ご予約はこちら お問い合わせ

シミを知る

シミとは?

シミは、紫外線を含めた外的な刺激の蓄積及び内的要因により、
メラニン色素産生細胞(メラノサイト)が過剰にメラニン色素を産生し、皮膚に沈着することが原因です。
老人性色素斑(シミ、日光黒子)、脂漏性角化症(老人性疣贅)、雀卵斑(そばかす)、
炎症性色素沈着、肝斑、ADM(Acquired Dermal Melanocytosis、後天性真皮メラノサイトーシス)の6つが存在
します。
それぞれ発生する原因、層により名称が異なります。

シミの原因

シミの主な原因として、最も影響の大きいのは紫外線と言われています。
他にも、生理不順・更年期・妊娠などを原因とした女性ホルモンの分泌異常、ストレス、睡眠不足、加齢、
ニキビ・ニキビ跡・吹き出物・アトピー・アレルギーなどを原因とした皮膚の炎症、
肌への刺激、自律神経の乱れ、食べ物など原因は様々です。

シミが出来る仕組み

若い頃は気にならなかったシミが、30代になると気になってきます。
その理由を知るためにはシミが出来る仕組みを知りましょう。
肌は紫外線を浴びると、ダメージから守るためにメラニン色素を生み出します。
このメラニン色素という黒い色素で、肌の表面を覆い、紫外線のダメージを肌の奥に届かせない様します。
こうして生まれたメラニン色素は、
通常なら肌のターンオーバー(代謝)により
皮膚の表面から剥がれ落ちシミにはなりません。
ですが年を重ねていく内に、メラニン色素が蓄積し、
ターンオーバーのサイクルが乱れて、排出が追い付かなくなります。
この排出されず肌の中に蓄積したメラニン色素がシミやくすみとして現れるのです。

通常

  1. 紫外線により、
    表皮角化細胞(ケラチノサイト)が刺激されます。
  2. 表皮角化細胞(ケラチノサイト)より、色素細胞である
    メラノサイトへメラニン色素を生成する様に指令がでます。
  3. メラノサイトよりメラニン色素が生成されます。
  4. 役割を終えると、メラニン色素は肌のターンオーバー
    (代謝)により皮膚表面に上がっていきます
  5. 古い細胞と共に垢となって剥がれ落ちます

シミが出来る場合

  1. 紫外線、ストレス、女性ホルモンなどの外的・内的要因により、表皮角化細胞(ケラチノサイト)が刺激されます。
  2. 表皮角化細胞(ケラチノサイト)より、色素細胞である
    メラノサイトへメラニン色素を生成する様に指令がでます。
  3. メラノサイトより過剰にメラニン色素が生成されます。
  4. 過剰に生成されたメラニン色素は皮膚表面に上がらず、
    角化細胞などに沈着されるものができてしまいます。
  5. 角化細胞など、皮膚の層に沈着したメラニン色素が、
    シミやくすみとなって現れます。

シミの出来るシミの種類

シミの出来る層とシミの種類

老人性色素斑(しみ、日光黒子)

老人性色素斑は、世間的に言われているしみのことです。主に紫外線ダメージの蓄積や加齢により、お肌(表皮)のターンオーバーが遅れ、メラノサイトが異常に機能しメラニン色素が必要以上に増殖します。
そのため、表皮にメラニン色素の定期的な沈着をきたし、しみとして症状が出現します。
日焼けしやすい部位に出来やすい特徴があります。

好発部位

顔面、手背、デコルテ、前腕

おすすめの治療

脂漏性角化症(老人性疣贅)

脂漏性角化症は、別名「老人いぼ」とも呼ばれ、高齢者の方には多かれ少なかれ多くの方に出現するものです。
多くは、老人性色素斑が時間を重ね、盛り上がったり、厚くなったりしたものです。その形状は徐々に盛り上がったり、イボのような形になったりと様々です。
紫外線のダメージや加齢によるターンオーバーの乱れにより、表皮の奥にある、基底細胞、有棘細胞が増えて盛り上がってきます。そしてメラニン色素の沈着した角質が積み重なり厚くなります。
まれに「遺伝」などが原因で比較的若い人にも出来ることがあります。

