男も涙袋があるとイケメンに見える?

こんにちは!大阪梅田の美容外科・美容皮膚科のプライベートスキンクリニックです。

今回は、男性の涙袋についてのご紹介です。

美人やイケメンの必須条件とも言われる「涙袋」
芸能人もイケメンの人ほど、くっきりとした涙袋がある方が多いですよね。

涙袋があると、実際よりも目が大きく見えることや優しい印象を与えることで、親しみやすさがアップすると言います。
目が細い・小さいとお悩みの方でも、涙袋があればイケメンに近づくことができるかもしれません!

そこで、「涙袋がほしい!」という男性向けに、自力で涙袋を作る方法と気軽にできるプチ整形で涙袋を手に入れる方法をご紹介します。

涙袋が大きい男性はモテる?

突然ですが、イケメンの条件ってなんだと思いますか?

  • 顔立ち
  • 輪郭
  • 目の印象
  • 鼻筋
  • 肌質

など、いくつかあると思いますが、その中でもやはり重要なのは、目の印象!
そもそも二重であれば目が大きく魅力的な方が多いですが、一重でもイケメンの方もいますよね。
そうなんです!目の印象を左右するのは二重か一重だけではなく、重視すべきは涙袋の存在!
涙袋が大きいことは、多くのイケメンに当てはまる特徴とも言われています。

涙袋があることで、

  • 優しい印象を与える
  • 目が大きく見える
  • 目が大きく見えることで、相対的に小顔に見える
  • 若く見える
  • イケメンに見える

などのメリットがあり、親しみやすい印象を受けることがわかります。

好感度が高い方は、恋愛面でのチャンスに恵まれることも多くなりますよね。
また、涙袋は「ホルモンタンク」「フェロモンタンク」とも呼ばれており、魅力やセクシーさの象徴とも言われてるパーツです。
いわば、モテる男の必須アイテムと言っても過言ではありません!

男の涙袋の作り方

自分で涙袋を作る方法をご紹介します。
「涙袋がほしい!」「くっきりした涙袋にしたい」という方は、メイクやテープ、トレーニングで涙袋を作る方法がありますので、是非挑戦してみてください!

メイクできる涙袋の書き方

涙袋 メイク

アイライナーを使った涙袋の書き方をご紹介していきます。
男性の涙袋は、メイク感がでないように書くことがポイントです。

1.目元をシェービングする
あらかじめ目元はシェービングしておくことで、メイク崩れを防ぎやすくなります。
また、シェービングにはトーンアップ効果もあります。

2.ベースメイクをする
直接涙袋メイクをすると、色素沈着の心配やアイラインの色がつきにくいこともありますので、先に下地を塗ることをおすすめします。
ベースメイクに少し抵抗がある方もいると思いますが、メンズメイク専用の下地であれば、メイク感を抑えた自然な仕上がりになるものが多いです。

3.目元のクマはコンシーラーで消す
目元にクマがある方は、コンシーラーで消しておきましょう。

4.アイラインで涙袋を書く
薄く細いタイプのアイラインを使用します。
目頭から目尻に向かってラインをひきましょう。
真ん中あたりは、何度か線を重ねてやや太めに書くのがポイントです。

5.リキッドハイライトで微調整
ふっくら感を強くだしたい場合は、下まぶた(涙袋の部分)にハイライトを入れることで、自然な涙袋になります。

涙袋テープ

涙袋テープを使用すれば、ふっくらした涙袋を作ることができます。
メイクは抵抗があるという男性でも、テープであれば貼るだけですので、使いやすいと思います。
涙袋用テープは、何十枚かがセットになっているものが市販されています。
テープは極薄で目立ちにくいものを選ぶのがおすすめです。
100円ショップでも入手できますので、まずはお試ししたいという方は100均を活用しましょう。

