背中ニキビの治し方について解説!

監修医師

安形 省吾

医療法人優聖会理事長

医師詳細はこちら

安形省吾医師

背中ニキビの治し方

こんにちは!プライベートスキンクリニック、院長安形です。

今回は、背中のニキビが治らないとお困りの方に向けて、対処法と改善するための生活習慣、美容医療についてご紹介します。

背中のニキビはケアが難しく、正しい治療を行わなければ悪化してしまう可能性もあります。背中のニキビでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因

背中はニキビの好発部位です。当院にもたくさんの患者様が背中のニキビ治療に来院されます。まずは、背中にニキビができる原因についてご説明します。

皮脂の過剰分泌

背中は、ニキビの原因となる皮脂腺が多く存在しているため、ニキビができやすいと考えられます。

ニキビを防止するためには、皮脂をしっかり洗い流し、清潔に保つことが重要です。しかし、背中は洗いにくい部位のため過剰に分泌された皮脂が詰まりやすく、背中ニキビの原因となります。

毛穴の詰まり

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで発生します。

ニキビを防ぐためには、古くなった角質や老廃物を肌表面に溜めず、清潔に保つことが大切です。しかし、背中は、普段から目にすることが少なく、ケアが疎かになりがちです。

入浴の際は、石鹸やシャンプーをキレイに洗い流すことも背中ニキビを防止、改善するために重要なポイントです。

アクネ菌の繁殖

背中は汗などで蒸れやすく、アクネ菌や真菌が繁殖しやすいためニキビができやすいと考えられます。

背中ニキビの多くは、毛穴からアクネ菌や真菌が侵入することで発生します。アクネ菌などの菌が繁殖しないためにも背中を清潔に保つことが大切です。

背中ニキビの対処法

背中ニキビの対処法

背中のニキビは、治療が難しい部位です。色素沈着、ニキビ跡ができる前にしっかりと適切なケアを行うことが重要になります。

正しい背中ニキビの対処法についてご紹介します。

正しい洗い方

背中にニキビができたら、正しい洗い方で患部を清潔に保ちましょう。

入浴の際は、泡で包み込むように洗い、ぬるま湯ほどの温度でしっかりと洗い流してください。間違ってもゴシゴシと擦ってはいけません。過度な摩擦や刺激が加わることでニキビ跡の原因になることも。

石鹸やシャンプーが肌に残ると毛穴が詰まり、ニキビの原因となります。ていねいに洗い流しましょう。

保湿ケア

乾燥した肌は、皮脂腺の発達や皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの乱れ、菌の繁殖などニキビを誘発する原因となります。

乾燥を防ぐ保湿ケアは、ニキビ予防の基本です。化粧水、乳液、美容液など水分と油分をバランスよく肌になじませ保湿ケアを行いましょう。

冬など乾燥しやすい時期は特に、こまめな保湿ケアを行いましょう。

生活習慣の改善

規則正しい生活習慣は、背中ニキビに効果的な対処法です。

栄養価の低い食事や栄養素の偏り、睡眠不足、ストレスは免疫力が低下する原因となります。免疫力が低下することで肌のバリア機能が低下し、菌が繁殖します。

ニキビで悩んでいる方は、まずは生活習慣の見直しをおすすめします。

背中ニキビを改善するための生活習慣 

背中ニキビを改善するための生活習慣 

背中ニキビを改善するために具体的な生活習慣の改善ポイントをご紹介します。ぜひ日常に取り入れてみてください。

衣服や寝具の清潔を保つ

肌に触れる衣服や寝具、タオル類は清潔なものを使用しましょう。衣類についた細菌が肌に付着すると、ニキビの原因になってしまいます。

こまめな洗濯や寝具を干すことで雑菌の繁殖を予防できるのでおすすめです。

睡眠不足

良質な睡眠は、健康的な肌には欠かせません。睡眠中に放出される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを促すと言われています。