好発部位

顔面、頭部、デコルテ、脇、背中、腹、陰部

おすすめの治療

雀卵斑(そばかす)

両頬から鼻にかけて点在する色素斑のことで、見た目が雀の卵の表面に似ていることから「雀卵斑」と名付けられました。若年で発症し、思春期に顕著になります。部分的にメラノサイトが活発化して出現します。紫外線が関係することから、夏場に濃くなり、冬場に薄くなる傾向があります。

好発部位

両頬、鼻

おすすめの治療

炎症性色素沈着

炎症ニキビ、虫刺され、かぶれなどの炎症の後、そのまま色素の沈着が残ってしまったもので、発症には個人差があります。炎症が起こると、角化細胞由来のサイトカインが放出され、それらが色素細胞の増殖やメラニン色素の産生を促すとされています。これが色素沈着の正体です。軽ければお肌のターンオーバーで自然になくなりますが、深い場合もしくは炎症が長引いた場合は残ってしまいます。
年齢、性別問わず、炎症を起こしたところならできる可能性があります。

好発部位

顔面、デコルテ、背中、脇、ひじ、ひざ、臀部、上肢、下肢

おすすめの治療

肝斑(かんぱん)

出てくるものの多くが、肝臓の形に似ていることから「肝斑」と名付けられました。30代以降の女性に多く見られます。淡い褐色で、左右対称に同じような形で出てくるのが特徴です。大きさは人によってまちまちですが、紫外線や擦ったりする慢性的な刺激で少しずつ出てきます。妊娠がきっかけで出てくることもあるので、ホルモンバランスも原因の一つです。メラニン色素は表皮の最深部に認められます。男性に出ることは稀です。

好発部位

両頬、前額、口周囲

おすすめの治療

ADM(Acquired Dermal Melanocytosis、後天性真皮メラノサイトーシス)

別名、遅発性両側性太田母斑様色素斑と言います。
周りがぼやけていて、褐色、灰色、青褐色等のシミが左右対称に見られます。
思春期から50代の女性によくみられるので、ホルモンバランスや、紫外線が原因と言われています。
他のしみと違い、メラニン色素は表皮の最深部や真皮層といった比較的深い層に認められます。
他のしみ、特に肝斑と混在していることがあります。

好発部位

両頬、前額、鼻、下眼瞼

おすすめの治療

梅田で医療脱毛ならプライベートスキンクリニックにお気軽にお問い合わせください!

  • 梅田院のプライベートスキンクリニック お電話での医療脱毛のご予約 06-6940-7101
  • 枚方院のプライベートスキンクリニック お電話での医療脱毛のご予約 072-808-8120
  • 大阪梅田院・枚方院のプライベートスキンクリニックWEB予約・無料カウンセリング

シミを治療するおすすめの施術

梅田で医療脱毛ならプライベートスキンクリニックにお気軽にお問い合わせください!

  • 梅田院のプライベートスキンクリニック お電話での医療脱毛のご予約 06-6940-7101
  • 枚方院のプライベートスキンクリニック お電話での医療脱毛のご予約 072-808-8120
  • 大阪梅田院・枚方院のプライベートスキンクリニックWEB予約・無料カウンセリング
大阪美容クリニックページトップへ

プライベートスキンクリニック 梅田本院
〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル5F

大阪梅田美容クリニック アクセスアイコン JR東西線「北新地駅」地下鉄四つ橋線「西梅田駅」徒歩2分
JR「大阪駅」阪神電車「梅田駅」地下鉄御堂筋線「梅田駅」徒歩10分
阪急「梅田駅」徒歩15分
京阪中之島線「渡辺橋駅」徒歩7分

プライベートスキンクリニック 枚方院
〒573-0032 大阪府枚方市岡東町14-40 トムソーヤビル6F

大阪梅田美容クリニック アクセスアイコン 京阪本線「枚方市駅」徒歩2分

大阪梅田美容クリニック PSC
大阪枚方美容クリニック PSC
大阪梅田プライベートスキンクリニック for MEN