特に口ゴボの方は、口元が出ている分境界線がくっきり際立ちやすくなる傾向があります。

また、噛み合わせの悪さや表情筋への負担が原因で、ほうれい線が目立ちやすくなるケースもあります。

口元と頬の境目が目立つ

口ゴボの方は、上顎がでている方や、上下の顎が前にでている方(上下顎前突)がいます。
いずれの場合も、頬と口元の高さの差が大きいと、境目がくっきりし、ほうれい線が目立ちやすくなります。

また、加齢でたるみがでてくると、頬が口元にのっかかりやすくなり、ほうれい線が際立ってしまいます。

噛み合わせによる骨や筋肉への負担

口ゴボで噛み合わせが悪い方は、そうでない方に比べて、咀嚼時に骨や筋肉に負担がかかりやすくなります。
負担が徐々に積み重なると、骨や筋肉、関節などのバランスに変化が生じて、お顔のパーツや輪郭の歪みに繋がる可能性があります。

このようなバランスの崩れによってほうれい線の溝を深くするケースがあります。

口呼吸による口輪筋の衰え

口ゴボの方は、口が閉じにくいために無意識のうちにお口が開いてしまうので、口呼吸になりやすい傾向があります。
口が開いている時間が長いと、口輪筋が衰えて、ほうれい線が目立ちやすくなるケースがあります。
口輪筋が衰えると、さらに口が閉じにくくなるため、悪循環が続きます。

猫背や姿勢の悪さでほうれい線が悪化

猫背や姿勢の悪さによる筋肉の偏りやバランスの悪さをカバーするために、口元が前に出ている方もいます。

そもそも、猫背や姿勢が悪い状態が続くと、お顔が下に引っ張られてしまいお顔の歪みやたるみを引き起こし、ほうれい線が悪化する可能性があります。
口ゴボが直接的な原因ではなく、姿勢の悪さがほうれい線を目立ちやすくさせていると考えられます。

加齢による追い打ち

ほうれい線は、加齢による肌の弾力やハリの低下、表情筋の衰え、骨の萎縮、脂肪の減少など、いくつかの要因が重なって目立ちやすくなっていきます。

年齢を重ねると、ほうれい線に加え、マリオネットラインやフェイスラインのもたつきなど、あらゆるシワや溝、たるみが目立つようになりますよね。
口ゴボの方は、そうでない方よりも、ほうれい線が目立ちやすくなる条件が多いと考えられますので、しっかり対策する必要があります。
日常的にできるセルフケアで予防をしましょう。

改善するためには美容治療の活用がおすすめです。

口ゴボは自力で治る?

姿勢などの生活習慣や癖を改善したとしても、口ゴボを治すのは難しく、改善のためには何らかの治療が必要となります。
ただし、今の状態よりも悪化させないよう、予防のために日々のクセや生活習慣を見直すことは大切です。

  • 姿勢の悪さや猫背を直す
  • 口呼吸の改善
  • 表情筋を鍛える
  • 保湿や紫外線ケアを徹底して肌を整える

口ゴボと口ゴボが原因のほうれい線を改善する治療法とは?

口元の出っ張りを目立たなくし口ゴボを改善するためには、以下のような治療が必要です。

  • 鼻を高くする
  • 下顎を前にだす
  • 口元を引っ込める

当院のおすすめは、切らないプチ整形である「ヒアルロン酸注射」です。
また、口ゴボが目立たない状態になった際に、ほうれい線も同時に改善されるかは、お顔の形やほうれい線ができる原因によって異なります。

ほうれい線の改善もご希望の方は、カウンセリング時に合わせて相談しましょう。

口ゴボを目立たなくする顎のヒアルロン酸注射

下顎が小さく、口元が突出して見えるタイプの方には、顎へのヒアルロン酸注射がおすすめです。
顎にヒアルロン酸を注入して、顎を前にだして、口元の出っ張りを目立たなくします。
Eラインも整います。

