顎のへこみにはヒアルロン酸とプロテーゼどっちがいい?

顎のへこみにはヒアルロ酸とプロテーゼどっちがいい?
こんにちは!プライベートスキンクリニックです!
今回は、顎のへこみについてのご紹介です。

「顎にへこみがあって目立つ。何とかしたい…」
と、顎先のへこみでお悩みの方、いらっしゃると思います。

まるで桃のようなへこみがある下顎は、「割れ顎」や「ケツアゴ」「尻アゴ」などと呼ばれています。
ネーミングからしてあまりよい印象は受けませんが、実際のところ、マイナスなイメージを持つ方が多く、整形を検討される方もいらっしゃいます。

そこで、本日は顎のへこみの原因と対策、治療法を解説していきます。
顎のへこみについて詳しく知りたい方、解消法をお探しの方、必見です!

顎がへこんでいる方の特徴と印象

顎がへこんでいる方の特徴と印象

顎が凹んでいる「割れ顎」「ケツアゴ」であることでお悩みの方は多くいらっしゃいます。

  • 強そう
  • 怖そう
  • 男らしい
  • 顔が大きく見える
  • 可愛らしい服装や髪型が似合わないと感じてしまう

割れ顎は男性的な印象が強いため、女性の方は、特にコンプレックスに感じてしまうのかもしれません。

海外では、割れ顎は美男美女の証であったり、セクシーな印象を与えるなど、プラスのイメージが優勢なようです。
日本人でも割れ顎の俳優の方もいますし、顎にへこみがあってもイケメンや美しい方も多くいますよね。
それでも、日本では、割れ顎にマイナスな印象を抱く方が多いと言います。

顎のへこみ(割れ顎・ケツアゴ)はどうしてできる?

顎先がへこむのは、「骨格の遺伝」または「オトガイ筋の発達」が原因と考えられます。
遺伝である場合は、下顎を触れば、骨に凹みがあるのがわかると思います。

後天的な原因として考えられるのが、下顎にあるオトガイ筋が発達し結合部分にくぼみができるケースです。

骨格の遺伝

顎のへこみや割れができる一つ目の原因は、遺伝です。
下顎の結合が不完全であると骨にくぼみができて、割れ顎となります。

見た目以外に別段問題はありません。
骨格は遺伝するため、その影響と考えられています。

また、赤ちゃんがケツアゴだった場合でも、へこみ度合いは、成長過程の肉付き等の影響で変化していく可能性があります。

筋肉の発達

2つ目に考えられる原因は、下顎にあるオトガイ筋の発達によって、割れ顎になるケースです。

オトガイ筋は咀嚼に関係している筋肉ですので、肉など硬いものをよく食べる方は、発達しやすいと言われています。
もともと骨にへこみがない方でも、筋肉の発達によって、後天的に割れ顎・ケツアゴになる可能性があります。

割れ顎と歯並びは無関係?

割れ顎は、あくまでも下顎の骨、または筋肉の影響によるものですので、一般的に歯並びは割れ顎とは無関係であると考えられています。

女性より男性の方がケツアゴが多い?

男性は、割れ顎が目立ちやすい傾向があります。
男性に比べ、女性の方が皮下脂肪の量が多いため、骨格の影響でへこみがあっても、さほど目立たない方が多いと言われています。

痩せると顎のへこみが目立つ?

顎まわりに皮下脂肪が多い方は、割れ顎が目立たない傾向があります。
ダイエットなどで痩せた場合に、もともと割れ顎の要素があると、目立つようになる可能性があります。

顎のへこみ(割れ顎・ケツアゴ)の解消法は?目立たなくするには?

顎のへこみを、セルフケアで解消するのは、難しいと言えます。
とはいえ、なんとかしたい!という方は、対処として「隠す」もしくは「目立たないように工夫する」のがいいでしょう!

