ポテンツァとダーマペンの違いとは?

ポテンツァとダーマペンの違いとは?
こんにちは!プライベートスキンクリニックです!
本日は、最新美容治療として人気の「ポテンツァ(POTENZA)」についてのご紹介です。

さまざまな肌のお悩みを解消の解消し、美肌効果が得られるポテンツァ!
施術を検討中の方もいらっしゃると思いますが、患者様の疑問としてよく上がるのが、ダーマペンとの違いです。

どちらも、マイクロニードル(極細針)治療にて得られる創傷治癒効果を活用した施術ではありますが、ダーマペンとポテンツァを比べた際、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで、ポテンツァとダーマペンの違いについて詳しく解説していきます。
ポテンツァとダーマペン、どちらがいいのか迷っている方、必見です!

ポテンツァとダーマペンの施術方法の比較

ポテンツァとダーマペンの施術方法の比較

ダーマペンとポテンツァは、いずれもマイクロニードル(極細針)を使ってお肌の表面に微細な穴をあけ、お悩みの改善治療に特化した薬剤を浸透させる施術方法となります。
両者の主な違いは、RF照射の有無と薬剤のお肌への導入方法です。

【ダーマペン】
ダーマペンは、穴をあける工程が終わってから、手動で薬剤を塗布します。
「極細針で穴をあける」⇒「薬剤導入」

【ポテンツァ】
ポンピングチップ使用時には、針を刺してから抜くまでの間に、薬剤の注入まで完了します。
「極細針で穴をあける」+「RF照射」+「薬剤注入」

RF(ラジオ波)の照射

ポテンツァでは、お肌に挿入した針先からRF(ラジオ波)による熱エネルギーを真皮層に照射します。ラジオ波の働きにより皮下組織が刺激されてコラーゲン、エラスチンの生成が促されます。また、ラジオ波には止血作用もあります。

RF照射は、ダーマペンには無い機能となります。

薬剤の導入注入方法とドラッグデリバリーシステム

ダーマペンでは、極細針で穴を開けた後に、手動で薬剤を塗布します。
一方、ポテンツァは、針を抜くのと同時に薬剤が注入される「ドラッグデリバリーシステム」が搭載されています。穴に直接薬剤が注入されるため、肌の深い層まで均一かつ確実に有効成分を浸透させることができます。
ドラッグデリバリーシステムは、ポンピングチップにて使用可能です。

RF照射機能と同様に、ドラッグデリバリーシステムはダーマペンには無い機能となります。

針の特徴(種類や深さ)

ダーマペン4では、16本の極細針で1秒あたり1920個の微小な穴を肌にあけます。
お悩みとなる症状によって、針の長さを変更して使用します。

一方、ポテンツァは、施術時に使用するチップ(マイクロニードルを含む先端のパーツ)を付け替えることで、治療目的に適した針の長さと本数に変更できます。
当院では、以下の治療モードが選択可能です。

  • 毛穴、赤みモード
  • アクネモード
  • 水光RF(ドラッグデリバリー)モード

導入薬剤の比較

施術時に導入する薬剤の種類は、ダーマペンとポテンツァのいずれも多種類ありますが、クリニックによって扱っている薬剤の種類が異なります。ポテンツァ専用の薬剤や、どちらでも使用可能な薬剤もあります。
基本的には、治療目的に合った薬剤が使用されます。

もし、お目当ての薬剤があるのであれば、クリニックにて取り扱っているか施術前に確認するようにしましょう。

当院では、水光RF(ドラッグデリバリー)モードの施術にて、以下の薬剤の選択が可能です。

  • サイトケア532(シャネルプラス注射)
  • ボトックス
  • 臍帯由来幹細胞上清液
  • ASCE+(エクソソーム)
  • PRP(自己血由来多血小板血漿)

ポテンツァとダーマペンの治療効果の比較

ポテンツァは、RF照射機能やドラッグデリバリーシステムの優れた有効性とチップの使い分けにより、ダーマペンに比べて、より幅広いお悩みに対応しています。

【ダーマペン4の治療対象】

  • キメ、ハリ、ツヤ
  • 毛穴
  • ニキビ
  • ニキビ跡、クレーター

【ポテンツァの治療対象】

  • キメ、ハリ、ツヤ
  • 毛穴
  • タイトニング
  • ニキビ
  • ニキビ跡、クレーター
  • 赤み、赤ら顔、酒さ

いずれの施術法においても、治療対象となる症状に合わせた設定(針や薬剤の選択)にて、施術が実施されます。

ポテンツァとダーマペンの副作用・ダウンタイムの比較

ダーマペン4に比べ、ポテンツァはダウンタイムが短い傾向があります。ただし、どちらの施術においても、針が長くなるにつれダウンタイムは長くなりますので、治療対象によって施術後、お肌が回復するまでの期間が変わります。

