膣縮小術

出産は産道や膣の拡張が起こり、通常より膣が広がった状態になっています。分娩後に収縮しますが、出産前と全く同じ状態に戻ることはありません。そのため膣壁の圧量や弾力が落ち、パートナーに緩みを指摘され悩む方も多くいらっしゃいます。
膣縮小術は、膣の入口から奥の方まで、膣の緩みに応じて膣の肛門側の壁の粘膜や組織を引き締めて形成します。 ご出産などで緩んでしまった膣などを、ご出産前に近い状態に近づけることができます。手術では、膣粘膜の一部を切除し縫合します。 傷跡は時間とともにキレイになってわからなくなりますし、入り組んでいる部分なので目立ちません。

このようなお悩みはありませんか?

  • お風呂に入ると膣内に水分が入り込む
  • 膣の緩みをパートナーに指摘された
  • 膣内を引き締めたい
  • くしゃみの瞬間などに尿が漏れる

この施術の3つの魅力

魅力①傷跡が目立たない

膣縮小術は、膣の入り口を縫合します。膣などのデリケートゾーンは、もともと傷が残りにくくなっていますが、溶ける糸を使用することでより綺麗な仕上がりになり傷の回復も早くなります。

魅力②1回の施術で半永久的な効果

注入法とは違い、手術で行うので1回の施術で半永久的な効果が持続します。

魅力③女性としての自信を取り戻せる

膣縮小術を行うことで性交時の男性側の感覚がよくなるため、女性としての自信を取り戻すことができます。

特徴・効果

施術の流れ

デザイン

患者様のご希望や不安などをカウンセリングで伺い、施術方法についてご提案させていただきます。

麻酔

局所麻酔で行います。

切開、手術

膣入り口の部分を2~3cm程度切開して、膣の入り口を狭く縫い縮める手術です。膣の内腔の盛り上がりを大きくし、膣内部にひだをつくると同時に、筋肉も縫い合わせ、膣全体の長さの1/3~1/2までを縮小することができます。
ゆるみ、伸びていた膣内が引き締まり、さらに自然なヒダ状が形成されることで、出産前などの若々しい膣内がよみがえることになります。

ダウンタイム

施術時間
約60分程度
麻酔
局所麻酔
腫れ
2~3日程度(個人差あり)
傷跡
ほとんど目立ちません
通院
特になし
シャワー
翌日より可能です。
その他
性交渉は4~6週後より可能です。
術後1週間ナプキンで保護してください。
バイク・自転車は、1ヵ月後より可能です。

選ばれる理由

「膣のゆるみ」は出産や加齢など様々な原因で起こります。デリケートなお悩みゆえに一人で悩まれる方が多いですが、恥ずかしいことではなく、また適切な治療を受けることで膣のゆるみはしっかりと改善することができます。しっかりとカウンセリングを行い、施術をご提案させていただきます。

膣縮小術の料金表

膣縮小術
入口部のみ
350,000円
膣内含む
450,000円

無料カウンセリング・お問い合わせ

ご予約はこちら お問い合わせ