顎髭でカバー

男性の方であれば、顎髭にて、顎のへこみが隠せます。

メイク

メイクで完全にへこみを隠すのは難しいですが、シェーディングやハイライトを使って、多少は目立たなくできます。

マッサージ

筋肉の発達が気になる方は、オトガイ筋をほぐすマッサージをしてみましょう。
割れ顎や梅干しジワの予防に役立ちます。

美容整形を活用する

しっかりと割れ顎を改善したい方には、美容整形がおすすめです。
整形に抵抗がある方でも、ヒアルロン注射のようなプチ整形であれば、手軽に顎のへこみを解消できます。

顎のへこみにはヒアルロン酸とプロテーゼのどっちが効果的?

顎のへこみの改善施術は、手軽さを求めるならヒアルロン注射注射、効果の持続性を優先したいのであれば顎プロテーゼの挿入がおすすめです。

ヒアルロン酸注射のメリットは、やはりその手軽さです。
施術時間やダウンタイムが短いため、受けやすいのが特徴です。

一方プロテーゼのメリットは、徐々に吸収されるヒアルロン酸と異なり、半永久的な効果が得られる点です。

顎ヒアルロン酸注射

顎先の窪んだ部分にヒアルロン酸を注入してへこみを解消し、滑らかなラインを作ります。
製剤の注入量によって、顎先のボリューム調整が可能です。
割れ顎の改善だけではなく、顎を少し前に出すなど、ご希望に合わせて顎先の形を整えられます。

ヒアルロン酸注射の持続期間は、半年~1年半程度ですので、効果を持続させるためには、定期的に施術を受ける必要があります。

顎プロテーゼ

シリコン製のプロテーゼを、口の中から下顎に挿入する施術です。
プロテーゼは、患者様一人ひとりに合わせこんだ形のものを使用し、顎先のラインを整えます。
へこみ部分のみを埋めるのではなく、プロテーゼで顎先を覆って割れ顎を改善するため、顎先のボリュームを出さずに割れ顎を改善したい場合は、ヒアルロン注射の方が向いている可能性があります。

プロテーゼは半永久的に効果が持続します。
ダウンタイムは1~2週間が目安ですので、お仕事や人と会う予定は調整が必要です。

顎先の骨を削る

割れている顎先の骨を削って、滑らかなラインにする方法です。
他の方法は顎のボリュームを出す施術法でしたが、骨切り手術は、骨を削るため顎先が小さくなります。
大掛かりな手術となりますので、ダウンタイムも長くなりますが、半永久的な効果が得られます。

※当院では取り扱いはありませんので、情報としてお伝えしています。

まとめ

下顎のへこみの原因と治療法についてご紹介しました。
割れ顎・ケツアゴは、セルフケアでの改善は難しいことがおわかりになったかと思います。

当院では、手軽に割れ顎を改善できるヒアルロン注射をおすすめしています。
半永久的な効果を優先したい方には、顎プロテーゼがおすすめです。
ご希望の顎のライン、仕上がり、ダウンタイム等も合わせてご検討くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
顎のへこみでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

顎のへこみにはヒアルロン酸とプロテーゼどっちがいい?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.顎が割れているのはなぜですか?

顎先のへこみ(ケツアゴ、割れ顎)ができるのは、下顎の骨の不完全な結合によるもので、遺伝の影響です。または、後天的な原因として、下顎にあるオトガイ筋の発達のしすぎも考えられます。

Q.けつあごの治し方を教えてください。

けつあごはセルフケアで治すのは難しいため、美容整形がおすすめです。ヒアルロン注射や顎プロテーゼ、顎先の骨を削る方法があります。いずれも、顎先のへこみが改善されて、顎のラインが整います。

Q.顎のへこみの改善には、ヒアルロン酸とプロテーゼのどっちが適していますか?

割れ顎・ケツアゴの治療に際し、施術時間やダウンタイム等の手軽さを求めるのであれば、ヒアルロン注射がおすすめです。半永久的な効果を優先したい方には、プロテーゼをおすすめしています。ただし、顎の高さを出さずにへこみのみを解消したい方には、ボリュームの調整が行いやすいヒアルロン酸注射の方が適しています。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