そばかす治療にもレーザートーニング

夏本番になり、毎日うだるような猛暑日が続きますね。

本日はそばかすについてお話します。

 

そばかすは、目元まわり、頬の上部に小さく散らばるようにして出来る

茶色い斑点のことを言います。また、スズメの卵の殻の模様から

「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも言われてます。

そばかすは、多くが遺伝性ですが、紫外線を浴び続けることによって、症状が悪化することがあります。

 

そのため、顔以外にも、胸元のデコルテや肩、首にもできる場合もあります。この他にも、女性ホルモンの変化や、ストレス、睡眠不足などが、そばかすを悪化させる傾向にあるため、妊娠中の女性はそばかすが目立ちやすくなります。

季節では春から夏にかけて目立つ(濃くなる)というのも特徴の一つです。

そばかすの治療の一つにレーザーがあります。

梅田院ではレーザートーニング(メドライトC6)という医療用のレーザーを使用します。レーザートーニングはそばかすだけではなく、くすみやシミ、肝斑にも効果があります。

炎症を起こさないちょうどよいパワーで、肌の中に滞留しているメラニンを少しずつ壊していきます。

レーザー照射中は多少チクチクした感じがありますが、大きな痛みはありませんし、麻酔も必要ありません。

照射時間は5分~程度で終わり、メイクも照射後通常通り行えますので、BBL光治療のようなジェルを塗ることもなく

照射後にかさぶたができることもありませんので気軽に安心して施術できます。

1~2週間に1度のペースで通院され、5回、10回と回数を重ねると、より効果が実感でき、そばかすの特徴的な茶色の斑点も薄れて更に美白効果も❤

なお、レーザーを受けた部分はとてもデリケートになっているために、照射後、乾燥しやすく、十分な保湿と、レーザー照射後に紫外線を浴びると、色素沈着やシミの再発になってしまうことがありますのでいつも以上に紫外線対策は心がけて下さい。

レーザートーニングについて詳しくはこちら

 

 

美容外科 美容皮膚科 プライベートスキンクリニック 梅田院
〒530-0002 大阪府
大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル5F

大阪美容クリニックページトップへ

無料カウンセリング・お問い合わせ

ご予約はこちら お問い合わせ