顎には硬めのヒアルロン酸を使用して、しっかりと高さをだすのがポイントです。
お顔の他のパーツや輪郭、横顔のバランスを確認しながら、注入していきます。

顎の高さを出す施術は、ヒアルロン酸注射以外では、顎プロテーゼ手術という選択肢もあります。

口ゴボを目立たなくする鼻のヒアルロン酸注射

鼻の低さや唇の厚さによって、口元が前にでているように見える方は、鼻へのヒアルロン酸注射がおすすめです。
鼻の高さを出すと、鼻と口元、顎を結ぶEラインが改善されて、横顔が整います。
鼻も高さをしっかり出すために硬めの製剤を注入します。

鼻を高くする施術は、ヒアルロン酸注射の他に、糸による隆鼻術やプロテーゼ挿入、軟骨移植手術等の選択肢もあります。

ほうれい線を改善するヒアルロン酸注射

ほうれい線部分にヒアルロン酸を注入し、溝を直接埋める方法です。
ナチュラルなふくらみでほうれい線を目立たなくできます。

また、お顔全体にたるみがあり、ほうれい線ができている場合は、靭帯の緩みを支えてリフトアップする「ヒアルロン酸リフト」による施術も選択できます。

歯科矯正で口ゴボやほうれい線が改善する?

歯並びの悪さが原因による口ゴボの方は、時間はかかりますが、矯正歯科治療(歯列矯正)も効果的です。
当院では取り扱いはなく、一般的に歯科にて受けられる治療です。

歯列矯正にて、口ゴボや上顎が出ている状態が改善されると、頬と口元の段差が少なくなり、その結果ほうれい線が目立ちにくくなるケースはあります。
ただし、お顔の作りは人それぞれであるため、抜歯によって逆にほうれい線が目立ってしまう方もいるようです。
あくまでも歯列矯正は、歯並びを整えたり、正しい嚙み合わせを得ることが目的となります。

歯並びの改善を考えている方は、ほうれい線改善治療の選択肢の一つとして歯列矯正も有効となるかもしれませんが、あくまでも、ほうれい線の改善が主ではないと知っておきましょう。

口元を引っ込める治療「セットバック」

※当院では、取り扱いはありませんが、情報としてお伝えします。

口元を引っ込める治療としては、セットバック整形と呼ばれる骨切り術があります。
抜歯と顎骨の一部の切除を行い、前に出ている歯と顎を後ろに後退させる治療です。
重度の口ゴボにも対応できる外科手術となります。

術後に痛みや腫れ、制限などがありますので、ダウンタイムとリスクを含めてしっかりと検討が必要です。
また、術後の状態によっては、歯列矯正などの歯科治療が必要となる場合もあります。

まとめ

口ゴボでほうれい線が目立ちやすくなる理由と、治療法についてご紹介しました。

口ゴボの方が必ずしもほうれい線ができやすいとは限りませんが、条件が当てはまる方もいると思います。
口ゴボの改善は、セルフケアでは難しいため、美容医療の活用がおすすめですので、ぜひご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
プチ整形から本格的な整形まで、さまざまな選択が可能です。
患者様のご希望はもとより、懸念点も合わせてお聞かせください!

口ゴボやほうれい線でお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

口ゴボで目立つほうれい線を改善するには?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q. 口ゴボはどうしたら治りますか?

歯並びが原因の場合は、歯列矯正が有効です。鼻と口元、顎などの高さやバランスが原因となっている場合は、鼻や顎へのヒアルロン酸注射で、口元の突出を目立たなくできます。口元全体を後ろに引っ込める「セットバック」による外科手術も選択肢としてあります。

Q.口ゴボのデメリットは何ですか?

口が常に開きっぱなしになりやすいため、口呼吸や虫歯、歯周病のリスクが高まります。また、口元が出ているため、見た目を気にされる方も多くいらっしゃいます。

Q.口ゴボのせいでほうれい線が目立ちやすくなりますか?

口ゴボの方は、頬と口元の境界線が目立ちやすいケースや、噛み合わせの悪さがお顔の歪みを引き起こし、ほうれい線が際立ってしまうケースもあります。

また口ゴボの方は、口が半開きになりやすく無意識に口呼吸になる傾向にあります。
口呼吸は、口まわりの表情筋を衰えさせ、肌のハリを失わせます。その結果、ほうれい線が生じやすくなるのです。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