一方、睡眠不足ではターンオーバーが乱れ、古い角質が残りやすく、皮脂や汚れが溜まってニキビの原因になります。睡眠の質と時間を整えましょう。

ストレス

ストレスを溜めないことは、ニキビの予防、改善に重要なポイントです。

ストレスは、免疫力を低下させます。免疫力が低下した肌は、菌の繁殖を抑えられずに、ニキビができやすい肌環境に。

また、ストレスによって肌のターンオーバーの乱れもみられます。健康的な肌のためにもストレスを溜めない生活習慣を心がけてみてください。

食生活

ニキビの予防、改善のためにビタミンやタンパク質は積極的に摂取しましょう。

特にビタミンCは、抗酸化作用やコラーゲンの生成促進、メラニンの抑制など健康的な肌に欠かせません。一方、塩分や脂分、添加物の多い食事は、ニキビのリスクとなります。

ぜひ一度食生活を見直してみてください。

背中ニキビにおすすめの美容施術

背中ニキビにおすすめの美容施術

背中ニキビに対する当院の美容施術についてご紹介します。当院では、患者様の不安を少しでも解消できるよう、施術後のアフターケアやサポートの充実に務めています。

ケアが難しい背中ニキビは回数も必要な治療になるため、信頼できるクリニックでの治療がおすすめです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、お肌の状態に合わせたピーリング剤を塗布し、薬剤の力で皮膚の角質層から表皮上部をはがれやすくし、肌のターンオーバーを促進させる治療法です。

ターンオーバーが正常化されることで美しい肌に必要不可欠な美肌成分が増殖し、ニキビを改善してくれます。また、毛穴を閉塞させている角質が排出されることやピーリングに含まれる殺菌作用により、ニキビのできにくいお肌に導きます。

当院では、サリチル酸マクロゴールという製剤を使用。カウンセリング時に医師が、患者様お一人おひとりの肌の状態を診察し、治療に最適な製剤をご提案いたします。
施術時間は20分程度。ダウンタイムも特にありません。背中ニキビは、ケアが難しく回数が必要になります。

より効果を実感していただくために、個人差はありますが、2~4週間に1回の間隔で10回続けての施術をおすすめします。

ミラノリピール

ミラノリピールは、トリクロロ酢酸(TCA)の濃度が高く配合されており、美肌に必要な内分泌系の活性化を促します。

トリクロロ酢酸(TCA)の濃度が高くなると皮剥けや赤みのリスクが高まりますが、ミラノリピールは、他の配合成分により痛みやヒリヒリ感、赤みや皮剥けといったダウンタイムを最小限に抑えたピーリング剤です。

酸によるピーリング効果に加えて、アミノ酸やビタミンが直接的に肌細胞を刺激。美肌の形成に欠かせないエラスチンやヒアルロン酸の産生を促しニキビの改善につながります。

当院では、背中などボディ用のミラノリピールもご用意しております。トリクロロ酢酸(TCA)を35%と非常に高濃度で配合し、お肌の皮脂分泌量を整え、ニキビや黒ずみや色素沈着に効果的です。

施術時間は15分程度。ダウンタイムは特になく、ご帰宅時のメイクも可能です。背中ニキビは回数が必要な治療になるため繰り返し施術を受けることで、さらに効果を実感していただけます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、背中ニキビの原因と対処法、改善方法についてご説明しました。

背中ニキビは、改善が難しく美容医療でも回数が必要な治療になります。誤った治療法はニキビ跡やクレーター肌の原因となるため、正しい知識とケアで治療を行いましょう。

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。

背中ニキビでお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

背中ニキビの治し方について解説!について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.背中ニキビの原因は何ですか?

皮脂腺の発達、皮脂の過剰な分泌、毛穴のつまり、アクネ菌の増殖が原因です。
背中は、ニキビができやすい部位なので注意しましょう。

Q.背中ニキビの治療方法はありますか?

当院では、ケミカルピーリングとミラノリピールで治療を行っています。
いずれもダウンタイムが特にない治療です。

Q.ケミカルピーリングは何回受ければいいですか?

個人差はありますが、背中の場合は10回コースまでを準備しております。

細かく回数を設定しており、担当する医師が肌の状態をしっかりと診察した上で適切な治療法を提案しております。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長安形省吾

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

医療法人優聖会最高顧問 井畑 峰紀

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

所属

平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職

略歴

SNS

コンテンツポリシー(医療機関ホームページガイドラインの遵守)

プライベートスキンクリニックでは、2018年6月1日に施行・改訂された医療機関ホームページガイドラインを遵守したホームページの作成を行っております。
当クリニックでは、引き続き「医療機関ホームページガイドライン」に基づいたホームページの運用を行ってまいります。

ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