涙袋テープの貼り方
1.あらかじめ、コットンなどで目の下の油分を拭き取ります。
2.涙袋となる窪みの位置を決めます。初めは難しいと思いますので、薄くラインを書いておくのがおすすめです。
3.粘着面が顔側に向くようにテープの両端を持ち、ゆっくりと引っ張って伸ばします。
4.テープが張った状態で、指を使って窪みを作る位置に目尻から順に押し込みます。
5.涙袋の形が整ったら、両端の不要なテープを切り落とします。
 ※切り落とす際は、肌を傷つけないよう注意してください。
6.テープの両端が浮かないように、指でおさえて馴染ませます。

涙袋トレーニング

涙袋は、目の周りの眼輪筋が発達して、膨らんだ状態となったもの。
ですから、涙袋を作るには眼輪筋を鍛えるトレーニングが必要です。

ただし、涙袋トレーニングは、人によってはあまり効果がないケースもあると言います。
そもそも笑顔を作ったときに涙袋がまったくでないのであれば、トレーニングによる効果は薄い可能性がありますので、まずは自分の目元をチェックしてみましょう!

筋トレ時は力をいれすぎると、目の周りや力が入る部分のシワが増える可能性がありますので、シワが深くなっていないかも鏡でチェックすることが大切です。
眼輪筋トレーニングは、効果がでるまで時間はかかりますが、いつでも簡単にできますので取り入れてみましょう。

目を細めるトレーニング法

1.目の周りにギュっと力を入れて目を細めます。
2.10秒ほどキープしたら、目元の力を緩めます。
3.1と2の繰り返しを10回セット行います。
ムリの無い範囲で行いましょう。

ぷっくり涙袋をプチ整形で

メンズも涙袋へのヒアルロン酸注射

自分で涙袋を作る方法をご紹介しましたが、さすがに毎日のメイクやテープは大変だと思います。
そもそもメイクをすることに抵抗がある方には、おすすめできません。
また、トレーニングは、なかなか効果が得られないという方もいらっしゃいます。

そんな方には、ヒアルロン酸注入によるプチ整形がおすすめです。
目の下にヒアルロン酸を注入し、立体感をだして涙袋を作る施術です。
施術時間は5~10分と短く、あっという間にぷっくりと自然な涙袋を手に入れることができます。

ヒアルロン酸の種類

目の周りは、瞬きをしたり、表情を作る際によく動かす箇所ですので、不自然にならないよう柔らかいヒアルロン酸が適しています。
クリニックによって扱っているヒアルロン酸が異なりますので、ご希望の製剤がある方は事前にHPやお電話で確認することをおすすめします。

当院の涙袋形成では、以下のヒアルロン酸を使用しています。

  • ニューラミスディープ
  • ジュビダームビスタ ボルベラXC
  • ジュビダームビスタ ボリフトXC

いずれも、安全性が高い製剤です。特に、ジュビダームビスタ ボルベラXCやボリフトXCは、柔らかさ、高密度、長持ちの点で優れており、涙袋にも適したヒアルロン酸です。

涙袋のヒアルロン酸注入のリスクと副作用

・施術中の痛みは、針を刺す際にチクっとします。
 麻酔の使用を選択できるクリニックもあります。
・腫れや内出血を起こすことがありますが、1~2週間程度で徐々に治まります。
 コンシーラーで隠せる程度です。
・術後は凸凹感がでるケースがありますが、ヒアルロン酸が馴染むことで解消されます。

まとめ

自力で涙袋を作る方法と気軽にできるプチ整形で涙袋を手に入れる方法をご紹介しました。
涙袋を自力で作る方法は、結構大変なことがわかったと思います。

メイク男子は増えてきてはいますが、日常的にベースメイクまでする方はまだまだ少なく、涙袋メイクやテープの使用に抵抗がある方も多いですよね。

手軽に涙袋を手に入れたい!という方は、美容クリニックでの施術も是非検討してくださいね!

大阪梅田のプライベートスキンクリニック(PSC)では、患者様一人ひとりに最適な施術プランをご提案いたします。
涙袋の大きさやデザインなどのご希望や不安な点なども合わせて、なんでもお気軽にご相談ください。
医師・スタッフ一同心より皆様のご来院をお待ちしております!

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F