施術中の痛み

施術中はチクチク、ピリピリといった針で刺されるような痛みを感じますが、麻酔の使用にてある程度は痛みを軽減できます。
いずれの施術も、針の長さやお肌の状態によって痛みの強さが変わりますし、痛みの感じ方には個人差があるため、どちらが痛いかは一概には言えません。

ポテンツァは、肌を吸引しながら針を刺すことで痛みを軽減する工夫がなされています。また、針を刺すスピードやRFの強度の調整にて、刺激を抑えることも可能です。

施術後の副作用とダウンタイム

いずれの施術も、施術後は以下のような症状がでる可能性があります。

  • 赤み
  • 腫れ
  • 内出血
  • 乾燥
  • ツッパリ感
  • 皮むけ

針の長さ等の施術条件で変わりますが、ダウンタイムの長さは、2日〜7日間程度が目安となります。
ただし、ポテンツァは、RF照射の止血作用のおかげで早く回復できるため、ダウンタイムは短い傾向にあります。特に、患部の赤みについては、1〜2日程度で軽快される方がほとんどです。
ダウンタイムをなるべく抑えたいのであれば、ポテンツァがおすすめです。

ポテンツァとダーマペンの施術回数の比較

マイクロニードルによる治療とRF照射、ドラッグデリバリーシステムの相乗効果によって、ポテンツァは1回の施術で高い効果が得られるため、少ない回数でも効果を感じやすい傾向があります。

ポテンツァ、ダーマペン4ともに、通常は3〜5回以上、クレーター治療では5〜10回を目安に施術を繰り返すことで、より効果を実感しやすくなります。

ポテンツァとダーマペン4の料金の比較

一般的に、ダーマペン4よりもポテンツァの方が、料金は高く設定されています。

ポテンツァとダーマペン4、どっちを選ぶべき?

ポテンツァは、「RF照射」や「ドラッグデリバリーシステム」という有効性の高い機能を備えた、ダーマペンの進化版とも言われている施術です。
「それなら、ポテンツァの方が断然よいのでは?」と思われるかもしれませんが、料金設定が低いダーマペンの方が、受けやすいという利点があります。

以下のような方は、ポテンツァがおすすめです!

  • 早く効果を実感したい
  • ダウンタイムを抑えたい
  • ニキビ跡、クレーターの治療で高い効果を得たい

ニキビ跡やクレーターなど、効果がでるまでに時間のかかる治療の場合は、薬剤を効率的に浸透させることができるポテンツァがおすすめです。

ただし、あくまでもご自身のお悩みやご希望、優先する条件やスタイルに合った施術を選択することが大切ですので、カウンセリング時にしっかり相談してから決めてくださいね!

まとめ

ポテンツァとダーマペンの違いについてご紹介しました。
ポテンツァは、薬剤を皮下にダイレクトに届けるシステムやラジオ波の働きで、高い治療効果が得られる施術です。

ただし、ダーマペン4も優れた施術法の一つですので、患者様に適した方を選択されるのがいいと思います。
ダーマペンとポテンツァで迷われている方は、ぜひ当院へご相談くださいね!

プライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。施術のメリットだけではなく、デメリットも詳しく説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

よくあるご質問

ポテンツァとダーマペンの違いとは?について、患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Q.ポテンツァとダーマペン、どちらを選ぶべきですか?

ポテンツァはダーマぺンの進化版と呼ばれている治療法で、肌への負担を抑えてより高い効果が得られる施術です。お悩みの症状にもよりますが、早く効果を感じたい方、ダウンタイムを抑えたい方には、ポテンツァがおすすめです。

Q.ポテンツァの施術は痛いですか?

ポテンツァは、針の長さや刺す速度を変更するなど、痛みを軽減する仕組みが搭載されていますが、施術中にチクチクとした痛みを感じます。
麻酔の使用にて、痛みの軽減が可能です。

Q.ポテンツァのダウンタイムはどのくらいですか?

腫れや赤み、皮むけが生じることがありますが、2~5日程度で回復する方が多いです。
施術直後から赤みが強くでるケースがありますが、翌日もしくは翌々日までに回復される方がほとんどです。

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル2階

この施術ページの監修医師

優聖会理事長 安形省吾(やすがた しょうご)

プライベートスキンクリニック 医療法人優聖会理事長 安形 省吾ドクター

患者様とのコミュニケーションを大事に、安心・納得していただける施術を心がけております。

略歴
平成14年
大阪医科大学医学部医学科:入学
平成22年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
平成23年
守口敬任会病院:入職
平成25年
東住吉森本病院:入職
平成27年
大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職
形成外科専門医取得
助教就任
平成28年
東住吉森本病院:入職
平成30年
プライベートスキンクリニック:入職
所属
専門医
正会員
正会員
VST(ボトックスビスタ)認定医
ヒアルロン酸バイクロスシリーズ注入認定医
SNS
ページトップへ プライベートスキンクリニック大阪院|初めての方へ